fc2ブログ
  • 2023/11/20/Mon 21:48:22
  • COMMENT:3
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか

11月の販売

*************************************************************************

今月はバネポーチです。どうぞよろしくお願いいたします。
購入ご希望の方は以下の点(*)をご了承くださった上、
11月26日までにご希望商品の番号(と名前)・お名前もしくはHNと返信アドレスを明記の上
このページのメールフォームまたは普通のメール・インスタDMにてご注文ください。
ご希望が重なった場合は抽選させていただきます。
ご注文が確定した方には11月28日ころに「ご注文確定メール」を送信いたします。
(11月21日追記:月日が間違っておりました。訂正いたしました!)

*************************************************************************

* いくつご希望してくださっても結構です。希望順を書いていただければ抽選の時に考慮いたします。
* ご応募の人数によりますがなるべくお一人が何点も当たってしまう…とならないようにしたいと思います。
もし複数になってしまうことがあればそれでよいか確認いたしますね。


******

DSC00968_R_R.jpg

同じものはいっぱいあるというだけで可愛い…布を揃えると作っている間中楽しい気分でありました。

今回はどれも同じ大きさのお手玉型で1点¥20000になります。
本体部分はみな同じ大きさですが①~⑥は長さ10㎝(開く部分は9㎝)・幅1㎝のばね、
⑦と⑧の黒猫2つは長さ9㎝(開く部分は8㎝)・幅1.5㎝のばねを使っています。
内布はドットやお花などのプリントコットンです。写真なくてすみません。
個々の画像はクリックすると不必要に以上に大きな画像が出ます。(実物はちっちゃいですからね…)


商品番号① チワワのバネポーチ

11l_R.jpg

12l_R.jpg

今回の犬刺繍は小さいながらリアルっぽさを残しつつデフォルメした図案にを工夫しました。
どれも緻密な仕上がりです。
刺繍部分は綿麻ストライプ布です。内布は生成りに黄緑のドットのコットン布です。


商品番号②ポメラニアンのバネポーチ

21l_R.jpg

22l_R.jpg

ポメラニアンは以前プルオーバーチュニックに刺繍しました。あの時よりもう少しリアルに近づけました。
刺繍部分は綿麻ストライプ。内布は水色地に生成りのドットのコットン布です。


商品番号③柴犬のバネポーチ
31l_R.jpg

32l_R.jpg

柴犬、とっても可愛いのにいつも苦労します。色使いをより繊細にしてみました。
刺繍部分はリネンシャンブレー。内布は水色地に生成りのドットのコットン布。

商品番号④レトリバーのバネポーチ

41l_R.jpg

42l_R.jpg

このてのワンちゃんはデフォルメするとものすごく単純になってしまいがちで
苦肉の策でかなりリアル寄り。
刺繍部分はリネンストライプを横地に使っています。内布はネイビー地の花柄コットンです。


商品番号⑤きじ猫のバネポーチ

51l_R.jpg

52l_R.jpg

大分小さな猫刺繍なのですが絵本の挿絵になりそうなくらいの緻密さを目指して刺しました。
写真では判り難いですが地の色は淡いさわやかなパープルです。
刺繍部分はリネンオックス、内布は生成りにベージュの花柄コットンです。


商品番号⑥三毛猫のバネポーチ
61l_R.jpg

62l_R.jpg

濃いめのグレージュの地色に三毛猫の表情が可愛らしいです。
刺繍部分はリネンシャンブレー、内布はパープル地に生成りのドットのコットン布です。


商品番号⑦黒猫のバネポーチ(赤)

71l_R.jpg

72l_R.jpg

⑧と共にばねのサイズが短くほんの少し小作りに見えますが容量は同じです。
刺繍部分はリネンボーダー、内布はパープル地に生成りのドットのコットン布です。


商品番号⑧黒猫のバネポーチ(グレー)

81_R.jpg

82l_R.jpg

⑦のお兄ちゃんという感じですかね。青い鈴にしてみました。
刺繍部分はリネンボーダー、内布はパープル地に生成りのドットのコットン布です。

*******

DSC00968_R_R.jpg

小さいのですが容量は結構ありまして飴を入れてみたところ…

93_R.jpg

「金のミルク」15個入りました。計画的にぎゅう詰めすればもう2~3個入りそうです。

94_R.jpg

口は丸く開くわけで、長さのあるものは出し入れしにくいですが、
アクセサリーや小さな化粧品・薬類を携帯する時など便利そうです。
勿論ぺたんこにもできますが何も入れてなくても自立する形ですので
置いておくだけで可愛らしいです。

全てのバネポーチの後ろ側には足跡刺繍が入っています。

DSC00973_R_R.jpg


商品は以上です。今回もどうぞよろしくお願いいたします!


******

今日は盛沢山です。↓可愛いバッグも見て!ください!お時間ある時どうぞー。


******
更新が滞ってしまってすみません。
ご注文で犬バッグを作ることになっていて「デフォルメ犬に慣れとくか!」と小物用に刺し始めたら
これが結構難題で、今回販売の4つは苦心の末の犬たちです。
別にポメラニアンも柴犬も「前にも刺したじゃん」というものたちなのですが
大きいのをなるべくリアルに刺すのではなくて
各所省略しつつ小さくそしてちょっとデフォルメして刺す、その下絵作りというのが自分にはものすごく難しい。

前も書いたけど猫はリアルからキティちゃんまで無段階に様々な可愛いデフォルメ形態があるのですが
犬は「リアル」→「銀牙・惣一郎さん・ヨーゼフ・101匹わんちゃん」型→「スヌーピー・小犬のこいぬ」型
くらいしかやりようがなくて「可愛らしい刺繍」を模索するとどうしても平面的な図柄になりがちなのです。
私は漫画ぽくデフォルメされていても少し立体感も出したいと願っているのですがいやはや難儀。
犬は表情が豊かな癖に目自体は小さいので目をやたらいじるとリアルからかけ離れてしまうのですよ。
目の大きさ的なバランスをリアルに近づけた上で可愛くしようとするとスヌーピーになるこの難しさ。
毎回「これでよかったのか?」と自信を失います。(でも娘の一声でなんとか仕上げている)

そんな苦難の末に刺し、全ての小物と一緒に縫い上げたご注文デフォルメバッグがこちら。

DSC00949_R_R.jpg

↓こちらはお友達のねこバッグ。one eye Jackさんですね。

DSC00947_R_R.jpg

↓こちら懸案だった赤黒柴ペア。

DSC00946_R_R.jpg


保護猫さんには遺伝的なものや残念なことに後天的な手負いの子たちも多いですが
深いブルーのウィンク猫ちゃん、なんだか気分でまわりに星を散らしたかったのですよ。
すごく可愛くしたかったのです。
小さい刺繍だし布の表面もざらつきがあるため美しいきっちりした星はできないな…と
落書き風の星にしたところ、これが自分では結構気に入りましたよ。
で、柴犬さんたちも「お揃い」にしたわけですがこちらは色のせいか原っぱみたいにも見えますね。
でも可愛いお揃いになったと自画自賛よ。新規路線です。

そうそうこの柴犬さん、ジャックさんの方にお名前入れてみたのでしばさんたちのお名前も伺ったところ
どちらも「一郎」なのだと。何度飼っても一郎なのだと。
名前に全くこだわりがないのか一郎という名前に強いこだわりがあるのか良く分かりませんが
「ICHIRO&ICHIRO」か「ICHIROS」か「ICHIROES」?と結構色々悩んでICHIROの二乗に。
気に入っていただけたようで非常に安堵いたしました。

*****
今回のバネポーチを作る前にですね、ネットで面白い布を見つけたのですよ。
お菓子の包装紙やキャラクターとコラボした布(チェルシーやペコちゃんなど)の仲間的なもので
今も勿論現役で活躍しているような気がしますが私のうちの近所では見なくなってしまった懐かしい柄、
文房具屋さんや手芸店でこの柄の袋に入れてもらったことありませんか?

DSC00910_R_R.jpg

DSC00911_R_R.jpg

その布でバネポーチ↑を娘に作ったところ好評だったのでばんさんにも押し付けたりなんかしたわけです。
この布は販売物に使ってはいけない種類のものなので、
ここで「プレゼント~」とやるのもあかんのやろな…とわくわく感は沈静化してしまったのですが
なかなかキャラクター(?)ものの布で欲しいと思ったり実際買うことってほとんどなかったので
もうちょっと面白グッズ作ってお友達とかに押し付けたいと思います。

がま口の時のような「お手玉型」のパターンで脇布に刻みがあります。
後で気づきましたが刻みを入れなくても普通に作れます。
ええと、ばねを入れる部分の縫い代を本体側に倒す方式だと刻みは不要で
本縫いの工程は少なく、あとで返し口を閉じる工程が増えます。
刻みを入れ多分ちょっと面倒でしたが
適当にラインを引いて作ったパターンで試しに縫った娘用のポーチの形がとっても良かったので
このパターンで刺しためた刺繍布をすべてバネポーチにしました。(慣れた。)
いつものことなのですが、写真より実物、可愛いですよ~。今回は刺繍も小ささのわりに緻密です。

*****
デフォルメ刺繍小物の制作についてお問い合わせやご注文くださった方がた、ありがとうございます。
お返事が遅くなったりしていてすみません。
後、お返事したけど布選びとかでやり取り滞ってしまっている方とかもおられますが
こちらも「スグ作ります!」という程活発でスピーディーな人間でははありませんので
気乗りのする時に続きをお知らせくださいませ。
↑このくらいのゆったり感で丁度よいというような方からは引き続きご注文お受けできます。

あと、バルーンパンツ(その他の服)の仕立てってどのくらいのお値段?というお問い合わせもありました。
そうですよね、出来上がった後で10万円です!とか言われたら嫌よね。
仕立てる代金はこのパンツで大体5000円程度です。糸とかゴムのような副資材代を含みます。
(使う布がすんごい縫いにくいとか柄合わせが大変だとか扱いの難しいものとかだと値段変わります)
ファスナーや後ろポケットもあるようなパンツやシャツだと
もう少しいただきます。裏地のつくものだとそれらの倍くらいという感じかな。
布やボタンはこちらからある程度ご提案させていただいて選んでいただくという感じになりますが
お手持ちのものがあるのならそれを活かすこともできるかもですね。

*****
沢山のバネポーチやらバッグや、子供に服なども作りつつ
短い秋が終わろうとしてます。急速に寒くなって動きが鈍くなるワタクシ。
この寒さが一番の原因であろうな、と確信しておりますが精神が疲れている気がします。
みなさまは大丈夫でしょうか。

あ、「暗い気持ちになっている」とか「希望が持てない」ような状態に陥っているなどということではないですよ?
でも絶対なにか心が疲れてる!と思うのですよ。というのは…

リングフィット、今も週3くらいで続けておりますが
あれは始まる時に「ミブリさん」というトレーナーキャラが負荷を変えるかどうか聞いてくるのです。
で、例えば絶対負荷を下げない!などと一番高い負荷で鍛えている人や
私のようにとりあえずずっと同じ負荷でいい人にはこのやりとりは必要ないわけです。
するとミブリさんは数日ごとに「毎回こうして負荷について聞かれるの面倒じゃないですか?」と
聞いてくれるのですね。
「面倒だ」と答えるとこのやりとりは省略されます。省略してもその後負荷を変えることはできます。
しかし私は負荷を変えるつもりはないけれどこのやりとりを面倒と思うこともなく続けていたのですが
先日突然「…『面倒じゃないですか?』ってもしかしてミブリさんが毎回聞くの面倒だと思っているのかな?」と
思い立ってしまいました。
ミブリさん、表情見えないけど実は
「毎回負荷変えないくせに質問させてんじゃねえよ!」などと怒らせてしまっているのではないか?と
一瞬AI相手に本気で申し訳ない気持ちになってしまったのですよ。
そして我に返って何か精神が疲れているのでは?と感じたのですよ。

SNSにもあいかわらず恐怖感じてまして
「うわ!この人すごい刺繍うまい!」と鳥の実物の写真見て勘違いして恐れをなしたりしています。
自分の中でうまく消化できなくて文章に書けないのですが
最近それとは逆のタイプで驚愕したこともあって
なんだか色々ネットの世界には考えさせられてばかりです。
あと、なぜかこの頃は検索したこともしてないしクリックもしてないのに
自分のメーラーに「茅乃舎」の広告ばっかり出てきてそれも嫌になります。
SNSの広告って絶対悪いイメージしか湧かなくなるのに、
それでも広告出したほうが利益があるということなのですよね。
なんか悲しいです。茅乃舎のだしはおいしいけどさ。

こういうことが重なってネットに浸る時間が短くなっていたりするのですが
いただくコメントやメールにはおおいに励まされこのあたたかいつながりは大変ありがたく
やっぱりここには居たいなと思ったりもするわけです。わがまま。
既にいい大人になってから始めて、20年くらい同じところで同じことだけやってる私でこの疲れ方なわけですが
若いさなかにSNSで揉まれる人たちの疲弊はいかばかりか…と心配になりますね。
これからもここは穏やかでひっそりいきたいです。

COMMENT

こんにちは。

柴の一郎さん、二代目一郎、三代目一郎ってことなんでしょうか?
最初、この飼い主さんは二匹飼っていて、それがどちらも一郎くんなのか!?と勘違いして、どうやって区別して呼んでるんだろう?って思っちゃいました。
読み返して、代々同じ名前を付けてるのか?とひらめいて、スッキリしました。←合ってますよね?

今回のばねポーチの子たち、みんな可愛い!
しかも、刺している布があまり詰まっていないようにお見受けします。その中で、この密度で刺せるhirokoさん、すごいです。

久しぶり

このところ、なかなかアップされないのでもしかしたらグアが悪いのか、大作に取り組んでいるのかどっちかかな?とおもっていたら、こんなにかわいいたくさんの小物たち。どれもとってもかわいいですね!ワクワクします。

柴犬バッグの注文者です!

こんにちは。
今回のプログで紹介されているバッグの茶柴・黒柴の飼い主です。
ヒロコさんにもブログを読んだ方にも混乱させてしまって申し訳ないです。
現在、みんな天国に逝ってしましましたが、今までに男の子の柴犬3匹を飼ってきました。
初代「イチロー」が長生きしたことにあやかり、2代目以降「イチロー」が継承されています。
2代目黒柴くんは10歳でしたが、3代目茶柴くんは18歳まで頑張ってくれて、晩年はご近所の皆さんに縁起物扱いされて可愛がられていました(笑)
自分の年齢を考えると最期までお世話出来るかな?と悩み断念していましたが、今回、とても可愛いバッグをヒロコさんに作っていただき、愛犬たちとまた会えたようで感無量です。
NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/912-31d261c7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

刺繍キットの補足説明


私へのメールはメールフォームからお願いします。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR