• 2017/03/01/Wed 13:14:21
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか


今日は卒業式という高校生さんも多そうですね。お天気で良かったです。(全国的ではないかしらん?)
末っ子は卒業式を挟んで期末テストの最中でどよ~んとしておりますが
大学生たちは成績に頷いたりどよ~んとしたりしつつもあれこれあってまだ春休みではないです。

プロジェクト、私が足止めしてますが
この前「一番大変なヤマは越えた!」と言っていましたが
一つ追加で気になることがあり
「やめろ~、やめろ~、考えちゃいけない」と制して来ていたことに
手を付け始めてしまいました。あああ。
やらなくても別に「後悔」というほどじゃのですが
どうも貧乏性で「折角なのに…」ってなっちゃうんですよね。まあ頑張ってみましょ。
プロジェクトに小さく参加できるかできないかまだわからないけどにゃんこ後ろ姿。

t7_R.jpg

*****
私は刺繍を大変お待たせしていますが 刺繍遅いだけじゃなくて
ご希望の布がなかなか再入荷しなくてお待たせしてしまっている方々もおられます。
LINNETさんの大人気シャンブレー「インディゴ」がやっとやっと再入荷、のお知らせいただきまして
これから早速入手しますー。
希望されてたけど「色、変えますか?」にご返信いただけなかった方とかいらっしゃるのですが
とりあえず多い目に用意しておきますねー。
(久々の布買いなのでわくわくしている)

  • 2017/02/19/Sun 15:12:56
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか


先々週末から久しぶりの外出があったり久しぶりに散髪に行ったり
一年ぶりに確定申告のためのレシート並べや在庫の確認をやったり
(申告書に記入するのはもちろん次男)で
2か月ぶりのシャツは刺繍がとぎれとぎれになってしまったのですが
改めて「刺繍枠無いのやりやすい!」というのを実感し
シャツの縫いの方は特に手順間違えそうになるといったこともなく
すーっとボタンつけまで進んで洗って、アイロンして、と
いつもの流れ作業が滞りなくできたことに安心しています。

久しぶりの、本日のねこシャツ。(昨日だわ。)

il6_R_R.jpg

若干サバ気味になったきじにゃんこ。
陽ものびたから・・・と昨日夕方に急いで撮った画像。きっちり夕暮れ色になってしまいました。
撮り直そかな。

****
さて 私は普段は刺繍枠を使わないのですが
プロジェクトのために仕方なくここしばらく使ってまいりました。
刺繍枠を使うメリットは刺繍している最中にも布が綺麗で完成時の想像がしやすいことと
糸を引く強さにそこまで頓着しなくていいこと・・・くらいかな?
一番身近な丸い枠のほかスタンド式の丸い枠、
大きな作品では机みたいな巻き取り式の枠もありますね。
目からの距離とか姿勢とかも考えてこういうのはご自分がやりやすければ何でもよいと思います。

ただの丸枠は利き手じゃないほうで持って使うけれど
スタンド式になると日本刺繍のように両手で刺繍できます。
右利きのかたは左手を布の下に回して作業するのですよね。これは慣れると速そうです。
しかし速度上げる必要あるのは刺繍職人さんだけですので
楽しみで刺繍やっている人は速度のことはまあ考えなくてもよいとして…

今回刺繍枠を使ってとっても驚いたことがありました。
普段私はいわゆる「すくい刺し」で「布に針を刺して抜く」を1度にするわけですが
布は柔らかいのでやっぱり糸を引く手加減を常に気にしなくちゃなりません。
で、糸は布とほとんど水平に布を通るわけで
何となくそれが糸を痛めたりしているのだろうか…?と思うことがありました。
ところが今回枠使用で刺繍してみると
全く覚えがないのに糸の途中を縫ったようになってることが多々ありました。
まだきちんと検証していないのですが
これは糸が針穴を通ってそこで折れている場所がするすると移動せず
常に固定されたような状態になっており
そのことでまず傷んでほぐれやすくなった糸に針のお尻の部分が分け入るように通って
それで糸を縫った感じになってしまうのかな?と考えています。
問題は針穴に通って折れた部分が簡単に移動しにくい、ということです。
枠に張った布のテンションが強く、そこに常に(だいたい)垂直に針が通ることによって
糸の折り目が強く印づけられてしまうのですね。(わかりにくいかな)
さらにその傷んだ場所から糸がすーっと切れてしまうことも再々起こります。
今枠無しでまた刺繍してみて、やっぱりそのようなことは一度も起こりませんでしたので
「糸への負担」という面では枠有りのほうが危険が大きいということなんですかね。

ところがこのことを長女に話したところ
「それ!私もボタン付けする時いつも起こる!」と言うじゃありませんか。
え!ボタン付けで糸切れなんか起こったことないよ!(あんな太い糸で??)
・・・てことは別に枠有りでも糸への負担がどうこう、というのはなくて
私の刺し方に問題がある、という事でしょうか・・・。検証は続きます。ひー。

  • 2017/02/16/Thu 10:00:12
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか

本日ねこシャツのご注文確定メールを送信いたしました


*************
ねこシャツのご注文受付が確定しておられる「山口さま」
恐れ入りますがもう一度「コメント欄」でなく「メールフォーム」から、あるいは
「hrrspica1102@hotmail.co.jp」へ直接メールくださいませ。よろしくお願いします!

ご注文が確定しました15名の方へ私から16日付でメールを送信いたしました。
もし「届いてないよ~」の方がおられましたら
お手数ですが今一度こちらのメールフォームよりお知らせくださるようお願いいたします。

特に「Yahoo mail」と私側の「Hotmail」の相性が悪く
不着の事態がしばしば発生いたします。
この場合別アドレスでお返事させていただきますので
メールフォームよりお知らせください。

また、私からの「サイズ等お伺いメール」が届く前にアドレスを変更される場合は
変更後のアドレスもお知らせくださいね。

*************
ええと、ご注文受付の折に質問くださった方、ありがとうございます。
「刺繍のワークショップ」的なものをワタクシ自らが企画することはありません。
どこかの手芸のお店や手芸のカルチャー教室?的な所からお話いただいたことはあるのですが
いかんせんその場所がめちゃくちゃ遠くて出不精の私には無理だな~という感じです。
そうそう!先日「くもじいとくもみ」が人気の「空から日本を見てみよう」で
なんと橿原市がいっぱい出て(今井町)飛鳥や宇陀が紹介されていたのですが
まああんなとおりの田舎に住んでおりますのでホームでの開催も無いですね。すみません。

それからねこシャツの注文について「キャンセル待ち」の列は無いのか?とのご質問があったのですが
キャンセルが発生すれば次の人の番になるだけですし
そうでなければうちの子どもたちの服を縫ったりとか自分のために時間を使うかなあ。
作業は常に山積みです。勝手を申しましてすみません。

*************
夕べやっとやっと「今年の目標プロジェクト」の
「私のパートのうち一番大変な(と思われる)部分」が終わりました。めちゃくちゃ燃え尽き気分。

出来上がったらいつも第2パートの方にチェックしてもらうために画像を送るのですが
もう昨日は「ただ褒めて~!褒めてください!」と情けなくもすがってしまいましたね…。(褒めてもらいました)

今まで「もう二度としない」となってる刺繍図案の仕事のほかにも
普段のシャツのご注文や特にワガママ小皇帝からの難題や
私にとっては「仕事」ではなかったけど
テレビの取材で薄~い下絵での綱渡り的な刺繍実演を出来上がるまで座りっぱなし、とか
そういう色々な刺繍・・・それらは全て
最終的には「自分の刺繍の上達」に役立つのだとは判っているけれど
あくまで「注文主さまのため」とか「頼まれたことをしっかり遂行するため」だとか
「人のため」にやってると思っていました。
もちろんそれらも自分の責任感を充足させるためとか喜んでもらえたら自分が嬉しいとか
自分に帰ってくるものである、というのは実感していますけれど。

しかし今回 刺繍のもとになる画像を貸して下さった飼い主さまに認められたい、というのは勿論ありましたが
ほとんど自分のため、自分のためだけに刺繍していました。
「みんなが肉食べたい、って言ってたけどどうしてもお母さんは焼き魚が食べたい」といって
メニューを変更するために買い物に行くだけでは飽き足らず
釣りの道具をそろえて船をチャーターするところまでやってしまった感じです。
(さすがに船買ったり船舶の免許取ったりまでは出来ませんでした)

毎日毎日朝から晩まで刺繍していて楽しくもあるのですがしんどくもあります。
自分のそろえた良い道具や船の恥にならぬよう
美味しい焼き魚にせねば!というの同様
優秀なプロジェクト協力者さんたちの恥にならぬよう良い刺繍にせねばならない、
という気持は大変強かったのですが
しかし「こんなことは人のために出来ない。しない。」と思いました。
そもそも要求されてないけど要求されても断るなあ…と思いました。
なんだかほとんど生まれて初めて
自分だけの満足のために自分がすごく骨を折るというのをやった気がします。
「命を削って創作に打ち込んだ」とまでは全然言いませんが
部屋の掃除や夕食の一品を犠牲にはしました。(あれ、たいしたことないか?)
で、でも頑張ったんですよ・・・。
きっと夏前くらいには完成できると思います。完成したらお知らせします。
まあ、いつもの刺繍なんですけどね。

今日はためまくったメールの返信や事務の日で
明日からシャツに戻ります。

  • 2017/02/12/Sun 08:30:37
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか


ねこシャツご注文受付の確認メールをなんとまだ送信できておりません。すみません。
(日記打ってる暇あったらメール出せ!と叱られそうですがもう少しだけお待ちを。よしなにーよしなにーー!)

******

今年の目標のとある「プロジェクト」のうちの私のパートのうちの一番しんどい部分が佳境に入っており
もうちょっとだガンバレーー!と毎日自分を励ましているのですが
そんな自分にめちゃくちゃうれしい贈り物が。

ネットでできたお友達第1号、もうかれこれ何年前?10年以上経っているかしらん、という
私がネットで手作り品を売るようになるきっかけをくださったmayuさん。
彼女の開いていた小さなネットショップがすんごく可愛くて私もやってみたい、と思い
そこでそっくり真似してこっそり店を開いたりはせずに、
「私も同じことをしてみたいがココはどうしたら?アレはどうしてますか?」などと
図々しさ丸出しで教わったのですね~。それを親切に教えてくださったmayuさんスゴイ。
犬猫を刺しゅうするきっかけも(それはまだリアルなタイプではなかったけど)
mayuさんのチャリティーにちゃっかり協力させていただいたのが始まりだし
まあとにかくこの方がいなければ今の私は絶対ナイな、という我が師ですよ、師。

その方のツイッターでは「美しまふくしま」の本当に素晴らしく、
そしてそれが普通の日常なのが驚きのすごくきれいな景色や
もうとにかく素敵手作りの品々が登場するのですが食べ物がまたすごい。
特に長女は「mayuさんちの食べ物は全部美味しそう。美味しい。もっと見せてほしい」と
垂涎もので画像をすでに味わっているくらいで
この度あるご連絡のついでにそれをお伝えしたらなんと!

CIMG6627_R.jpg

早速可愛いカードとみるからに「うまい」豆菓子とそして手作りシュトーレンがっっ!

CIMG6629_R.jpg

感動です。マジパン入ってるやつ!画像で味わってたよりやっぱおいしいです涙。(当然)
いままでクリスマスシーズンに市販のシュトーレンを買ったことあったけど
全然感動の味じゃないでした。もう別物。あれらはシュトーレンじゃなかった。
ホントはシュトーレンはちょっとずつちょっとずつ変化も味わいながらいただいていくお菓子ですが
ホラうち口が多いから「今日は一切れだけ」で2回で完食予定です・・・悲。
いや、この儚さがいいんだよね、よりおいしさを際立たせるわ。本当にありがとうございますうううう。


  • 2017/02/06/Mon 13:14:53
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか

* ねこシャツのご注文確定のかたのお名前を発表させていただきます*


************************************

お待たせしました。ねこシャツご注文を受け付けましたかたがたのお名前またはHNですー。

にゃんこ大将さま ナカムラさま 藤山さま まきちさま がらさま めがねさま 
まき56さま 山口さま Ellieさま Lawrenceさま

の10名さまですー。

そして「感激枠」のみなさまは リボンティ~ヌさま ゆきだ子さま しまちゃんさま 竹本さま 筒井さま

の5名さまでございます。

以上15名のかたには近日中に「ご注文確定メール」を送信いたします。よろしくお願いしますー。

************************************

今回「感激枠」などと強調してしまったことで
「文章上手じゃないけどアレを書かなくちゃ!」などとやや焦ったり
あるいは書いているうちに涙にくれて「続きが書けない・・・(泣)」のようなかたがいらっしゃたり
かえって皆さまにご面倒をかけてしまいました。ごめんなさい。
ざざっと抽選させていただいた後にあらためて全てのメールを熟読させていただきました。(70通くらい)
心苦しいことですが「ふるいにかける」ために
「候補」フォルダにためたメールを読み返したりしたわけですが
全然ふるいにかからなくて(減らなくて)何度も作業を繰り返していますと
「う・・・またこのメールだ…」と涙で最後まで読めないメールがあったりなどして
中々の熱戦、選ぶのすごく苦しいでした。。
「感激」なんて言ってもにゃんことの運命的な出会いや
二人三脚で闘病頑張ってるお話やお別れの時の心に残るエピソードにばっかり感激するわけじゃなくて
例えば昨年の感激枠の方は獣医さんになる勉強しておられる方でしたし
応援したい人や私への激励ともなるようなお話を書いて下さったかた、
そして今回大爆笑してしまったにゃんこエピソードも選ばせていただきました。

2月1日にエントリーだけ済ませて「エピソードを待っていて!」とのかたも夕べ滑り込みまして
おもしろエピソード、ふふっと笑顔になれるエピソード、へえ~!っとなる豆知識、あたたかい涙の思い出・・・
沢山のお話の中からえいや!っと決めました。
皆さまの楽しい体験を分けてくださって本当にありがとうございました!

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR