fc2ブログ
  • 2023/08/30/Wed 17:44:18
  • COMMENT:4
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか

*************************************************************************

調子に乗ってぎりぎり8月も販売いたします。
購入ご希望の方は以下の点(*)をご了承くださった上、
9月3日までにご希望商品の番号(と名前)・お名前もしくはHNと返信アドレスを明記の上
このページのメールフォームまたは普通のメール・インスタDMにてご注文ください。
ご希望が重なった場合は抽選させていただきます。
ご注文が確定した方には9月5日ころに「ご注文確定メール」を送信いたします。

*************************************************************************

* いくつご希望してくださっても結構です。希望順を書いていただければ抽選の時に考慮いたします。
* ご応募の人数によりますがなるべくお一人が何点も当たってしまう…とならないようにしたいと思います。

今月は「この布見たことあるな…」な布を使ったポーチです。めんこいよ~。

****


DSC00820_R_R.jpg

↑いつも通りしょーもない写真だが実物を手にしたとき許していただけると思います…。

商品番号① こげ茶の白黒ねこポーチ ¥16000

DSC00811_R_R.jpg

黒っぽく見えますが濃いこげ茶のざっくり目の布にワンレン白黒ねこさんを刺繍しました。
これからのシーズン的な色合いのチェックと合わせました。


商品番号② カーキのきじねこポーチ ¥16000

DSC00809_R_R.jpg

カーキブラウンのオックス地にきじ猫さん。赤黒チェックで元気な雰囲気。


商品番号③ 白の三毛ねこポーチ ¥16000

DSC00814_R_R.jpg


アイボリーホワイトのコードレーン(帽子に使いました)に三毛猫さん。
この秋冬っぽいチェックはよく見ると三毛猫カラーですね…。


商品番号④ オレンジのきじねこポーチ ¥16000

DSC00813_R_R.jpg

淡いオレンジのコードレーン(こちらも帽子布)にきじ猫さん。
赤チェックは何色にでも合うのですが明るめの色と合わせると全体が可愛いらしい雰囲気になりますね。


商品番号⑤ カーキの黒ねこポーチ ¥16000

DSC00810_R_R.jpg

こちらもカーキブラウンのオックスと赤黒チェックに黒猫さんがお茶目です。


商品番号⑥ 白のきじ白ねこポーチ ¥16000

DSC00815_R_R.jpg

アイボリーホワイトのコードレーン、裏側はオレンジのコードレーンになっています。
渋可愛いマスタード系のミックスチェックが可愛いきじ白さんによく合っています。

 
商品番号⑦ こげ茶のきじねこポーチ ¥16000

DSC00812_R_R.jpg

濃いこげ茶の布に明るめのブラックウォッチ風チェックを合わせました。
きじ猫さんの目の色ともよく合って爽やか系ポーチに。


商品は以上です。
どれも同じ作りで ⑥以外は縦約10.5㎝ 横約20.5㎝ 底のまち約3㎝となっています。
⑥は少し幅が狭く 縦約11.5㎝ 横約18㎝ 底のまち約3㎝です。
表地は綿または綿麻。
内布は綿または麻で、一枚布だったり接ぎ接ぎだったりで↓なかなか可愛いです。

DSC00819_R_R.jpg

全てゴールドのファスナーにスエード調リボンをつけました。
そういえば小物の販売のお客さまはほぼ女性なのですが、
こんなポーチは男性でも使えそう…かな。猫好きさんにプレゼントやお揃いも激おしです。
(ホントにね、同じのが並んでるとめっちゃ可愛いんですよ…)
どうぞバッグの中の細々したものの収納・ペンケースなどにお役立て下さいませ~。


********
夏というのは何をしようと何もしなくともつかれるものですが
自分はこの8月、家族に心配らなければならないことがあったりした傍ら
新しい「お手軽撮影スタジオセット」構築を頑張ってきました。

上では従来通りのあんなどうしようもない写真を撮ったりしてはいるのですが
友人にたくさん助けてもらいつつ知識不足の脳みそであれこれ考えて
撮影環境を作るために家具の大移動やそれに伴って要らないものの処分だとかを敢行したり
道具にも(ちょっと)投資して、その上駆け込みで小物も作ったりなんかして
なかなか頑張ったのではないか…まだ何にも踏み出してはいないけど踏み出す準備は整ってきたぞ…
みたいな状況まで自分を持ってきましたよ。あとは実戦練習かな。まだしんどいことが続きそうです。
疲労困憊だから休憩もしながら進みます。新しいことというのはしんどいわね…。

*****
しかし小さな布に刺繍してそれを接いだりしてちまちま作る小物というのは本当に可愛いです。
(手前味噌でごめん)
ものを大事に使いまわしていた昔のお母さんが作る手芸品を一時「おかんアート」などと蔑む風潮がありました。
私は作れないよりダサくても作れるほうがいいじゃん?と思う人なのですが
自分の作るものなんかはまさに子供のためにというのが出発点だし
おしゃれな人からするとめっちゃ古臭い作品なんだろうなと思ってるんですね。
でも「自分はこういうの好きだからいいじゃん」くらいの感覚で今までやってきていたのですが
最近は「こういうのが落ち着く。安心する」とい感覚にもなってきました。勿論好き。

「すごくスタイリッシュでおしゃれで洗練された、都会的な…」みたいな形容のものに
刺繍というもの自体が中々そぐわないのですよね。
糸だからかなあ?布だからか?
「白い糸で先がぐるぐる巻いたようなサテンステッチのアルファベット」などはスタイリッシュではありますが
技術が未熟だったり色が増えたり有機的なモチーフになっちゃうと一気に都会から遠ざかる(ような気がします)。
自分の刺繍なんかはなんぼでも色使いますからどんどん田舎。どんどんおかんなんですけど
それが私自身に近づいているようで安心できるのかなあ。
この辺はもうちょっと良く考えてみたいですね…。

*****
つい昨日のことなんですけどワークショップに来てくださった方からメールいただきました。
そのかたも刺繍作品などの販売されてましてとってもお上手でご自身のスタイルを確立されており
その筋でとっても人気のかたなんですね。
そういう方が、海外に(商品を)発送するのに何を使っているかというのを尋ねてきたのですよ。
勿論「俺にまかせろ!」って持ってる知識を存分にお伝えしたのですがね
私は正直、そのかたなら海外にも発送とかしてたりするのだろうし
もしそんなに経験なくてもそういうのを聞く仲間というのは身近に一杯おられるのだろうと思ってたのですよ。

それを、私なんだ?!私に聞いてくれるんだ?!と、ちょっと驚いたというか。
確かに私は今まで海外に物を送りまくって、
毎年郵便局からは「マネーロンダリングに関するお尋ね」もらったりしてますけどね、でもね。
そんな私の経験が初めてお役に立てたのだ、と大変嬉しかったです。

…と同時に、ハンドメイド品を販売している人というのはやっぱり大抵「個人」なんだなというのを感じました。
いや、そのかたに「お友達いない」って言ってるんじゃないですよ?
「手作り品販売者団体」みたいなのが取引に関するノウハウを教えてくれるとか
そういうマニュアル的なものはなくて
みんな一人で模索しているのよね…ってことです。
どっかにインチキな「サロン」とあ「講座」はあるかもですけどね。
自分もこういう販売やってきてかれこれ20年くらいになりますが(すごいね!)
ずーっと一人でやってきたなあとしみじみしてしまいました。
まだamazon JPでは手芸の洋書もあんまりなくて
amazon Fr とか海外の本屋さんからどきどきしながら直接本を買ったり、
そういうのを「個人輸入」って言ってた時代です。はあ。

で、今回好きなチェックの布とか色々使ったのですが、
この前家具の移動やら不用品処分をした時に
布の収納場所も変えたりして、(割と最近整理したのに)ホントにアホみたいに小さな布も取ってあるわけでして
それ眺めていたら「この可愛い布使い切るまで死ねないなあ」などと強く思ったわけですよ。
そして死ぬ前に使い切ったらまた買うんだろうなと想像つきましたよ。
とりあえずあと3年くらい細々作って販売する布があることだけは間違いないです。(10年分くらいあるかも)
がんばらないとー。

COMMENT

こんにちは。

布を置くスペースができると、自分の好みな布が現れて、しまう場所もあるし、買っちゃおう!となる未来が見えます( ´艸`)

私も嫁入り箪笥の引き出し2段分、たっぷり布がしまわれ、とても全部使えるとは思えませんが、むかぁし、子供に誕生日プレゼントにもらった布だけは使わねば!と最近作ったバッグの内布に使いました。

「マネーロンダリングに関するお尋ね」!!
そんなお尋ね郵便局が出してくるのですね…。初めて知りました。レアな知識だけど、教えて貰うと心構えが出来てとても役に立ちそうです。

ポーチ!!すごくかわいいです。
こういう小物、物凄く弱いのです。
1個でも沢山あってもとにかくかわいい!!

小物ステキ

今季はとてもよく頑張って作品作りをしてくださりありがとうございます。毎回目がハートになっちゃう。細部までとても丁寧なつくりなのが特にステキ!私ところにも来ますように!

わずかな布も捨てられませんよね。
ちまちまと言うけれど…
hirokoさんの作る小物、大好きです!
NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/903-2cc6ea8c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

刺繍キットの補足説明


私へのメールはメールフォームからお願いします。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR