• 2017/10/13/Fri 18:21:55
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか


なんと!この執念深いワタクシが「P&J和解」の記事をおさえましてトップに新しい記事を載せました。
自分自身はどこにも出ていかないけど自分の本は機会あれば表に出してゆく所存です。
でもですね、そんな機会、このまえ宮城で降ってきちゃって、もう運使い果たしたな、と思ってました。

そしたらですよ!奥さま!
3日くらい前にいつものようにLINNETさんでシャツ用の布を注文いたしましたら折り返しメールいただきまして。
たまたまお店に新人さんが入ったところで、たまたま私が注文しまして、
「そうそうこの人こんなのやってる人だよ」と店主さんが新人さんに私を紹介しとこ、と拙ブログ見せてたら
「何?ギャラリーで展示?展示するものあるの?」ということで「じゃ、京都でも」と
ぱぱぱーっと速攻で決まっちゃいました。

刺繍は私の持ち物ではございませんのでGranny’sさんに鳩レースみたいな伝書鳩しましてですね
「よござんす」、とちゃちゃっと進むのですねこういうのは。私を置いてけぼりにして。

今日は完成刺繍ないので本の刺繍ひとつ。あくびかんちゃん。ばんさんに撮っていただいた写真ですが
これの実物もやってくるかな。

DSCF4265_R.jpg

本をお買い上げくださった関西の皆さま、晩秋の京都へようお越し!でございます。
私の持っている私の刺繍、というのはほとんどございませんで、
なかなか生刺繍が何点か一堂に会するということ、今後も無さげです。
(また幸運降ってきたら分からないけどまあこれで終わりでは?)
私の刺繍に興味お持ちのかた、是非実物をご覧になってくださいませ。

そしてLINNETさんの素敵生地、「ネットで見たアレ」と名前判らなくても
カタログがあるので在庫ゲットできるかもしれません。お手頃カット布もたくさんあります。

近くには素敵な喫茶店なども多いです。
観光や美術展巡りとも合わせて是非お立ち寄りください。


*********
つくづく運に恵まれてますよね…。
私ってば心から「自己肯定」の出来ない人じゃないですか。
でもたとえばこの自分の本にはめちゃくちゃ自信を持っている人なんです。
協力してくれたかたたちのレベルの高い創意工夫によって
自分の刺繍をすごく良い所まで引き上げてもらった、と感謝しています。とてもいい本です。
そしてこの本はちょうど自分の良い盾になってくれてるなあ、という気持ちがします。
作ってよかったです。

主に刺繍のお好きな人が本を買ってくださっているわけじゃないですか。
すると「刺繍がきれい」「デザインが素敵」「色味が渋くてイイ」みたいな感想を言ってくださいます。
「写真が多くて分かりやすい」という声もいただきました。「文が面白い」と言ってくださった方もおられます。
ここへ、LINNETさんは「写真と印刷で布が実物のように再現できてるのすごい」と驚いておられました。
そう、色の再現がすごく難しかったのです。
これはプロの撮影と補正と印刷コーディネーターによる調整で成功したのですが
このことは実物を知り、それを撮影したことや印刷したことのある人でないと気付かない点です。
今まで指摘されたことのない点についてのご感想が大変うれしかったです。

本に関するところで色んな人と知り合いになり「コレ大変だったでしょ」と労われました。
ナイスなミドルや素敵お姉さまたちにも褒めてもらえました。
日本や海外の刺繍の好きな同年代のかたにも、
ちょっと若い人たちにもずーっと若い人たちにも
自分の刺繍や本を認めてもらえました。

そして今日はこの後書きます自分への褒美に関して
それをお願いした人が
まさに私にとってご褒美的目論見をもって考えてくださっていたことを知りました。

だから…そんなにもいろいろ考えたり私に伝えてくださったりする人たちがいるのだから
刺繍を知りもしない失礼な年寄りや同年代や若造や小娘たちの言葉なんて
もうそんなに恐れなくてもいいよ…
もう気にしなくていいんだそんなの…というような気持にまでなってきました。
(ここでまた躓きあるとめっちゃ辛そうだな。)
自分の鉾だけじゃしんどかったということですね。。

さて私は私の目標の「作った本の半分売る」というのをクリアできた時には
自分へのご褒美的にやりたいことがあります。
本はカメの歩みではありますが着実に減ってまいりまして
このまま昼寝しなければ年明けには達成できそうです。まだ分からないけど。
別に本作るほど大変なことじゃないですよ、
今でもやろうと思えばできるのですがそれは表紙猫のポストカードを作ることです。

なんだかね、本物の可愛い猫の写真というわけでもないし
ましてや芸術品でも何でもないわけで
そういうもののカードを作るって何?何様だよ?などと思っていたのですが
(刺繍売って本売ってるのにここまで自己肯定できない人も結構珍しいと思います)
私はこの表紙が(中の他の刺繍もね)本当に大好きなのですよ。
突然展示会をすることになって、自分の持っているものが本しかなかったので
ポストカードみたいなものもあったらいいかなあと
ふと目標を前倒しに考えてみたのです。

ネットの印刷屋さんでお願いしても別に良いものができたかもしれないのですが
やっぱりここは本を印刷してくださった神にお願いしたいところじゃないですか。
こんな私です、多分やっぱり1度しか作ることないのですからね、
200%満足できる人にお願いしたいでしょ?
以前、こういう場合はそちらで作っていただけますかと伺っていて
その時はちょっと私の希望通りにするのが難しいことが分かりまして諦めていたのですよ。

それで夕べ展示会のお知らせとともに再びこの件を伺ってみましたらですね、
たった今はある理由があってちょっと時期が悪いのですが
印刷の神はちゃーんと良い時期を狙って考えていてくださったのでした。
私今日はそれがとても嬉しくて。
ええ待ちますとも何か月でも、と思いました。

相変わらずぼーっとして嫌なことばに怯えるような自信のない人ではあるのですが
今日はなんだかちょっと生まれ変わって…はいないかな、
なんだかちょっと自分の持ってる武器と防具は結構イケてるぞと
実感した感じかな。嬉しくて姐さん呑んじゃったからね今日は。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/551-6bdd64f9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりませんが
気まぐれにお受けする場合もございます。
しかしお待たせします。

メールへの返信は基本的に遅く
返信できない場合もあります。
返信が来たら「ラッキーかも?」程度に
お考え下さい。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→


メールの不着がとてもよく起こります。
私へのメールはメールフォームからお願いします。
私からの返信が届かない場合
ご使用のパソコン・携帯のメール受信に
関するセキュリティーの設定を変更することで
解決できる時もあります。
でも単に私が返信していない場合もあります。
返信が必要な時は予めその旨お知らせください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR