• 2011/03/13/Sun 09:18:00
  • COMMENT:4
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:暮らし

こんなときは・・・

大震災が起こってしまいました。
私の住んでいる関西ではほんの少し揺れただけで
沿岸でも大きな河川の傍に住んでいる訳でもなく
報道される何があったのか全く理解できない信じられないような恐ろしい写真や
一生目に焼きついて何度でも脳裏に繰り返されるだろう巨大な津波の映像に
ただうちのめされ
東京の実家や(無事でした)福島や仙台の知人の無事をただ祈ることしか出来ず
なんと自分には人のためにはおろか自分自身をしゃんとさせる力にも事欠いているのかと
ふがいなく立ち尽くす2日間でした。

この地震の前にも 2ヶ月間ほど自分の気持ちが様々な思いで少し疲れており
と言っても精神を平静に保つのに必要な脳内物質が足りなくなった、というほどの
苦しさがあるわけでもなく ただ生活のための家事だのの義務を果たすくらいで
刺繍などのほとんど自分だけのための時間を持つ気になれず
つまりは使える時間があるものの全く無駄に怠けてしまっていて
その期間で中々大きなストレスを家族に与えてしまったりもして
それがきっちりと跳ね返ってきていたり、と
ほとほと疲弊した気になって このブログにも来れなかったのです。

でもこの大震災で私や家族が震災にあったわけでも全然ないのに
とにかく家族が生きててよかった!と生きててくれるそれだけで幸せなのだ!
と突然実感したのでした。


突然の地震と津波で犠牲になってしまわれた方
命からがら逃げ切った身でご家族やご友人を心配する方
過酷な状況でこの震災の大きさをまだ知ることも出来ずにただ救助を待っておられる方
大変な衝撃を受けた子供たち・・・
そして
ご自身も被災されながら地域で救助活動をされている方
今は何の手を貸すことも出来ない私達素人の代わりに
専門の作業をするために現地へ向かった方
体力と知恵を絞って対策を立てている様々な人たち・・・
全てのひとのために何をすればいい?
何が出来る?
私に出来るのはただこれ以上被害が広がらないように祈ることだけ?
被害を最小限におさえることは個人では不可能だけれど
被災者への速やかな救援と復旧のためになら何か出来ないか?

・・・それは自分の普段の役割を果たすことでしょうか。
普段の生活をして 募金などに参加して
いつもより節電し(関西で節電してもなんもならんが)
そして東北産のものを利用して・・・

もっと何か考えなくてはと思います。
でも今すぐに出来ることは義援金だけではないか?

ネットのお友達の福島のmayuさんはなんとか無事でとても嬉しい。
でも以前コメントくださったゆみへいさんも福島の方なのでとても心配しています。
お住まいが海の近くではないかとか大変気になっています。

なんだかまとまらない文章になってしまいましたが
とにかく自分に出来ることを淡々とやって行きます。

COMMENT

金曜日から、被害の状況を見聞きし、私もずっと落ち着かない気持ちでおります。日向灘も地震が頻繁に起こる場所で私の住んでいるところも海岸沿いの町と言うことで、地震と津波自体が人ごとではないということもありますが、多くの人の命がこのような形で失われているこのときに、自分は日常の生活を送れている事への後ろめたさなのか。宮崎も津波警報が出てJRは運休し幹線道路である国道も海岸に近いところが通行止め。関東では計画停電ということも始まっていますが、そのうち九州でも生活の細かなところでじわじわと影響が出るかもしれません。それらの不便や不自由は当たり前のこととがまんし、義援金募集に協力し、そして、被害にあった方々のことをいつも心に留めて。本当に、今は自分が出来ることをするしかないなあと感じています。
去年、普通科高校をやめ通信制に転学し親としてはこの先どうなるのかと不安いっぱいの息子ですが、親子3人、今は元気に平穏に暮らしていることを当たり前と思わず、有り難いことなんだと改めて感じています。
hirokoさん、ブログの更新がないのでお忙しいのかと思っておりました。いろいろなことでお疲れになっていたのですね。お気持ちが元気になられることを祈っています。

とこはなさん、ありがとうございます。
本当に恐ろしい映像と不安が一杯の原発などの情報で本当は報道からはなれて目や頭を休ませなくてはいけないのだとも思うのですが被災された方がたや危険と隣り合わせの救助作業を行っておられる人たちを思うと中々日常には戻れません。
そう、我が家も受験のことなどで色々落ち着かないことがあり(私のせいなのよ・・・)私にとってはどうということの無い事でも子どもにとってはそれまでの人生最大の大問題だったりもして 本当にアタマが疲れちゃった、みたいになっていたのです。でも 何か、地震によって これが私の中では吹っ飛んでしまったようで もう自分の家族が生きていることだけでそれは充分に幸せなことだ、と感じるようになりました。なぜこんなふうに思えなかったのだ、と子どもに申し訳ない気持ちで一杯なのです。

だいじょぶ?どんまい!

こんばんは。
こちらは、今朝から俄かに生活が非常事態な感じになりました。我が町は『計画停電』の第3グループに属しているのですが、今日は結局実際の停電は無かったものの、電車が動かなかったり、ガソリンスタンドが長蛇の列だったり、買い物ができなかったり。子供の学校も休校のまま春休みに入るのかもしれません。
でも、本当に、ただ住んでいる所が違っただけで、激甚な災害に見舞われた方々が、ものすごく大勢いらっしゃるのを、目の当り(←?テレビを通してですが)にして、私も、家族が今ここにあることが、胸に沁みて有りがたいです。
親だって、子供だって、それぞれに不完全だから、いろいろ間違えることもあって、時には不協和音を奏することもある。んで、それを後から笑える時もある。なんか、そういう事全てが、生きている私達の、滑稽で愛おしい、家族の営みなんだよなー、と思います。
ダイジョウブ。 hirokoさんの、今までの、お母さんとしての有り様は、ちょっとやそっとじゃ、壊れない!
ドンマイ!ドンマイ!気に病まない! (良く知りもしないのに、厚かましい物言いSorrySorry。)
難しい年頃の私達ですが(←嘘。アタシのが結構年寄だった(^^ゞ)、明るく頑張ってまいりましょうぞ!

うん、うん、rumirumさんありがとう…。
子どもの方が強いんだよねー、色々。何となく私だけが色んなことを引っ掻き回して周りにダメージを与えてしまい、そのことにダメージを受けてしまっているような今日この頃です。。でもちょっとずつ回復はしています。落ち着いてきたら聞いて下さいね。
でも今心配なのは原発だわーー!mayuさんの所も避難?屋内待機か?になってしまったのかな。どうかどうか最悪の事態は回避して欲しいです。
NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/91-d30566ea

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR