• 2017/11/19/Sun 13:14:51
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか


インスタプレゼント用の小物、まだ完成していないのですが(スミマセン)
急遽お知らせを。

昨日18日より京都LINNETさんでのワタクシの刺繍の小さな個展が始まりましたよ~。
…ちょっと時間をさかのぼりまして11月に入りましてから個展に関する細かいことと
全然関係ない出来事でドタバタしていました。
さらにこの週に風邪気味となり、週間天気予報を見ていると土曜日は
「豪雨や落雷・突風などにも注意」などと大荒れの天気が予報されており
もうお墓参りからの京都行きは無いなあなどと意気消沈していました。
でも18日って、自分の母の誕生日なのですよ。で、なんだかこの日にお墓参り行きたい気がして。
(自分も歳をとったなあ、ということか)
で、お墓参りだけ行こうか?とか考えてたらですよなぜか急に
この荒れた天気の中、もしお一人でも刺繍を見に来てくださる方がおられたとしたら…
「でもワタシ出不精だし~」などと言って外出しない、
もしくは外出したのに京都を通り過ぎるのは人としてどうか?などと謎の義侠心がむくむくわきまして。

自分、結構本降りの雨の中昨日は朝一番の急行に乗って出かけまして(東京まで)
帰りにリネットさんへも伺ってまいりましたともーー!
(幸い雨は朝だけで東京はまだ降ってなくて帰りの京都はすでに雨上がり。)
「烏丸御池」の3-1という出口が突然閉鎖中で3-2から地上に出たのが間違いで
南北を逆に歩いてしまい、姉小路が出てこなくてすぐ気づいたからよかったですが
やや迷ってLINNETさんへ。うわあ素敵に可愛く展示してくださってあります!
布ものだから当たり前だけどお店にもマッチしている!気がする!こんな感じ。

IMG_2199_R.jpg

シャツたちはついこの前まで家にあったものなので
自分として何か感慨深い、とかはないのですが
久しぶりに再開した額入り刺繍、もう自分の作ったものじゃないみたい。
「え、これなかなか上手いじゃん」などと他人ごとのように感じました。
もうすでに画像でしか見てないものなので改めて実物というのは静かな迫力あるな!と感じます。
ご自分も刺繍されると、写真に撮った時にその画像見てもあんまり気づかないものですが
(刺繍自体の記憶が新しいですからね)
実物と写真て全然違うものです。
私の本の中の刺繍画像は完成品はプロに「こう撮って」とお願いして撮っていただいて
印刷でさらに工夫をしていただいてかなり気合入った画像になっておりますが
それはまた実物と違った迫力になっていますし
普通に撮ってディスプレイで眺めている刺繍はどんなにイイ感じに撮れていても
目で見る実物と全然違うのですよ。

l3_R_R.jpg

前半はばんさんちの子たちがいっぱいですね。(ご提供いただきました。ありがとう!)
窓辺のディスプレイも素敵です。

l9_R_R.jpg

私はいろんな国へ本が旅立つたびに勝手にその国のその方のお部屋の机や本棚に
私の本が置かれているのを想像して
「アメリカはOK、イギリスもOK、フランスもOK、中国もOK、日本もOK」などと
どんなところに置かれても安っぽく見えないデザインを自画自賛していますが
LINNETさんの素敵な窓辺もOKでございましたよ!ぜひ皆様も確かめて!
(ちなみにウチにある本は日の当たらない部屋の段ボールの中に保存、なので残念な状態だわ…)

それからですね、最後になってしまったけれど
そんなに良いお天気ではなかった初日に足を運んでくださった方がた、本当にありがとうございます。
お会いできなかったけれど楽しみにしてわざわざ遠くから見にきてくださったり
一言帳にお言葉を残してくださった方々、本当に嬉しいです。ありがとうございます。
それからたまたま私と出会って刺繍をほめて下さったかた、
ご自分の刺繍の画像を見せて質問してくださった方、(御上手でしたよ)
テレビもご覧になって下さっていた店員さん、
素敵にディスプレイしてくださったLINNETのみなさま
そしてお花を贈ってくださったmayuさん、本当にありがとうございますーー!
お店の雰囲気にもぴったりでとても嬉しかったです。
嵐の予報に負けずに外出して良かった!と心から思った初日でありました。
まだまだ始まったばかりですしハンカチ当選率はそんなに下がってませんよ~。

******(悪魔のささやき)
一方LINNETさんには
ウールの可愛いカットクロスやプリントコットン、いい色合いのリネンが充実しています。
アンティークっぽい素敵なレースもありました。
あれこれ悩ましくなりますがやっぱり布屋さんで実物を見るときが一番想像も膨らむときですよね。
私はボーダーのリネンを買ってきました。これもインスタプレゼントに入れるつもり。
ウールにビーズ刺繍のがま口とかも作りたくなりました。

実際に布屋さんに行くと自分は一番脳が働いてる…という気がします。
そのあと家で手を働かすのが大変なんだけど
「自分はどうせ作らないから」とああいう創造のための空想を吹き消してしまうのは
あんまり良くないような気がします。
たまにはあの妄想通り手を動かすために投資するのも悪くないですよね。ふふ。

<続き>は全然どうでもよいことです。

**************
この前ツイッターで出回っていた文章で気になるものがありました。ものすごく省略して
「無傷に見える人も何かをあえて言わないようにしている
書かれたことよりかかれなかったことのほうが多い
友達との写真をSNSにアップし続ける人に足りないのは友達
幸福な人は自分が幸福だと言いふらす必要はない
一見優しい人は本当は冷たい人だったりする」というもの。

そうかもしれないな~と思う部分もあるけれど別に人によって違うだろというところで落ち着いていますが
自分はこの言葉を読んだときに
「自分て結構過去にさかのぼってツライツライ言ってるよな~、その場合はつまり
ホントは全然辛くないってこと?もっと辛いのが必要だということかしら?」というのと
「嬉しかったことなどもばんばん書いたりしてるけどそれはもっと喜ばせてよ!という要求なのか?」
「自分はラッキーであると良く書いてるけどそれは全然運がないよな、と思ってるてことか?」
とかちょっと考えてしまいました。確かに宝くじとか当たりたいけど。

いやいやいや、正直に思うこと書いてるだけですよ。
「〇〇な人は本当は××だ」とかそんな決めつけられても…ってちょっと抵抗感じるのですよね。
この言葉の裏にはこのような心理がある、とか言われるとなんだか何にも書けなくなっちゃうじゃないですか。

そしてね、一番気になったのが最後の文章。
私には一見優しくて本当にやさしい、と確信してる友人が何人もいて思ったのだけれど
優しい心を持っていてもそれを行動に出す勇気なかったら優しくないのと同じとみなされても仕方ないのよね。
本当にやさしい人ってその、
行動に出ない優しさを理解してあげる優しさまでを持っていたりするよね。
優柔不断はその文字の中に優しさ入ってるけど優しくないことか?
冷たく切るのが相手にとっても優しさか?どの立場で考えればよいのか?
色々考えます。

この人の言っている優しいの定義がどんななのか分からないけど
優しくされたらば、たとえその行動に何か目論見があろうと、下心があろうと
その時はやっぱり嬉しいし感謝したいし「ホントは冷たい人なんだろうな」とかユメにも思いたくないよねえ。
後でもし「ホントは冷たい人だった」と思うようなことがあっても
もらった優しい行動まで全部否定するのもなんか割り切れないような。
否定出来たら楽なんだけど。
その人だって誰かには優しい人なのであろうし
まさに人は人に見せている部分より見せていない部分のほうが遥かに多いのだろうし。
そんな少しの部分で「この人は本当は冷たい」とか断じるのも何様かと思ったり…

だからそのほんのちょっとの見せあっている部分で
「この人は優しいなあ」とか「この人大好きだわあ」とかそういう風に思えるのなら
そのつながりはせっかくだから大切にすべきものなんじゃないかなあと思います。
見せてくれてるいい部分も「いいな」と素直に見たいです。
ということは逆に「む」て思うところしか見せない人、というのは
こちらが、その人の「自分のよいところを見せたい対象」になってない、てことなのかもしれないですね。
ほら、自分の前で普通に平気でタバコ吸う人とかって
「あなたの健康とか考えてないし」ってことでしょ?

…なんてことを新幹線の中で思いました。

帰りの新幹線をホームで待っていたら向かいのホームに「はやぶさ」が入ってきて
車両の電光掲示板に函館までの停車駅がでていたの。
そしたら「上野、大宮、仙台」って出るじゃありませんが!え?仙台3つ目?
東京からだって3つ目はまだ名古屋だよ、京都まで来れないよ?と思ったら仙台近っ!
(あれ、福島はいずこ?)

ざっと出不精の私の中での「遠さ」ではロサンゼルスくらいに感じていた仙台は
東京から3つ目の至近距離でした。
でも昨日の日帰り上京京都寄り道を終えた私は
「もう外出の予定ないもう何処にも行かない」となってます勿論。
午後はプレゼントの続き作ります。
(私は多分あんまり優しい人ではなく、沸点まで来たら手のひら返すタイプですが
本を買ってくださった方には「良い自分」を見せたいと思っているのです。)

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/557-21e1f5f5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりませんが
気まぐれにお受けする場合もございます。
しかしお待たせします。

メールへの返信は基本的に遅く
返信できない場合もあります。
返信が来たら「ラッキーかも?」程度に
お考え下さい。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→


メールの不着がとてもよく起こります。
私へのメールはメールフォームからお願いします。
私からの返信が届かない場合
ご使用のパソコン・携帯のメール受信に
関するセキュリティーの設定を変更することで
解決できる時もあります。
でも単に私が返信していない場合もあります。
返信が必要な時は予めその旨お知らせください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR