• 2017/04/11/Tue 17:35:46
  • COMMENT:4
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:洋裁


今日はお見せできる刺繍がまだないにもかかわらず出て来ちゃいましたよ。
一昨日と昨日の半端時間で裁ったまま寝かしてしまったパンツ2着、
ボタンとホールがまだなのですがとりあえず次男次女お揃いできあがり。
もうちょっと渋いカーキベージュです。

p2_R_R.jpg

ポケットの中が次女はバーバリー風の小さなチェック、次男は猫です。

p1_R_R.jpg

すごーくすごーく久しぶりに家のものを縫いましたが
糸を変えたり針を変えたりは面倒でもたまにシャツ以外のもの、というか
家の人のものや友人に何か縫ったり、というのは仕事とは別の楽しさありますね~。
一方仕事のシャツも裁って途中まで縫ってあります。これから刺繍です。

aq_R_R.jpg

こちらLINNETさんのリネンシャンブレー「アクア」。
初めて見た時はちょっと和風の「絣」っぽい雰囲気もあるなあと感じていたのですが
余り布をハンカチにした時から「これめちゃくちゃ爽やかな色だな!」と思うように。
このシャツはダブルにゃんこなので完成までちょっと時間かかりそうです…。
しかしこのちょっと憂鬱な気持ちを吹き飛ばすとても嬉しいお手紙が。

ok1_R.jpg

なんかごちゃごちゃ置いちゃいましたが
素敵なカードとお手紙とにゃんこ&ポーチのお写真を送っていただきました!
えー、ちょっと奥さま!嬉しいじゃございませんか!
とっても気に入っていただけて、それだけでもすっごく安心できてうれしいのに
わざわざ手紙をゥオゥオゥ!感激いたしました。
時々ね、「今日受け取りました!可愛いです!」と言ってシャツ着たお写真メールで送って下さったり
何か一言メールくださる方いらっしゃいます。めっちゃ嬉しいです。
でも知らない私とのやりとりしんどい人もいますよね?あとものすごく忙しいとか。
どのお客さまだって出来上がりの画像お送りして「これで結構です」と言ってくださった時
私はいつもおんなじようにものすごく安心して嬉しいのです。
だがしかし。こういうカードいただく、とかあんまり無いもんでもう興奮しちゃって大変。
きっと優しくてまめなかたに違いありません。見習わなければなりません…。
本当にありがとうございます!あんまり嬉しかったので載せてしまいました。

******
嬉しいことは他にもありました。
本のことをちょこっとお知らせしましたならば
「楽しみ~」「私も欲しいよ」「待っていたのですよ」などなど嬉しいコメントやメールが!
ありがとうございます!!
頂いた中に「日本人は欲しいと思っていても『わざわざメールするのもな』と考える人が多い」
というものがありました。さっきのお手紙くださった人みたいな率直に行動される方が珍しいのです。わかります。
自分だっていざとなると何だかわからない虚栄心のようなものが働いて
仕事だったら出せる内容のメールを躊躇したりしてしまいます。難しいですよね。
でも同じように今回の本の私の立場としては
「読みたい、作って」と言われたわけでもないのに
「きっと読みたい日本人がいるはずだ!」なんて思ってばんばん作れるほど根拠ない自信は持っていないのです。
むしろ怖くて日本語では作れない…そんなところです。
作る立場ってこのくらい気弱なのです。
「もうただの贅沢だから!売れなくてもいいんだから!」というのは
予め自分に防波堤を作って臨んでいるようなものですよね…。
しかし今は言おう。一昨日や昨日!「欲しいわ」といってくださったそこのあなた!
絶対買ってくださいませよ。本、確保しておきますからね…。(怖)

  • 2017/04/09/Sun 15:35:39
  • COMMENT:2
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか


なまあたたかい…じめーっとした梅雨みたいなお天気が続いています。
暖かくなるのは嬉しいのですがなんだかねえ。
でも花粉症とかアレルギー関係のかたには乾いてるより過ごしやすいのかもですね。
今日はお写真頂いたとき女優さんかよ!?と思ってしまったにゃんこ。
男の子ならバンコラン…て感じ?

og4_R_R.jpg

このインディゴに白ねこという組み合わせだと刺してる時どうしても白がそのままの白に見えませんで
「晒白」乗せてもどこかちょっとだけくすんだ印象になるのですが
これ、私の写真が拙いのでわかりにくいですが
普通に光当ってる時の輝く白さ、綺麗なのですよ~。きらきらしてます。
お客さまのご希望でポケットの色を変えたのですが(大好きな鳩羽色ね)←この色どこかネイビーっぽいので
うるさくなくていい感じ。お子さまぽくもないです。それにしてもインディゴが綺麗に撮れた。今日は。(くもり)

そして今回も長毛が続いたのでやっぱり枠を使ってみました。
刺繍枠、この前まで本のために使っていたのは18㎝のものなのですが
それだと自分には刺す場所によってちょっと持ちにくかったので15㎝のものを使っています。
18㎝(クロバー)の時は普通に内側の枠に晒の細く裂いたものをぐるぐる巻きまして滑り止めにしていました。
ところが15㎝を買いに行ったらお店の刺繍枠が全てコスモのものに変わっていて
内側の枠の外側にゴムがついてるんですね。滑り止めに。
へー!と思って折角ついてるんだから布は巻かずにそのまま使ってみたのですが
うーん、シャツ地が薄いせいもありますが使い心地は布巻いた方がしっかりして好きかなあ。
あんまり私はぱんぱんには張らないのですが(でも弛ませたりもしないですよ)
出来上がってから枠を外してシャツ(刺繍)を洗ってみると
枠無しで刺したときとほとんど同じような状態ですね…。
それなら枠ナシの方が自分には刺しやすい、ということかなあ。
後で洗わないものなら枠は必須かもですがシャツだもんねえ。

*********

まだ完成までは少し時間かかりますが例の「本」のお話をちょっとずつ。(今回は長いです。)
「本、どんなんだろ?楽しみ」とメールや鍵コメくださった方、ありがとうございます。あと「赤ヘル」ファンの方も!
これから書くことをお読みになったら「なあんだ」とがっかりされる方もいらっしゃるかもしれません。
ですので以降もしばらく追記で書いていきます。ご興味ない方は飛ばして下さいね。
  • 2017/04/02/Sun 18:00:50
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか


何か月かかってんねん!?て感じですがやっと形になりました。
これ、中にも猫柄の布使ってて自分で言うのも何ですが可愛いです。

s6_R_R.jpg

すごーーく久しぶりに小物作った気がします。
小物作り、やり始めるととっても楽しいのですが やれ「ハトメ足りない」だの「金具でかすぎ」だの
材料揃えてキルト芯貼って、なんてしたところで気力が尽きてしまってました。
「スマホとハンカチとお財布入るくらいの小さめポーチ」ということで
いつもこういうの作る時、角を落とした四角い紙を用意して幅の部分は布に直接線引いて
何となく組みながら「このくらいの長さだなー」と見当をつけて作るのですが
出来上がった後、そういえば次男の新しいスマホを見やるとあれ?ちょっとサイズ大きくなってるじゃん!
(写真にあるのは古い方)
私が作るのをぐだぐだ先延ばしにしているうちに
お客様のスマホが大きいものに進化していたらどうしよう。やや心配です。

別に「冬季うつ」でも何でもないのですが
寒いとダメなんですね私は多分。
去年の今頃小さながま口とかせっせといくつも作っていたのかと思うと驚きます。
今年はそんなパワーなさそう。
それでも今日は良く晴れて少し暖かく昨日から復調しつつあるのかなんなのか
ちょっとだけ物事が進んでホッとできたような。

******

Benちゃんからのプレゼント。この冬にBenちゃんはこのお正月に故郷へ帰れなかったので
代わりにお母さまがダラスへいらしたそうで。それで一緒に選んでくれました。
アメリカのいかしたデザイナーさんのものだそうです。

benchan.jpg

あのですね、頂きものというと食べ物が圧倒的に多くてそれもすごくありがたく嬉しいですが
こういうの頂くのなんかもう何十年ぶりでしょうて感じで驚きました。
嬉しいのでちょっと今年のお出かけはこれ付けないといけないですね。
(ばばシャツも首飾りも時計も全部だめな私がどこまで耐えられるか。)

  • 2017/04/01/Sat 15:42:23
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか


早朝から海外「催促メール」にお返事をし
時間がかかってしまいましたがやりかけシャツを完成させ
未だ写真撮り直していなかったシャツを撮り直し
先日のギブアップシャツの左前身頃を裁ちなおし
そしてついに小物製作にも手を付けて
足りなかったボタン付け糸まで買いに出かけて
私の本日(今午後2時)はもうお風呂入ってご飯食べて寝るしかないんじゃないか、という感じです。
(嘘じゃないですよ)

ふるっふぃー!なにゃんこ。これ、淡い茶色系っていうのがすごい柔らかそうであたたかそう。

k3_R_R.jpg

この前まで本のために刺繍枠を使って刺繍していたので
このにゃんこは毛も長いし(針目もいつもより大きめにとるので)いっちょ枠使ってみっか!と思い立ち
使って刺繍しました。使ったのですけどね、洗ってアイロン掛けた感じはやっぱりさほど差はないですね。。
刺してる途中の布や下絵が綺麗だな、てくらいの差かなあ。
私は糸の引き方がどちらかというと「緩め」なのでしょうね…。
刺し過ぎで伸びちゃっても引きすぎで縮むことは少ないのかな。
昔は編み物も刺繍も目がキツイ性質だったのですよ。
いつも母に「もっと緩く編んで揃えなさい」と言われてましたっけ。母が糸の調子のすごく上手い人でね~。
毛糸もレース糸も刺繍糸もみんなふんわり柔らかいのに全部目が揃ってる。
うちの長女は編み物始めた頃手が緩くてゆるくてどんどん広がっちゃうタイプで
「なんでそんな風にできるの?」とかえって不思議でありました。

*******
前回の日記でプロジェクトとは本であるとお伝えしたところ
「本、楽しみ」というコメントいただきました。ありがとうございます。
楽しんでいただける内容かはちょっと自信ないですが
この本に使う刺繍に取り組んでいたころ心身ともに色々あって
3月はなんだか「休んじゃった」という感じだったのですが
後半ちょっとずつリハビリして今に至る、みたいな。
今朝海外メールのお返事打っていて
「英語得意じゃない」というのが勿論大きいのだけれどそれがもし日本語であっても
何か私は今この何年間かの疲れを感じているのだな!と実感してしまいました。
何か自分が刺繍することは楽しかったり嬉しかったり人とつながれたり良いこともたくさんあるけど
同じくらい怖いこととか厄介なこともあるのだな、大きなストレスをいつも抱えているんだな…などということが
急に身に迫って来て5分間くらい「もうやめたいわー。じゃやめれば?」と思いました。5分位ね。
5分経ったら「でもコレ刺せるようになりたいしアレも刺してみたい。
刺したら『見て見て~』って思うんだよねきっと」などとまだ尽きない(ささやかな)自己顕示欲にやや呆れて
そして安心するのでした。

ちょっと前にお友達がもらした迷いごとについて考えました。

  • 2017/03/29/Wed 18:03:23
  • COMMENT:1
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか


先週から長男が下宿を引き払って下宿の掃除&引っ越しで(長女次女大活躍)
私は荷物が家に届いてからのごみ片付け、さらに社員寮への荷物の整理だとか(ごみ片付け)があったり
部屋の状態がすごいことに。
このひとはですね、小さい頃から家族中のけがを全部一身に背負ってくれてるんじゃないかというような
ケガの多い人生を歩んでいます。
で、これで最後にしてよ?というような最高に怖い事案、
オイルが漏れて滑って転んだバイクが
ガードレールとぎれとぎれの片側崖、みたいな所で爆発炎上、
たまたま後ろを走っていた車のかたが呼んでくださった救急車の救急隊員も
「わ!生きてる!」とびっくりの状況だったのに念のための一晩入院だけで下宿に戻れて
その後友人と回収したという記念の?「バイクの燃えがら」というのが段ボールに何箱もあり
バッテリーだとか捨てられなさそうなものを分別して
粗大ごみに出しましたよもう。
そんなことやってましたりそれぞれのひとが友人や研究室の人やら部活の人やらでご飯・「追いコン」、
入社の準備共済の解約、バイトなどなどやることてんこ盛りで1週間ドタバタが続き
遂に一昨日遅くに荷物と次女(助っ人)を車に積み込んで長男と夫は深夜からいざ就職先の社員寮へ。

長男は一足先にとある大企業の社員寮に入った友人から送られてきた
皿数の少ない「寮食」の画像を見てショックを受けており
彼の寮はそこより100円安い設定なので「こんなんで足りるの??」と夕べの食事に恐々としていましたが
おかずについては分かりませんが幸いご飯は「山盛り放題」だったそうで。
一応本物のエンジニア(エンジン関係の技術者)、怪我なく生きてほしいです…。

そんなこんなの一週間でしたのでまたしてもシャツが形になっていないのですが
刺繍途中の(髭もまだですね~)にゃんこひとつ。まだホントに色々途中です…。

n1_R_20170329161647e0e.jpg

手を刺さなくちゃならないの忘れてて上からやらないと…
尻尾も加える予定です。

さてさて冬中取り掛かっていたプロジェクト、勿論終わりまでずっと私は関わるのですが
やっとバトンタッチできました。

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR