fc2ブログ
  • 2022/11/28/Mon 09:35:05
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか

2022年販売の刺繍キット補足説明と大きめ画像について


***********************************************************************************
2022年個展とワークショップより販売の刺繍キットについて
大きめ画像とそれぞれの工程での大きめ画像をどうぞご活用くださいませ。→
***********************************************************************************
解説ペーパー上で糸セットの記号でなく普通の色番号の数字が記載されている部分など
ちょっとした間違いも訂正しております。
これらの「訂正」のほか、「判り難い点」などお問い合わせいただければ
それについても随時加筆修正してまいりたいと思います。
そのような個所が今後あれば<〇月×日修正>などと更新日を明示いたしますので
キットの刺繍を始める際はチェックなってくださいませ。

また糸が足りなくなった方もお名前とともにお知らせください。色番号をお伝えいたします。

※東京での個展でキットを購入された方に
パスワードの入っていないセットをお渡ししてしまった可能性がございます。(特に前半)
念のためご確認いただき、パスワードを書いた紙が入っていなかった方はお名前とともにお知らせください。


11/28 ビオラ(黄)のキットの説明に抜けている部分及び足りない糸がございました。
「ビオラ(黄)」のページを修正しております。
個展とワークショップで「ビオラ黄」のキットをお買い上げのかたに不足分の糸をお送りいたしますので
お手数ですが送り先のご住所とお名前をお知らせください。

「黒猫」の工程②に間違いがありました。訂正しております。補足説明をご覧くださいませ。(12・14)
「黒猫」工程③書き足しました。(12/15)




  • 2024/04/23/Tue 20:03:26
  • COMMENT:1
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:未分類

2024 ワークショップお持物のご案内


ワークショップへの持ち物についてのお知らせです。

前回と同じで特に変わったものはないのです。
針・針山・糸切り鋏・刺繍枠・筆記用具をお持ちくださいね。
今回「全く初めて刺繍する」という方はいらっしゃらないと思うのですが
所謂「フランス刺繍」的なことは初めてに近いという方はいらっしゃるかもしれませんので
一昨年の記事を引っ張り出してきましたよ。

まず
*針と鋏について
ご近所の手芸店などではおそらくクロバー(Clover)の「フランス刺繍針」というのがあります。
これの8番か9番が使いやすいです。お若い方は10番でも結構ですが
10番はスレダーが使えません。(9番も使いにくいかも)
「7~10取り合わせ」というものが自分の裸眼糸通し限界を知るのに便利です。

大きな手芸店やネットのお店だともっといろんなメーカーの針があります。
メーカーによってサイズの番号と太さは違いますので注意が必要です。
私が愛用しているのは「John James」のSize10です。
針穴に糸を通すのがラクな気がします。(気がするだけです)

ただ、John James 10番だろうとクロバー9番だろうと刺繍糸の黒は通しにくかったりするので
1つ太い番手の針(John James 9やクロバー8)も持っていると便利です。ただ糸は抜けやすいです。
(でもすぐ通しやすい)
↓こういうのね。

n1_R_2022090419105510c.jpg

さてこの針、2~3本はご用意ください。次の色を使う時に元の糸も針につけたまま取っておきたいので
午前午後通していらっしゃるかたや刺すのが速いかたは10本くらいあってもいいと思います。
これを針山に刺して糸切りばさみとともに缶や箱に入れて安全にお持ちくださいね。
スレダー(糸通し)もあったほうが楽ですよ。スレダーはお貸しすることもできます。

鋏は小さくて先が細く尖って反ってたりする鳥みたいな形の「刺繍用」でなくても全く問題ないです。
糸が切れれば何でもいいです。

*刺繍枠について
刺繍枠は無くても刺せますがあったほうがごまかしがききます。(なんという薦め方…)
刺繍枠はいつかもここで話をしたのですが手芸店にある木の刺繍枠でも100均のプラスチックの枠でも
どっちでもいいです。
ご用意いたします布が約22㎝角のため、15㎝または16㎝径をよろしくお願いいたします。
布が小さなときは10㎝以下のような小さなタイプが非常に便利ですが
裏での糸の処理の回数が多く、これがしにくいのであんまりお勧めはしません。
枠に布をつける時にいつもと逆向きにつける(※)と裏での処理しやすいとか裏技もありますが
まあ100均にあるくらいだから15㎝くらいが一番ポピュラーなサイズのような。
(※外枠の上に布を表むけて置きさらに上から内枠をはめる)

木製でもプラスチック製でも枠を買ってきましたら布がしっかり挟めるように細工をしないとなりません。
最近は色んな工夫のある枠があるようですが
買ったばかりなら自分で布を巻くのが具合が良いです。
(私見ですが、さっきの「小さい枠」は布を巻くとかえって融通利かなくなりそうな気もします。
単に個体差かもです。)

布の巻き方です。
先ず色落ちの心配のない薄手で長めの木綿の端切れを用意します。
白っぽいバイアステープが手っ取り早いですが使わない晒しの手ぬぐいを割くなり切るなりしたものでもよいです。
最近私が気に入っているのは薄手の綿の天竺ニット(Tシャツの布。)の端切れです。
これを2.5~3㎝幅に切って内枠に少しずつ重なりを作りながら引っ張りつつ隙間なく巻き付けます。
ただの綿の端切れよりバイアス状の布の方がキレイに枠に添いやすく、
さらにニットだととっても巻きやすいです
↓黒いニットですがこんな感じ。

w1_R.jpg

w2_R.jpg

↑15㎝径の枠で薄手ニットの場合70㎝くらいで巻けました。(布によって差が出ます)
巻き終わりは糸でざくざく縫い留めます。

w3_R.jpg

布の端がほつれそうでも構いません。そこだけ極端に厚くなってしまわないように気を付けます。

プラスチックの枠は木の枠に比べて外枠と内枠の差が少なく柔軟性が無いので
このすべり止めが厚くなってしまうと今度はやや厚手の布に刺繍する時に
それを挟めなくなってしまう恐れがあります。
木の枠の場合は逆に、正円でなかったり外枠のたわみが大きかったりすると
滑り止めを巻いてもしっかり薄手の刺繍布を固定しにくい場合があります。
しかし、刺繍が綺麗に仕上がるかどうかは最終的には刺し方にかかっているので
あまり神経質にならなくても良いです。

*筆記具について
シャーペンと書けないボールペンもしくは鉄筆をお持ちください。書けるボールペンでも大丈夫です。
それに下敷きにできるものをご用意ください。

下絵(こちらで用意)トレーシングペーパー(こちらで用意)に写すときはシャーペンを、
更に転写ペーパー(こちらで用意)で布(こちらで用意)に写す時にボールペンを使います。
これ、結構力を入れてなぞりますのでたまにトレーシングペーパーとともに転写紙も破れることがあるのです。
そうなると布に直接ボールペンが乗ってしまうので一応書けない物の方がいいかな?と思うわけですが
別に刺繍で下描きを隠せれば問題ないです。水性ボールペンはダメですよ。
この時用に念のため下敷きとなるもの(クリアファイルや跡がついても良い厚紙など)があると良いです。
下絵はとても小さいので大きなものでなくて大丈夫です。

下絵を写すのはちょっと面倒であんまり上手く行かない場合も多いのですよね。
そこで不織布ふうペーパーや透明のシールみたいなものが昨今トレンドになっているようです。
今回この下絵を写す作業に「水に溶ける不織布ふうペーパー」を使うか迷いました。

「下絵を布に写す」という工程はホントは布に印刷するというのが一番確実なわけですが
それには布の種類も大きさも限られますし後で消せないようですし
「これを刺して額に入れて飾る」などという用途でない限り、
ワークショップで行う刺繍のような小さなモチーフにはあまり現実的ではありません。

で、次に確実な下絵として不織布ふうペーパーというのがあります。
これを普通に使い慣れておられる方は、どうぞご持参くださいませ。
このペーパーは図案より一回り大きなものを布に留めて使うより
布とおんなじ大きさにして枠に一緒に挟んで使った方がより良いので
小さなモチーフにはちょっと無駄が出ますが下絵はよく見え、消えないので便利ではあります。
(多分私は一生使わない気がするが)
しかしご使用のかたに聞き取り調査しましたところこの不織布ペーパーと布が何となくずれやすく
また、刺している途中でいらないところを破いて外したりということも出来ず、
これにも慣れが必要であるとのことでこちらも今回不採用となりました。

以上の考察を持ちまして、今回も
「私は昔ながらのチャコペーパーで行く」という方のためにトレーシングペーパーとチャコペーパーを
ワタクシがご用意しております。

*そのほかの持ち物について
名古屋のワークショップへは「午前・午後」通しでいらっしゃる方が複数おられます。
その方たちのお昼ご飯について、お近くのかたは一旦帰られても良いですし
向かいのショッピングモールに食事できる場所もあるそうです。コンビニもあります。が、
サロンのオーナーさんのご厚意により
気にならない方はお弁当お飲み物持ちこみでその場で黙食OKとなっております。出前はダメです。
私はお弁当を持って参ります。ごみは持ち帰りますよ。

また大阪でも前半後半通しでご参加のかたが多く、こちらの会場はちょっとした飲食が可能なため
30分の休憩入れ替え時間に必要な方はお茶とかお持ちくださいね。パーティーやお酒はダメだそうです。

あと、これは全ての場所でですが参加費や過去のキット等の販売では
現金のみのお取り扱いになります。
カードとか何とかペイとか物々交換とかツケとか無いのでご了承くださいませ。

ここまで持ち物のお知らせでした。

****************
さてさて今日はもう一つお知らせというかおうかがいしたいことがあります。

先日ワークショップで行う刺繍のキットの糸は無事組み終わりましたが解説ペーパーの冊子のほう、
あれをデザイナーさんが麗しくまとめてくださって喜びの奇声を上げたりしてたのですが、
私は当初部数がそんなに多くないこともあり、10冊単位で数を調整できる「オンデマンド」印刷にするつもりでした。
(※もちろん印刷はあの「印刷の神」の所でしたいのが山々ですが
そんなことしたらそれだけですごい赤字になってしまうのでネットのお安い有名印刷所でやります)
ところがそこの印刷所さんでは自分とデザイナーさんが希望していたサイズと綴じ方では割高になり、
しかも美しいが高価なオフセット印刷でしか扱われず、そのうえ50冊単位でしか刷れないことが分かりました。

それで、根本的に作りを変えるかちょっと迷っております。(だってお値段2~3倍違うんですよ。迷うよ。)
そこでちょっと伺いたいのですが、今回ワークショップに参加されないかたや、
参加される方でも余分にこのキット(冊子のみかもしれん)、ちょっと欲しいかな?って方おられますかね?
私は余りを販売できる余地があるなら多めに刷ってもいいかなと思うのですが
特にワークショップにいらっしゃらないかたにはこの
「仁王立ち猫さんの刺繍等解説冊子」はあんまり興味ないですかね?
お声があればキットにしてワークショップ終了後に販売したいと願っておりますがどうでしょうか。

  • 2024/04/18/Thu 16:11:06
  • COMMENT:1
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:未分類

2024 ワークショップお申し込み状況 (4月18日現在)

****************************************************************************

東京の空席は8日16:00からの(D)に1つと状況変わりませんが
ありがたいことに仙台がお友達を誘ってくださったりでじわじわご参加増えて来てくれまして
「大体ここまでだな」という人数を見越してキットの数を決めました。
その結果
東京8日仙台の15日(土)の方と名古屋合わせてあと2~3名で締め切りとなります。
ご了承くださいませ。
追記:東京は満席になりました。
****************************************************************************

参加ご予約してくださったみなさま、参加日程を調整してくださったみなさま、
本当にありがとうございます!

私はいま例のキットの糸セットを組み終わったところです。(予定より大幅に早く出来た!)
ここで、キットの解説ペーパー(今回は冊子にしました。可愛いのになるよ!)の概要をお知らせ。

ワークショップで刺すのは先日の二足歩行仁王立ちきじ猫の多分お顔の刺繍のみなのですが
終了前10分くらい使って体の方のご説明用及び
キットの解説ペーパーに掲載しているおまけの刺繍の説明もする予定です。
おまけというのはこの前の貴族風のお洋服の猫の図案と色番号と簡単な解説
ちいさい犬のお顔3つの図案と色番号と簡単な解説、
そして、ステップバイステップのきじ猫さんと同様
ステップバイステップ(8ステップで完成の簡単なものですが)のやっぱり小さな犬刺繍がのっています。
これは簡単だけど可愛いです。自分で言うけど。可愛いです。

「犬も何か載せる…」と言っていたのですが、ホントに犬は犬種で全然形が違うので選び難く
4つも載せちゃた大サービスでやんす。(形違うけど色は大体似てるよね)

で、糸セットはこのきじ猫のお顔と体用と、この犬用の色がすべてそろっています。35色あります。
しかもこのセットで小さい犬のお顔3種のほうの色も結構カバーしているので
ちょこっと足せばこれらも刺せちゃいます。

そして、今回、このきじ猫さんのステップバイステップを茶とらに流用する代替糸も考えて載せました。
それから使用糸の記載はAとかBの記号になっていますが、色番号対応表を載せています。
(これは参加してくださる方を信用して載せております。)

なかなか良い内容になっていると思います。
「何を刺すのか」もはっきりわからぬままワークショップへのご参加を予約してくださった方がたには
本当に感謝の気持ちを込めましてたくさん載せてみました。(そんなに沢山でもないか?)
きっと楽しんでもらえる解説ペーパーになるのでは?と自分も期待しています。
今デザイナーさんが見やすく可愛いものに鋭意まとめ中なのですが
早速私の誤記連発でまあこれからまだまだ頑張るわ!という状況でございます。
現場からは以上です。

中々落ち着いた時間が取れないのですが次回あたりお持物のお知らせをいたしますね。

  • 2024/04/13/Sat 08:33:06
  • COMMENT:2
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:未分類

2024ワークショップお申し込み状況(4月13日現在)

****************************************************************************

東京の空席は8日16:00からの(D)に1つまだございます。
大阪は満席になりました。、調整にご協力くださった方がた、ありがとうございました。
名古屋は17月15日午前午後ともにあと1~2名程度となっております。
仙台はまだ変わらずウェルカムでございますね・・・。引き続きよろしくお願いいたします。

****************************************************************************

募集を始めてから2週間、順調にお申し込みをいただけて大変嬉しいです。
ここ数日私は解説ペーパーの原稿を作るために撮った写真のあれこれで
ずっとパソコンとにらめっこで大した作業ではないのに眼精疲労がすごいです。
一日細かい刺繍をしていても確かに目は疲れますがパソコンの疲労はちょっと質が違いますよね。
刺繍する時だってパソコンは見てるんですけどね…
もう夕方になると目が10%くらいしか開いてないです。薄目で生きてる。

お申し込みや確定メールのお返事等で「楽しみ~」等お伝えくださり
嬉しさとともに「しっかり作らなきゃー!」と結構緊張して色々準備しているのですが
普段なら「どっちでもいいじゃん」というようなことなのに気に病むくらいに決めかねたりすることが多くて
ちょっと気張りすぎ、と思いきや
確定メールをお送りした後なのに
「やっぱりこっちの枠に移ってもらえます?」などとお願いしたりというのが連続して
申し訳ないやらお許しいただいて大安堵やらで気持ちの揺れがでかくて心の筋肉痛がすごいです。
でもそれは陽気な、良い筋肉痛なのですよね。

こういうのは機械的にクールにやればいい、言葉をいちいち交わすのはイヤ、って方もおられたかもですが
どうも自分はそういうふうには出来ない性質でウェットですまん。

参加者さんの人数が大体はっきりしてきましたのでこれから糸を注文して
糸くくり選手権です。この度は団体戦でなく個人戦なのでちょっと武者震中ですよ。ガッツ。

  • 2024/04/11/Thu 10:55:09
  • COMMENT:1
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:未分類

****************************************************************************

東京の空席は8日16:00からの(D)の 1つのみになりました。
大阪は変わらず29日(A)に1つ・30日(D)に2つの 3つになっております
名古屋も変わらずまだ少し余裕ありです。
仙台はまだウェルカムで~す。引き続きよろしくお願いいたします。

****************************************************************************

今週は画像の調整と解説に取り組んでいるのですが
見やすく分かりやすくを心がけて図なども入れるべく頑張っております。

でね、私びっくりしちゃたんですけど、
今回きじ猫さんで全体の色味って派手派手ではないじゃないですか。
だから全部でも14~5色くらいかな、って思ってたんですよ。そんなにもないかも少ないぞ、しめしめ…
って余裕こいてたんですよ。(糸くくり選手権ね)
それで、原稿まとめるにあたってちゃんと整理して「A」から記号振っていったら
大文字だけじゃ足りなかったんですよ。あれ?どっかで間違ってる?って。なんで?って。
せ…清書していったらきっと間違いあるはず!って願ってるんですけどね…
あ、服着てる方じゃないですよ?ヌードのほうで、ですよ?

えー、そういうわけで、やっぱり結構手間のかかる子ではありますが
その分可愛さひとしお…(完成の画像に眉毛入ってないのさっき気づいたくらい)ですので
どうか今回も気合を入れてみなさま取り組んでくださいませ!
(※、でもほんのちらっとしか使わない糸が15色くらいあるってことです。
私の刺繍はそこがミソなんでございます。)


プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

刺繍キットの補足説明


私へのメールはメールフォームからお願いします。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR