• 2017/11/09/Thu 13:27:12
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか


爽やかなお天気です。
先週外出した日もこんなだった…あれから雨あり曇りありでしたがひたすら刺繍してました。
ほらあの中国刺繍の人。私が「手荒れがあるので絹糸扱えない」って言ったら
彼女は自分を「フルタイムエンブロイダラーだ」と称しているのですが(先生だもんね)
「寝る前にハンドクリームをつけて15分マッサージして、手袋付けて寝る」って言ってました。
「ヒロコもやってごらんよ!」って。…こういう習慣に対する覚悟が本物のプロと兼業主婦を分かつんでしょうね。。
1日で挫折した毎日素手で家事炊事の主婦・hirokoでございます。

*********
LINNETさんで私の刺繍を展示してくださる11月18日~12月9日までの間に
LINNETさんの店頭で"Embroidered Cats"をお買い上げのかたから抽選でお二人に
刺繍入りシャンブレーハンカチをプレゼントいたします。 じゃん!

today4_R.jpg

クオーツグリーンの白黒猫はちょっと気弱なお兄ちゃん、ブラッドオレンジはおしゃまな妹猫、って感じかな。
これね、刺繍はシャツの時ほど手の込んだものじゃないのですが
シャツとおんなじLINNETさんのシャンブレーですからね、とっても綺麗な色あいで
あっというまに乾くハンカチとして素晴らしい機能の布なのですよ。
本をお買い上げの時にシリアルナンバー入りの抽選ご案内メモが同梱されます。
このハンカチ現品も一緒に展示していただく予定なので
どうぞ「どっちが当たるかな~」と楽しくご覧になってくださいませ。クリスマスまでにお送りできると思います。

*********
さてさて。LINNETさんには本の刺繍、これは二度に分けて(途中で入れ替えがあるのです)の展示ですが
そのほかにシャツを6枚くらい用意できました。そしてエプロン1つ。
それから小さな刺繍額と上のハンカチのほかにも小物が2つ。
色んなタイプの柄のねこ刺繍がありますので刺繍なさるかたには参考にしていただけるのでは。

本の完成刺繍写真以外の写真は私のへっぽこ撮影なので
ネットで見てご存知であっても実物はなかなか色も艶も違ってまた新鮮なのではないかと思います。
私も今家にいつくかのシャツなどが並んでいるのを見てますと
普段はその時作っている1つしか見ないわけですから
「たくさんある」というのはそれだけでなんだか壮観で面白いなあと感じます。

とりあえず予定していたものは作り終え(途中で何か足すかもしれません)て
今日はやっとほっとしているところです。

私は先日ばんさんの個展を拝見してまいりましたが
自らが企画してこういうものをやろうと思うとざっと
①場所を借りる②宣伝のための準備をする③宣伝をする④展示物や販売物を用意する
⑤販売物がある時はそれに伴う様々なものや人の準備⑥展示
⑦販売⑧撤収…などとやることてんこ盛りで絶対私はやれません。

今回のようにどなたかが企画してくださったお話に乗らせていただく、という場合
私は①からすっとばして④と⑤の一部を用意すればいいだけなんですよ?
それでも④展示物を用意する、というのがもうすごい大変です。
テレビの時はさらにお客さま自身にも協力していただいたので
それに関するあれこれがものすごくものすごく大変でした。お客さまの方のご苦労は計り知れません。
それで「視聴率良くなかった」とか言われた日にゃあそっちは仕事で給料あるけど
こっちはタダ働きどころか持ち出しありだぞ、
私とお客さまにはメリットなしでむしろデメリットばっかりかなあなどと思うようになり
もうこういうのは全パスでまいりました。

でもたまたまギャラリーのかたの私物となった刺繍がいくつかあってくれた時に
そういうのをかいくぐっていつもお世話になっているお店からこんないいお話をいただいて
シャツも「もう1着を作ってもらってから一緒に送って」みたいな感じの「2着目待ち」の人が重なっており
1着目を手放す前に貸出しの許可をいただけた、などという偶然まで重なって
いくつかのシャツが手元にありました。今は海外のかたのばかり続いているので奇跡です。
そういうのも縁というか上手く道が出来てたのかなあと感じないでもないです。ホント偶然てすごいです。

また来年大阪の企画に便乗させてもらって本や小物を少々販売させていただくことがもしあっても
こんなにシャツを集められることはありえないですし
プレゼントなんてのは(抽選だけど)自分にとっては多分最初で最後の企画ですので
(このハンカチ私3500円じゃ売らない気がします)
ご興味ある方は是非ご覧になってくださいね!!


*******
今日は昨日刺繍が仕上がったこともあってちょとましになりましたが
ここ数日の変な緊張がまだ続いております。
これね、ネットじゃないところに(ネットだって一緒なのですが)刺繍を出す、というのは
自分にとって大変怖い出来事だからなのですよ。
ネットで私の刺繍自体を検索した訳でもないのに私の刺繍が目に入る、というのは
普通は刺繍関連を検索していてのことだと思うのですよ。それはよいのです。

何かの記事になっているところでたまたま目にしただけというのは多分少ない気がしますが
そういうのとか雑誌とかテレビのようなところで
私の刺繍など知らない、別に興味ないよ、な人たちの目に刺繍を晒すというのが
本当に恐ろしいもので、とても緊張するのです。
興味無ければスルーしてくれればいいのに石飛んでくる時あるからね。

で、またトラウマの出番ですよ。
弁護士の理不尽なことばとか縫いぐるみとか「私は要らないですねー」とかがぐるぐる耳の中に蘇って
気にしないとか考えるなとか思っても勝手に静電気が起こるみたいにぱっと蘇ってツライ。
こういうのは体験しちゃったからもう無かった時へは戻れないのでやり過ごすしかしょうがないのですが
そんななか最近嬉しいメールをいただきました。
中国のかたからで「私は自分は刺繍を全然やったことないのだけれどあなたの刺繍が大好きで
もう1冊の本も持っている。その本も可愛くてすごく好きなんだけど、新しい本はもっと好きです。
なぜなら英語で書いてあるので少し読めるから。英語の本を作ってくれてありがとう!」という内容でした。

以前、「刺繍の本を作って」とか「英語版をつくって」というメールを本当にたくさんいただきました。
といっても100通も無かったですよきっと。
それに本当に英語の刺繍の本を作ってもそう言った人が買ってくれるかは分かりませんでした。
でもあと数十冊で、作った本のうち半分が無くなります。
さし上げたり不着のロスなんかもあるから正確な数ではないけれど
440冊以上は売れました。3分の2位はちゃんと海外のかたが買ってくださっています。

それで、「英語の本を作ってくれてありがとう」…確かに私の刺繍の、英語の本を待ってくれていた人がいた。
買っていただいてこちらがお礼なのに、作ってくれてありがとうと言ってくださった人がいる…
英語で作ったことが報われます。(しかもその人英語が母国語じゃないのに。)

「物を作る」って結局最後は自分との闘いみたいなところあります。どこまで作り込むか、とか。
なので職人のように、本当のプロフェッショナルのように
誰がどんな評価しようと、しまいと、自分の思うままに作り上げるということを遂行できる人は
孤独だけど自由で幸せなんだと思います。
でも私にはそういうことは目標と思っていてもやっぱりできません。
ほんの小さなつまらない他人の囁きがいつまでも耳から離れず
それだけでもう今まで積んできたものも投げ出してしまいたくなる瞬間があったりします。
そんな大げさなものでなくても日々の「ああー今日の晩御飯何にしよう」とか
「冬もの出さなくちゃ」とか「明日またPTAだ」などということで
ココロは乱れて集中が途切れてしまいます。

でもね、そんななかなんとか「これ仕上げよう」と続けていられるのは
出来上がりを見て「かわいい」とか「刺繍を見るのが楽しみ」などと言ってくれる人がいるからなのですよね。
先日もインスタにベンちゃんがコメントしてくれていました。
「朝起きた時と仕事から帰ってきたときにヒロコの刺繍がアップされてるの見るの楽しい」だって。
もう私はベンちゃんが飽きるまで刺繍してアップするよ!!て思いました。
「英語で本作ってくれてありがとう」って言われて
もう後の本全部在庫になってもこれは作って良かったよ!って思いました。(売れてほしいけど)
私はそうやってちょっとでも楽しみにしてくれる人がいたら嬉しいし
その人に見てもらいたいと思って作ることが自分でも楽しいわけですから
なんかもう職人じゃなくてもいいやー、小さい狭い間柄の中で楽しむだけでも十分お釣り来るよなーと
今年はそういうことに気が付けた気がするのです。

去年は広い外で共通の人を見つけようとしたけどやっぱり広すぎて難しかった。
今年はもう家の中でこもってたけど狭いドアから入ってきてくれる人は居て
そこで楽しめた…そんな感じかなあ。

その締めくくりで 少なくとも手芸や洋裁が趣味だったり布や糸やボタンが好き、みたいな人ばかり集う場所で
自分の刺繍を見ていただける…それはそれで手練れ方がたの目に晒すのはやっぱり怖いですが
でもよく考えたらご褒美みたいな企画ですよね?
だからこのもやもやした変な緊張をとっとと捨て去って準備万端で18日を迎えたいなあと
今朝は思い新たにしたのでありました。
たまに針持たない日があるとすがすがしいこと考えるわね…。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/555-990279fe

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりませんが
気まぐれにお受けする場合もございます。
しかしお待たせします。

メールへの返信は基本的に遅く
返信できない場合もあります。
返信が来たら「ラッキーかも?」程度に
お考え下さい。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→


メールの不着がとてもよく起こります。
私へのメールはメールフォームからお願いします。
私からの返信が届かない場合
ご使用のパソコン・携帯のメール受信に
関するセキュリティーの設定を変更することで
解決できる時もあります。
でも単に私が返信していない場合もあります。
返信が必要な時は予めその旨お知らせください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR