• 2017/10/08/Sun 21:17:57
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか


ちょっとだけ残暑?みたいな陽気です。
今年は厳しい残暑がなかったのでこのくらいの暑さは全然「うんざり」しませんねー。
でも体使う仕事と外回りは厳しそうです~。お疲れさまですー。
(自分は部屋で固まって刺繍なので涼しい)

さて私は相変わらず「David」さんや「Gary」さんに「Ms.」づけで発送しては
直後にメールして謝って許してもらう日々を送っております。
(いや、ほら「デビー」って女の子じゃないですか。「Gail・ゲイル」も女性の名前でしょ?
基本的に女性からのご注文が多いので迷うんですよ!!←先に調べろ)

今日のねこ刺繍。これはあのベンちゃんちの2匹のポケモンねこのうちのオッドアイの方です。
インスタグラムを始めて改めてベンちゃんを身近に感じています。
(ああー。「Ben」は男性の名前だよ普通!でもベンちゃんは可愛い女性。中国名を省略したもの)

today2_R.jpg

これ結構小さい刺繍なのですよ、
周りにあれこれステッチしてこの前みたいに丸い小物入れにしようかなと。
でも、小さい割には何か出来がいい(気がする)ので小さいフレーム用意して
これで完成でもいいかもしれないなあ・・・。(もちろんもう1匹も刺繍します。)
小さいとやっぱりあんまり細かい表現はできないのですが
なるたけ省略しないで使ってみたい色はみな使う…という方針で刺しました。楽しい。

ホントはこういう「自分なりに良い出来のもの」が刺せると
いつかみたいに「出来が良いのでご覧になっていただきたく…」とか何とか言って
見てもらいたい人がいたのですが「なんだか送ってもしょうがないか」などとやや肩を落として
その一人に送ることができず
その割にはブログやインスタで全世界に向けてクリック一つで発信。
(いや、パソコンだとクリック3つくらい要るんですが)便利といえば便利な世の中です。
が、それはちょっと自分の込めたものというか何かが
ものすごく希釈された感じがしないでもない行為です。

自分は「販促用!!」という思いで割り切って始めたインスタですが
上手に使うのはなかなか難しいなあと結構気持ちが追われて疲れる側面があります。
でもメールでのやり取りより手軽に相手に親しみを感じたりもするものなのですね。ベンちゃんしかり。

フォローしてくださっている海外のかたには本を買ってくださった方もおられるのですが
そんな人のところへ飛んでみたら私の本について
「日本からオランダまで4日で着いた!」「どうやって!?」「hirokoがどうかしてマネージメントしたようだ」
「私のところにも4日で届いた!」「日本の郵便システムスーパーシークレット!」
などという会話で盛り上がっていたりして面白いです。

*****
先日香港や台湾ではない中国にお住まいのかたからご注文をいただきました。

  • 2017/10/06/Fri 16:58:12
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか


「何着ていいかわからないから学校休みたい」などと次女が申すように
寒いんだかそうでもないかいまいちわからない温度です。上着がいる季節ですね~。
そんな気温も下がってきた先日髪を切ってまいりました。
いつも髪を切ってもらっている人が夏に不慮の事故で左手首に大怪我を負いまして
(骨が飛び出ちゃったそうで腕の肉の中に戻して金属板で抑え込んである。
だから縫い跡もすごく大きいです。)
よくそこから2月半で美容師復帰できたなあ!と驚きでありますが
見る間に手はむくんでパンパンになっていきドライヤーも「重くて持たれへん」と
業務用ではあるハイパワーのすごい小さなものを用意して仕上げにはそれを使っておられました。
まだリハビリは続いていており、お客さんも「1日3人」と決めてらっしゃるのですが
「もう日にち薬かな~」ということで細かい骨折や感染症無くて
本当に不幸中の幸いだったねえと喜び合いました。

そんな彼女のおかげ様で6月から伸びっぱなしだったおかっぱ頭もさっぱり切り揃えられ
心も軽やかになったせいでしょうか、
次なるご注文の「猫と犬なのですが」というのをね、「はいはい~いいですよ~」と受けてしまいまして。
「画像が上手く送れない」というのでメールアドレスを直接お教えして何回かに分けてとお願いすると
17枚もの画像が。「猫2匹と犬3匹を1枚のシャツに」というご注文で
えーと…、と現在どのようにお返事するかちょっと思考停止中。どうすべか。

*******
きょうのにゃんこはあいかわらず写真が下手で
白いところがぱぱーんとまさに色飛びしちゃいましたが
実物は結構もふもふした感じに刺せていて(別に盛り上がっているわけではないです)
なかなか良い出来の刺繍です。

js4_R.jpg


*******
この前1週間くらい休んだじゃないですか。
勿論やらなければならない仕事は続くのですが
ご注文受付の数も昨年減らして海外のかたのご注文もお断りしてたこととくわえて
ちょっと休んで好きなことつまんだおかげか
ねこシャツの本の半年前よりさらに前くらいの心持に、いま戻っているような気がします。
3年くらいでいろいろありすぎたのがどうやらみんな落ち着いて
やっと以前の暢気さを取りもどしたというか。

「いつ死んじゃうかわからないからやってみようかなと思うことは今やれすぐやれ!」と
自分で本作ってみるところまでやってみて
取りあえずこれでいつ死んでも大丈夫…ってわけでもないですが
本気でそう思ってやってみたことの先にちょこんと立てた目標(作ったものの半分は売る)も
「そうすごくは遠くないうちにクリアできそうだぞ?」となってきました。
(でもこういうのは自分にとってすごいストレス。苦しい。ので早くクリアしたい。)

そしてさらに今、本や刺繍に関して、色んな国の普通の人や刺繍好きの人や
なり立てか年季入っているか・好みか好みではないかにはかかわらず刺繍家を名乗る
刺繍を売ったり教えたりしてる色んな年代のプロの人たちから
良い評価をいただけるという、大変うれしい形で
そのがむしゃらな努力を回収までできている感じがします。ありがたや。。
(昨日インスタで「裏」を褒められました。それ結構嬉しい)
全くそういうのだけ見て生きていきたいですね…。(もう死んじゃいそうな勢い)

あれ、今日なんだか自分電池切れた感じがするな。
歳のせいで時間の過ぎるのがめっちゃ速く感じるせいでしょうか、
金曜日はね、なぜか感傷的になるのですよ。
…いや、晩御飯何するかまだ決めてないせいかしら…。

  • 2017/10/02/Mon 08:58:21
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか


昨日は朝方寒さで目が覚めて、薄着で寝てしまったのがいけなかったのか風邪気味状態に。
発送あったりで外にも出たのが良くなかったのか夕方横になってしまいました。
でも必要以上に寝たら寝たで体が痛くなって
風邪状態は回復したものの背中が固まってしまった感のある週明けでございます。

そんなこんなであんまり進んでいませんねこ刺繍。

PA020101_R_R.jpg

この412番と413番がねえ、束になってるとまだいいのですが
1本が針に通っている状態だと全然区別付かなくて、
色変えたつもりで延々同じ色刺してたりして行きつ戻りつです。先は長い。

******
さてこの前!タイの方からご注文あったじゃないですか。
その方がお国の言葉のSNSで何か紹介してくださったのか
あるいはお友達に本を見せたりということがあったのでしょうか、
再びタイの方からのご注文が。こういう口コミ感あるご注文は大変嬉しいですよね。

で、ですよ。この前はローマ字に書き換えていただいたご住所いただきましたが
今度は全てシャム文字で。グーグル先生に訳してもらうとローマ字で出てくるのですが
住所はちょっと不安です。
例えばアメリカとかの住所でも「何々通り」的な表記は
「Road」もあれば「Circle」もあれば「Street」もあれば「Highway」もあったりで
果たしてグーグル先生だと「Road」と出てきましたが先生はRoad一辺倒なのかもしれないです。

そこでシャム文字を書いてみることに。さあ今度は長いですよ~。
อรัญยะพันธุ ←これお名前の後ろ半分。(名字?)上にも下にもオタマジャクシや9がついてます…
ถ.นนทบุรี1 ต.บางกระสอ อ.เมือง ←住所中盤。これ、上にお魚みたいなの乗ってる文字ね、
お魚のしっぽの数が違うんですよ!
字の最初や途中や最後についてる〇も左にあったり右にあったり
中央にあったりで別の文字になってしまうらしくてなんかすごい緊張しました。
きっと海外の人が漢字書く時もこのくらい不安になりつつ書いてるんでしょうね。。

このかたの住所はバンコクじゃないのですがどんなところかなあ…と思わず検索してみたところ
お近くに仏教寺院がありまして、わああー、極彩色の大仏さんと
寺院の屋根に炎みたいな(雲じゃないような)飾りがいっぱい並んで
その中央のてっぺんにはさらに大きなキンキラの飾りがまばゆくとんがった
いかにもタイ!のイメージの風景が。うわー、微笑みの国すごいカッコイイ!

一方今朝がた初めて「エストニア」からもご注文いただきました。
この前にゃんこシャツで「アルメニア」ってありましたよね?なんか近くかな?な雰囲気ですが
エストニアってリネンや琥珀で有名なリトアニアの近くの「バルト三国」のうちの一つだっけ?
(エストニアとリトアニアとラトビアですね)と世界地図を見てみると
ああ、もうフィンランドのお向かいなんですねこんな北。
アルメニアはざっと日本列島北海道の端から沖縄まで位南南東に離れてました。

あらためて地図見るといろんな国の人が本を買ってくださっているな~と嬉しくなります。
そうそう、先週も嬉しいメールいただいたのですよ。
デンマークの人で手芸の学校に通っている方が本を大変気に入って喜んでくださったのですね。
その方は以前ほかの手芸の学校にも通っていてそこで、
パッチワークの中国人の先生からねこシャツの本を見せてもらって
(その中国の先生は台湾の本屋さんで買ったそうです。台湾で売ってたんだ!)
それで私のことを知り、いろいろ検索してみたら今回の本を見つけたと。
学校に持って行って皆に見せます、と言ってくれました。口コミ嬉しい。
そんな素敵な手芸の学校はこちら。→
エスカ(刺しゅう入り布の箱)とか習いに日本人も数人来ているそうです。
可愛い建物がこれ。→ これでこのお庭にハリネズミいたりするんでしょ?ホントにめっちゃ可愛い。

出不精の私はこういうので十分な小旅行気分味わっております。手軽。
・・・などというあんばいで着々と本は旅立っておりますよ。頑張れワタシ。

  • 2017/09/27/Wed 17:37:46
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか


私は優しいお母さんなんです。なのでこどものリクエストはなるべく刺します。
でも途中で飽きるんですアニメは。髪の毛も輪郭も途中で一時放棄しておりますの。
自主休業を使ってこんなことやっておりました。

yahagi2_R_R.jpg

ここにいらっしゃる方で、これがダレだか判る方いらっしゃるのでしょうか。
セーラームーンじゃないですよ?えーと艦これ?のだれか?…。
(注:二次創作に寛容なアニメなので載せました)
ちょっと色選びを雑に行ってしまっていることとサイズの問題で
あんまり綺麗に出来てないな~と感じるのですが
リクエスト主(末っ子)が思いのほか明るい顔で「写真撮ったらちょうだい」と言ってくれましたんで
まあ途中だけどいっか。と撮影。
これインスタに載せたら海外の人引いてしまうかしら…(恐)

でもですね、こういうアニメや漫画というのはロングアンドショートの練習になりますし
髪の毛も漫画ってたいていインチキですのでどう刺すべきかすごく考えながらやらなくちゃならないし
大変勉強にはなります。修行。黒入った時の感動はねこ刺繍の時と一緒です。

*********
先週末から始めたインスタグラム。
パソコンからの投稿だと(いろんなソフト持ってるわけじゃないので)やれることに制限があるため
その応用の少なさに助けられて徐々に慣れてまいりました。
「世界中の今とつながる」とか言いながらえらい過去の画像上げてたりしますが
皆さん優しく「いいね」してくださっておられるので安心しております。
この流れの速さにちゃんと乗ることができるようになりましたら
色んな方を確認してフォローしたり私もいいねやコメントしに行きたいと思います。
(やっぱり携帯を携帯しているわけでないので必要あってパソコン開けた時見るだけでは
全然「今」に追いつけないのです…)

ツイッターとかだとたまに「公開喧嘩」みたいになってるの見たりします。
(とくに政治がらみだとジャーナリストや大学教授とかの肩書の人たちが
議論じゃなくて完全に罵り合いになっちゃうのはなぜなんでしょうね。)
インスタはどっちかというと
「素敵な生き方してる今のアテクシいいね!」アピールの病的側面まであるくらいなので
良さげな写真に良さげなコメントついてるのが多いです。
(私はたくさんの方をフォローしているわけではないので人様の写真を見る機会はまだ少ないです)
しかし昨日、このインスタで嫌なもの見てしまいました。

ハッシュタグの使い方をやっと覚えた私は
そういえば以前自分の名前のタグを見たことがあったのを思い出して
おそるおそる検索すると百何十枚だかでてきました。
だいたいネットのニュースで使われた画像とかが多く(もちろん偽シャツも!)
そのこと自体には特に何も感じなくなっていました。もう。

いくつかを見てみたところや主に海外のかたの「cute」的なコメントがついていたりして
そういうのは全然良いとして、ひとつ日本の方がアップしたもので
いくつかコメントがついている(会話をしている)ものがありまして
これが正直久々に「不快」に感じる出来事でございました。(毒はくほどじゃないです)

アップした方の本当の意図を私が決めつけることはできませんし
その方の文章と読んだ私の受け取りに齟齬があるだけで
私が悪く考えすぎなのかもしれません。でも普通に嫌な気持ちにはなりました。

その、私の刺繍シャツの画像をアップした方は
何かの記事を読んだのか、私のフリッカーなどもご存知のようでご丁寧に解説してくださった後
お友達の方からの「可愛いですね~」的な、好意的なコメントもあるなかで
「でも高いから買うか買わないかで言ったら買わない」という書き方をわざわざしているのですね。
「高いから買わないけど可愛いですね~」ならまだしも
褒めコメントを寄せてくれた人がいるにもかかわらずの結構きっぱりした否定です。
前にも書いたのですがどんなご意見があってもそれは自由なのです。そのことはおいといて
ここで感じた違和感はその場がインスタグラム上であるということから生まれています。

えー、この人は自分が作ったものでも、自分がプロデュースしたものでも自分の持ち物でもない、
自分の撮った写真ですらないものを自分のインスタに載せて
人の名前のタグまでつけて解説までしてイイねとコメントまでもらって、
「でも私は買わないですね」って・・・それを公に向かって宣言したかったってことですよね…。
欲しくもないようなもの載せる必要ないと思うのですが
次男シャツをくさすためにわざわざインスタに載せたのでしょうか。
「これこれこうですごいみたいだけど私は要らない」、とわざわざ冷めた立場です。
何のために?何か愉快なんでしょうか。「いいね」つけた方を見下してるんでしょうか。
この画像への「いいね」はこの方の冷静な論評と判断についてるものなんでしょうかね?

なんだかなー。私自身は「あんたの刺繍好きじゃない」にはもう慣れましたが
(好きな人たちに面と向かって言われたらショックですよ)
気に入ってくださっている人や私のお客さんたちに失礼じゃないですかね?ということを感じまして
アカウント取ったことだし思わずなんかコメントしようかと一瞬思って
あほらしくなってやめました。 余計に元気削られるだけだもんねえ。

でもですね、今日になったら心洗われることがあったのですよ。

  • 2017/09/23/Sat 11:59:07
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか


前回日記からお天気崩れたりでお出かけはしていないのですが
(でもはっきり言って爽やかな眩しい晴天下だと頭痛するので秋の曇天が一番!)
何やら元気に作業しております。
以前イギリスの刺繍家のお友達に
「刺繍は私たちを孤独にする作業だからhirokoもインスタグラムやりなよ!」と勧められ
他にもお客さまから「hirokoのインスタ無いの?」とか尋ねられること多数で
ふーん、今はインスタやってないとハナシにならないってくらいのものなんだろうな…と思いはすれど
相変わらずの撮影困難者なので手を出さずにおりましたが
この度最後の営業でお友達Emillieちゃんのインスタに載せていただくのをきっかけに
「いっちょやってみるか」とチャレンジしてみました。

最近「あのインスタがパソコンからでも投稿できるようになりました!」と何かで読んだため
えーと何々どうやるの?とアカウントを取るところからなわけですが
いままでもパソコンから人様のインスタを見ることはできてました。
(アカウントがあれば多分「いいね」したりコメントできるってことですよね。)
で、パソコンからアカウント取れるしパソコンから投稿できるようになったけど
どうもなんか「パソコンから投稿できるアカウントを取る」のが一筋縄ではいかなくて、
いえ、全然簡単なのかもしれないですよ、しかし私には一発ではできずそこで一考。

そもそもね、インスタグラムというのはモバイル、携帯・スマホのためのアプリなのですね。
その場で写真撮って速攻SNSにアップ、というためのアプリケーション・・・
私って携帯持ってないのですよ!まだ!
出不精だから固定電話あるうちは多分一生持たないんじゃないでしょうか。
だからつまり私にはインスタできないのか??って昨日の朝から気づきまして
それならば娘にスマホでちゃちゃっとアカウント作ってもらって
そこへ私がパソコンから投稿すればいいんじゃん!とピコーンときまして
そこからあれやこれややってみて何とか開設できましたー!
ここです。
できたできたとまず娘がフォローして、
あー、なるほど画像はこう切れちゃうのねなどと試行錯誤で理解して
ハッシュタグはこう入れるのかーなるー、と徐々に慣れてきました。
インスタ勧めてくれたEmillieちゃんやChloeちゃんや
お客さまでご自身のインスタに私の本を紹介してくださった方たちにちょっくらメールしたり
フォローしたりしてお知らせしーの、アップしたい画像をflickrからダウンロードしーの、
「ここはこうしたほうがいいですよ」とおともだちばんさんにご指導受けたりしてるうちもう晩ですよ。
ばんさん経由で日本の猫好きのかたがたがささーっとフォローしてくださったりして
「ちょっと何とか格好がついてきたな」って感じで今朝起きましたら
Emillieちゃんがやってくれてまして。本のご注文がそりゃあありがたく嬉しいことですが
フォロワーさんの数の増えてること。ありがとう!Emillieちゃん!
(だってEmillieちゃんもChloeちゃんもフォロワー10万とか15万人クラス…)

しかしその数字を朝見たときから「いつまで続けられると思ってるんだ自分」とか現実に引き戻されまして
なんかもうインスタやめたい気持ちを抑えてとりあえず力強く龍アップしてみました。
これ、仙台のギャラリーオーナーがお持ちなのです。縁よね。。

↓一考してる時に刺してた小さい刺繍。さくらんぼ。インスタにももう一方のサイトにも載せました。

sakuranbo_R_R.jpg

これはこの前裁った小さい端切れに刺しましてコースターかな。
いくつか作ってセットにして、こういうのもEtsyに載せたりしたいなあと思ったりもするわけです。
シャツばっかりじゃなくてね。本と一緒なら送料だって一緒でいけそうですし。
私はこういう小さいものもできるだけリアルっぽく刺してみたいですし
こないだの「人物」も出来るようになりたいです。

子どもはそれぞれ大人になってきてめでたく手を離れつつあるけど
ふと我に返ると出来るようになりたいことがいくつもあるし
なにより本をとりあえずの目標500冊売るまでは
私は絶対死ねないわなどとこの頃は思っているわけです。
それでついに販促インスタまで作ってなんだか急に「もうひと頑張り」をやっている気分です。
なんだかそういうのって人生の終わりに向かってばく進してる感じ?と思ったけど
よく考えればもうそういう年齢なのかもしれません。私体力無いからなあ。
よーし、動けるうちにですね、この秋は忙しモードで乗り切るわ!
(仕事休んだら自分こんなに元気なのか…驚いてます。)

*****
もし本をご要りようの方がいらっしゃいましたら、
現在は仙台の方へのご連絡をお願いしているのですが
Etsyから注文される日本の方が時々おられますので(すごく損する価格設定になっております)
こちらのブログにご連絡いただいても対応させていただきます。(2冊目のかたとか。)
海外発送を優先しておりますことと
入金確認の手間などがあるため速攻お送りするとお約束できませんが
上の記事をお読みいただいたうえでお名前ご住所電話番号を明記の上
このブログのメールフォームからお知らせください。

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR