• 2018/01/06/Sat 22:42:01
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:洋裁


*****************************************************************************************
<予告> 12番さま、明日以降のブログ更新で改めましてハンカチの抽選をさせていただきます。ごめんなさい。
捨てる(別に捨てられたわけではないと思いたい)神あれば拾う神あり。私も一生懸命刺繍したものです。
どなたか欲しいと思ってくださる方にもらっていただければとてもありがたいです。
エントリーしていただいた順に並べて総数からまた「乱数メーカー」で一発勝負と行きたいと思います。
詳細は明日(1月7日)以降の更新で!
*****************************************************************************************

寒波さんとか全然お越し頂かなくて結構なんですけどね。寒いです。
大寒波襲来時にはそこまで役に立てるか分かりませんが
普通の冬ならOKかな、という次男コート2着目出来ました。(4日に糸買ってきました)
なんでしょね、濃いグリーンのようなグレーのような。とっても綺麗な目の詰まったウールです。
重く滑らかで着てみると不思議な艶でどことなく特殊な布みたい。

co2_R.jpg

コートも連続で作るとしばらくぶりで忘れてたボタンホールも上達します。
ほら↓見て見て!!こういう起毛の無い布だと出来具合が如実に目立ってしまうのですが
まあまあ上手く行ったような。

co1.jpeg

ま、ほかの場所にやっぱり多少突っ込みどころがあるのですが
売り物じゃないからいいんです。
(そして予想通り型紙の修正をせずしまい込む私…パターンに注意書きをするだけはしました。)

裏付きのものを作っていると最後の方でわんさとやってくる手縫いの部分が苦にならないというのは
洋裁好きにとって大変好都合です。
パンツやニットのカットソーみたいに全てミシンで出来る、という縫物も勿論好きですが
とにかく「針打って縫ってアイロン縫ってアイロン針打って縫ってアイロン縫ってアイロン」
みたいなちまちまちまちましたことを延々と繰り返して
たくさんあった部品がやがてあら不思議1つに合体するのが
楽しいのですよね。プラモデルとかの工作と同じ。
刺繍は絵画みたいなものですよね。私は図画工作が好きなんですね。

*****
ポストカードを注文してくださった方々、ありがとうございます!
今日ご注文くださった方が
「『これ自宅プリンターで作りました?』みたいのだって150円とかしますよ!」
と書いてくださっていたのですが
写真が趣味でインクの数の多いプリンターを自宅に持っていても
印刷所の印刷機には敵わないのではなかろうかと思いますし
インク代も地味に高いですし
さらに紙に合わせて細かな調整、なんていうのは技師がいないと出来ないですし
折角売り物作るなら私は断然プロに丸投げ派ですね。しかも神ですしね。
しかもうちのプリンタ、ブラザーのお安い複合機ですしね。自分の撮影がそもそもダメですしね。。
(※売り物以外には全く責任てません…)

もうこのポストカード、すごいですよ。自画自賛。ていうか自画のところ刺繍なだけで
その撮影もデザインも紙選びも印刷もプロにお任せなんで。
私の刺繍がプロたちの手によってまるで名画とみまごうポストカードとなっております。素敵。
猫好きの方へのお便りや何かプレゼントするときのメッセージカードなどにしてもよさげ。
どうぞ私の気の変わらぬうちにご希望の方はお知らせくださいませ。ふふふ。


*********
クリスマスのころ「今年やること」リストが大方片付いて
自分への「ご苦労さん」として、何か買おうかなと考えていたのです。
でも丁度ポストカードが出来ちゃったりコート作り始めたり
あるいは人へのプレゼントに大サービスのEMS使っちゃたりやりたい放題して
満たされちゃったりしたせいかどうでもよくなってしまっていたのですが
当初色鉛筆を買おうかなと思っていたのですよね。

この前人の顔を刺繍してみて
あれをやるには刺繍の前に一度描いてみる必要があるな…と感じてのことなのです。

昔むかし、私は体が弱くて(今もだけど)小中学校のころ、
お茶の水の医科歯科大に毎週検査通院していました。
(治療じゃないんですよ、検査。
数年にわたる検査の結果は特に大きな異常ないけど色々臓器の機能が低下、みたいな。)
行きの電車も激混みですが病院もすごーく混んでて会計だけでも3時間待ち、みたいな案配で
中学になるとその間に川を渡って丸善とか画翠LEMONを覗きに行っていました。

そこは私のそれからの好みを決定づける夢のような空間で、
素敵な舶来文具を眺めたり 洋画のポストカードやおしゃれなレターセットを観察したり
小銭をもってLEMONでスタビロの色彩色鉛筆を1本ずつ揃えていったり
カラーインクやペン先を少しずつ買いたしたり カラーの封筒を数色選んだり
とにかく毎週それだけが楽しみでお茶の水に通っていました。
(ホントに母には心配とメーワクかけました)

高校の時までそれらの画材は大変大切に使っていましたが
その後私は悲しいことに自ら画材に浸る生活から離れることになり
ずっと後、子供が生まれ育って「お絵かき」するころに私はそれらの色鉛筆を与えました。
鉛筆はかじられたりすぐに芯を折られたりしましたが
私はそれにひどく怒ることはありませんでした。(普通には叱りましたよ)
それは多分子どもを育てている日常の中で
あれほど夢中に画材を使っていられる時間は無い、という諦めによるものだったように感じます。

それでも一度「色辞典」という色鉛筆セットがまだ割と新しかった時に
思い切って買ってみたことがありましたが
この色鉛筆は私には合わず(ちょっと硬質なんですよね)(子どものものに)
やっぱりいつか買うときは柔らかで鮮やかなものがいいかな・・・
子どもに手がかからなくなった時、また描けるかな・・・

などと感傷的に思って25年てとこですよ。その間に刺繍や洋裁出来てたじゃん。
やればなんだって出来てたのかもしれません。
どんだけ迷ってたんだ?!YOU買っちゃいなYO!ですよね。。

一度離れたところへ戻るのってちょっと照れくさくないですか。
編みかけで放置した毛糸モノの続きってなかなかできないじゃないですか。
小さくても大きくても過去の挫折に向き合うのは難しい。そんな感じ。
刺繍するときに必要があったりで「全く絵を描いてない」などということはありませんが
色鉛筆を使ってちゃんと描くなどというのは三十何年ぶりかいな、描けるかな。

ああ、アレですね、私の運命を決めたひとというか紫のバラのひとというか初恋のひと?
以前と変わらず燦然と輝く運命のひとに、私の方はなんかえらく歳取って草臥れちゃったけど
もう一度出会ってやり直す・・・のではなくて新しく始めることは可能かな。
相手も多分進化しているはずですが私ももう当時の私ではないはずです。(下手になってるか?)
うーむ、色んな色鉛筆のレビューを見てドキドキが止まりませんな。


COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/571-5d7309de

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりませんが
気まぐれにお受けする場合もございます。
しかしお待たせします。

メールへの返信は基本的に遅く
返信できない場合もあります。
返信が来たら「ラッキーかも?」程度に
お考え下さい。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→


メールの不着がとてもよく起こります。
私へのメールはメールフォームからお願いします。
私からの返信が届かない場合
ご使用のパソコン・携帯のメール受信に
関するセキュリティーの設定を変更することで
解決できる時もあります。
でも単に私が返信していない場合もあります。
返信が必要な時は予めその旨お知らせください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR