• 2011/01/05/Wed 13:55:03
  • COMMENT:2
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:未分類

年賀状あれこれ

個人的に「出そう!」と思ったときに刺繍付きとか長い文面のお手紙をよく出すので
「年賀状」というのは自分個人としてはすっかり出さなくなったのですが
子供たちがお友達同士でやりとりしている年賀状を見るのは毎年楽しいものです。

学年が上がって高校くらいになると さすがに儀礼的なものは減ってきますよね。
(まあ、男の子だと家族用の写真の印刷された物に手書きの文字無し、なんてのもありますが)
そんな中 小さな文字でびっしり近況を書き込んであるものや
印刷ではない凝った絵柄のものが増えてきて それらの力作にもうなりますが
なんといっても楽しいのは末っ子に来るものです。

一生懸命丁寧に書かれた、でも見ていてヒヤヒヤするような
子どもの文字や絵は 大人になると書けなくなってしまうけれど大変味のあるものです。
手の力が少ないからでしょうか、あの線の震えは。

といってももう5年ともなれば お習字を習っている子は立派な宛名を書いてくれたりもするのですが
まだまだ面白誤字や意味不明の絵柄とか満載です。

まず、住所や名前がちょっと難しい漢字なのでみんな微妙に間違えている、
しかしその間違えるポイントがこどもによって違うのですよね。
思わず笑顔になります。
そして 新年おめでとうの言葉の後に「byアツや」とか
「来年もよろしく」(ちゃんと去年中に書いてくれたんだよね!)とか
笑ってはいけませんが ほほえましい間違いだらけ。
頑張って英語で書いたものはスペルも怪しいですが文法も日本語だったりします。

今年一番の極めつけはなぜかさそり座といて座の絵を(もみじみたいな星を線でつなげたもの)
描いてくれてあったもの。なぜ星座?しかも送り主もうちの子もさそり座やいて座ではありません…。

うちの子供が出した物も余所のお宅で微笑を誘っていることでしょう。
(毎年一枚目だけ物凄く丁寧に描いて 後は急激に雑になっていきます。
何枚目にかかれたものかおおよそ判断できます。)

こんなおもしろ年賀状も小学校までですかねえ。とても残念です。




COMMENT

そう言えば

我が家の高校生には、友達からの年賀状はなく、紅白が終わった頃にやたらと携帯がぴろぴろ鳴っていました。あけおめメールと言うものでしょうか。ちょっと気になるあの子から年賀状が来てないかと家族より先に賀状の束を調べるドキドキも良いものだったなあとしみじみ思う母です。
以前、小学校に勤めていましたが、子供からの賀状は楽しかったですよ。「勉強、がんばってください」と書いてあったり、宛名が「先生様」だったり。全体的には、女の子は凝っていて、男の子は素っ気なくて。でも、担任に出そうという気持ちはうれしかったものです。

ことしもよろしくですー

ああ。メールは来ているようでしたねえ!
味気無いようにも思うけど
大人の仕事の付き合いとかならいざ知らず 表も裏も印刷だけの葉書よりは生の気持ちもこもっていようと言うものかもしれませんよね。

先生をしておられたのですか。ご自身に宛てられた微笑ましい面白葉書がいっぱいあったのですね!

私は 上の4人が小学生だった頃、当時の小学生たちを可愛い、とかさほど思ったことは無く
中、高と過ごしてもやっぱり「中学生っていいわー」などと感じることも少なかったように思うのですが
末っ子に関しては何かもう現役の親を退いたような、変に達観というか諦念というか
上4人を育てていた時のような無我夢中の感性では育てていないようで ただもう可愛く 
(あー!既に孫?みたいな感じなのかも)小学生ってこんなにばかで面白いんだ!と毎日楽しく感じています。
NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/85-22cc0a4b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR