FC2ブログ
  • 2018/02/26/Mon 16:45:34
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか


まだ油断できませんが「四寒三温」くらいになってきたのかしら!?ちょこっと春めいてます。
花粉と砂の心配出てきました。
↑私はまだデビューしてない(ことにしている)のですが
年がら年中マスクのかたはこれからが最もつらい時期でしょうか。どうぞお大事になさってください。

どうなるか全く危うい橋をわたっておりますが
昨日は末っ子もいっちょまえに入試だったりしたわけで
「家族の誰かが受験する」というのはたいていのかたより数多く体験しておりますが
慣れてるようで何べんあっても大変疲れる行事です。
そんなこんなもあったりでちょっと刺繍が遅れ気味でございました。

******
そんななか最新の刺繍はまだシャツになっておりませんが今日はここまでで休憩。
とーってもきれいなちゃとらにゃんこ。

to2_R_20180226143336c98.jpg

明るい優しいオレンジのお写真で
仕上がりを見ると以前の茶とらの刺繍とたいして差は無いかもですが
いつもと違う色糸も使っていろいろ工夫してみましてなかなか勉強になったにゃんこです。
茶色はいっぱい持っているのですがにゃんこにぴったりの色はなかなか見つけられないものです。
それからオリムパスさんの茶系の糸、どうして736と737の間の色が無いんだよ!と
本当に毎回毎回そこを埋めるのに手を尽くすのですが
そのような手間できっと私はまた階段を一つ上がっているのだわーとの希望的観測を勝手に持って
何とか仕上げていけています。どこまで階段あるんだよ。

同じにゃんこでもう1枚作りますので次はスムーズに行けるといいなと願っています。

******
「ランちゃん・クルちゃん」に注文主様の関係者の方が拍手コメントくださいまして、
実物シャツを見ての刺繍をお褒めいただき大変うれしくなりました。
わざわざお知らせくださってありがとうございます!!

持ち主のかたももちろんやり取りのなかで、
最後に到着した実物シャツをご覧になってご感想を下さりとても安心しました。
その次のわんこシャツも
「そうそううちの子はちょっと色が薄めでちょうどこんな感じ!」みたいなご感想と
サイズ感もちょうどいいという言葉をいただいてめちゃくちゃ安心しました。

日本のかたのシャツはすぐに到着するので
私がちんたら次のシャツの裁断とかやってる時の嬉しい報告は
「よし次もがんばるぞー」という励ましになります。

これが海外のかただとどんなに早く送っても
次の刺繍の最中とかその次の刺繍中だったりして
そうなると前の刺繍についての私の記憶はもう薄れてしまっているのです。早すぎだろ。
しかしもう完全にその時している刺繍が全て、になってしまっているので
「すごいそっくり!」などと言っていただけても「えーとどれだっけ?」くらい失礼なことに。
(いや、ちゃんと思い出しますけどね)

海外の小皇帝たちや、別にチャイニーズじゃなくても複数枚希望される方は多いです。
飼っているにゃんこの分だけ作りたかったり。わかります。
でも同じ人のご注文ばかり受け続けるわけにもいかないですし(今は新しくは受けていません)
2着のかたも二つ目はちょっと後まわしにさせてもらうことがあったりするものです。
(1年くらい待たせちゃったりね)(日本の2着の方はだいたい続けて作ります)

冬に作った方が発送時のやりとりで「また注文してもいい?」と聞いてくれて
「うーん、すぐには作れなくてまた1年とか待たせるかもですよ」などと答えました。
海外の人はメールのやり取りからものんびりした感じの人が多く、
そのうち忘れちゃう、興味を失う、ということもあるので
それならそうなってくれてもいい…くらいののんびりさをすでに私も身に着けました。
するとシャツが着いて少ししたころ
「布はソールドアウトになってしまうこともあるので次の布を決めておいていいか?」
などとまたメールがやってきて、
それもそうだな、まだ作る気全然無いけど…と「布はどれがいいの?」とだけ聞いてみました。
(実際売り切れて再販の無い時もありますから、手に入るうちに買っておくのは悪くないです)
すると即座に「赤い布。サイズはいつ送ったらいい?」と返信がやってきました。
赤は常にあるわけじゃないのでまあ買っておくとして
大きな男性用だとちょっと用尺が増えるので一応サイズも聞きます。
でもすぐじゃなくてもいいような…と思って
「そのうち暖かくなったら教えてください。猫の写真もちゃんと撮っておいてね」
などと返信したんですよ。1月に。
すると先日「サイズこれこれ、今度女性用。写真はコレ!」とメールが。まだ2月だぜ。

…でもでも、この方は届いた実物のシャツも見て
そのうえで次はどなたかへのプレゼントと思ってリザーブした訳ですよね。
それ、彼あるいはプレゼントされる彼女が実物をとっても気に入ったということですよね??
まだ実物を見る前に「また注文したい」って思っても実物を手にして失望してたら
また作ろうとは思わないですよね。。
なんかせっかちなお客さんではあるのかもしれないですが
とりあえずこれは喜ぶべきことだわね?と納得いたしまして
また私も布屋さんのページ開いたりしてるわけですよ。こないだ山のように買ったのに。

一人で刺繍をしていて、なんとなく落ち着かないことがあったりで
なかなか進まなかったり難しくて上手く行かずに解いたりしていると
本当に孤独に暗い気分になってきます。
刺繍自体は好きだし続けるけど注文を受けるのはもうやめようかと何度も何度も思うのですが
時々こういう「のせ上手」なお客さんがいてくださると
「ああ~、やっててよかった!」と気分上向きに作業が出来ます。ほんと単純。
「自分の好きなものを作る」のも大事で時にはやりたいのですけれど
「リクエストされたものを作る」ということは本当にいろんなことの克服になりますし
待っていただいてそれをしているのだから
もうしばらくは頑張らないといけないですね。。


***********
ちょっと前に「少子であるほど、または高齢出産であるほど女性は長寿」という記事を見ました。
そりゃそうだ、と思います。
ただこのデータは18~19世紀のデータだそうで
栄養状態とか衛生状態とか全然違う現代ではあてはまらないのですが
でも驚いたのがその寿命の差ですよ!
「当時90歳以上の人の平均出産数1.4人で60代で亡くなった女性は3.1人」ですって!
私とかもう死んでんじゃないの!?って差です。
現代ではその差はもうちょっと縮んでいるだろうという気はしますが
でも普通に考えて私の体の中身とか結構すっからかんになってるはずですよねえ?
そうすると現代に置き換えても平均寿命よりは短いのは当たり前で
(今の長寿記録を支えてるのは結構たくさん産んだ世代にも思えるが)
そこからどのくらい引き算するべきなんだろ…などと考えてたところで
俳優さんが突然お亡くなりになったりして
あああ、健康そうに見えても人には病気が潜んでいたりするのだな、
見るからに出不精で不健康そうな私なんかだと
この「くらくら」するのだってもう病魔からの最終警告かもしれん…などと思ったり。

「そんなら一遍病院行って調べてもらいなよ」て思いますよね。私それが怖いんです。
何か不治の病や重い病気が見つかったら怖いんじゃないです。
「ただの運動不足ですね~」とか言われるのが恐ろしいのです。
小さい時から何らかの症状があってお医者さんに行っても「原因不明」となっちゃうんですよ。
腎臓弱かったり肝機能低下だとか特に原因なくて
機能が未熟だったり(今は老化が激しいと言ったところか?)するだけ。
あの徒労感と、病院に行ったことでその場で風邪とかもらってきてしまう抵抗力の無さで
病院自体が近づいてはいけない場所となっています。ほんと虚弱って嫌だわあ。

倒れた時が終わる時だわ…と肝に銘じて
せいぜいやらなきゃならないこととやりたいことをやっていくしかないのですよね。
為せば成るかは分からないけど為さねば成らぬ、だもんね。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/579-a1476fcd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりませんが
気まぐれにお受けする場合もございます。
しかしお待たせします。

メールへの返信は基本的に遅く
返信できない場合もあります。
返信が来たら「ラッキーかも?」程度に
お考え下さい。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→


メールの不着がとてもよく起こります。
私へのメールはメールフォームからお願いします。
私からの返信が届かない場合
ご使用のパソコン・携帯のメール受信に
関するセキュリティーの設定を変更することで
解決できる時もあります。
でも単に私が返信していない場合もあります。
返信が必要な時は予めその旨お知らせください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR