FC2ブログ
  • 2017/10/02/Mon 08:58:21
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか


昨日は朝方寒さで目が覚めて、薄着で寝てしまったのがいけなかったのか風邪気味状態に。
発送あったりで外にも出たのが良くなかったのか夕方横になってしまいました。
でも必要以上に寝たら寝たで体が痛くなって
風邪状態は回復したものの背中が固まってしまった感のある週明けでございます。

そんなこんなであんまり進んでいませんねこ刺繍。

PA020101_R_R.jpg

この412番と413番がねえ、束になってるとまだいいのですが
1本が針に通っている状態だと全然区別付かなくて、
色変えたつもりで延々同じ色刺してたりして行きつ戻りつです。先は長い。

******
さてこの前!タイの方からご注文あったじゃないですか。
その方がお国の言葉のSNSで何か紹介してくださったのか
あるいはお友達に本を見せたりということがあったのでしょうか、
再びタイの方からのご注文が。こういう口コミ感あるご注文は大変嬉しいですよね。

で、ですよ。この前はローマ字に書き換えていただいたご住所いただきましたが
今度は全てシャム文字で。グーグル先生に訳してもらうとローマ字で出てくるのですが
住所はちょっと不安です。
例えばアメリカとかの住所でも「何々通り」的な表記は
「Road」もあれば「Circle」もあれば「Street」もあれば「Highway」もあったりで
果たしてグーグル先生だと「Road」と出てきましたが先生はRoad一辺倒なのかもしれないです。

そこでシャム文字を書いてみることに。さあ今度は長いですよ~。
อรัญยะพันธุ ←これお名前の後ろ半分。(名字?)上にも下にもオタマジャクシや9がついてます…
ถ.นนทบุรี1 ต.บางกระสอ อ.เมือง ←住所中盤。これ、上にお魚みたいなの乗ってる文字ね、
お魚のしっぽの数が違うんですよ!
字の最初や途中や最後についてる〇も左にあったり右にあったり
中央にあったりで別の文字になってしまうらしくてなんかすごい緊張しました。
きっと海外の人が漢字書く時もこのくらい不安になりつつ書いてるんでしょうね。。

このかたの住所はバンコクじゃないのですがどんなところかなあ…と思わず検索してみたところ
お近くに仏教寺院がありまして、わああー、極彩色の大仏さんと
寺院の屋根に炎みたいな(雲じゃないような)飾りがいっぱい並んで
その中央のてっぺんにはさらに大きなキンキラの飾りがまばゆくとんがった
いかにもタイ!のイメージの風景が。うわー、微笑みの国すごいカッコイイ!

一方今朝がた初めて「エストニア」からもご注文いただきました。
この前にゃんこシャツで「アルメニア」ってありましたよね?なんか近くかな?な雰囲気ですが
エストニアってリネンや琥珀で有名なリトアニアの近くの「バルト三国」のうちの一つだっけ?
(エストニアとリトアニアとラトビアですね)と世界地図を見てみると
ああ、もうフィンランドのお向かいなんですねこんな北。
アルメニアはざっと日本列島北海道の端から沖縄まで位南南東に離れてました。

あらためて地図見るといろんな国の人が本を買ってくださっているな~と嬉しくなります。
そうそう、先週も嬉しいメールいただいたのですよ。
デンマークの人で手芸の学校に通っている方が本を大変気に入って喜んでくださったのですね。
その方は以前ほかの手芸の学校にも通っていてそこで、
パッチワークの中国人の先生からねこシャツの本を見せてもらって
(その中国の先生は台湾の本屋さんで買ったそうです。台湾で売ってたんだ!)
それで私のことを知り、いろいろ検索してみたら今回の本を見つけたと。
学校に持って行って皆に見せます、と言ってくれました。口コミ嬉しい。
そんな素敵な手芸の学校はこちら。→
エスカ(刺しゅう入り布の箱)とか習いに日本人も数人来ているそうです。
可愛い建物がこれ。→ これでこのお庭にハリネズミいたりするんでしょ?ホントにめっちゃ可愛い。

出不精の私はこういうので十分な小旅行気分味わっております。手軽。
・・・などというあんばいで着々と本は旅立っておりますよ。頑張れワタシ。

*********
前回の日記の「嫌なもの見ちゃったな」というやつ、
あれは私が次男のために刺繍した次男のシャツを私が撮影したもので
別にあなたに買ってもらおうと思って作ったり撮影したわけじゃないですよと
今も「失礼な!」みたいに感じておりますが
その人もきっと、誰かだけのために何かを一生懸命作ったり
その人のためだけに誰かが何かを一生懸命作ってくれたりという経験をしたり思い出したりすれば
私の気持ちもわかっていただけるんじゃないかなーなどと考えてるうち
もう私の神様が「ハイハイ終わり終わり」と手をたたきました。

一方自分のインスタにいただくコメントやEtsyでのレビューは
大変うれしくいつも心が温まります。
本の感想をメールでいただくこともありこちらもとても丁寧で嬉しく読んでおります。
ありがとうございます。

その中でよく「ワークショップや教室のようなものは無いの?」と聞かれるのですが
ワークショップというと、以前「うちでやりませんか?」と誘ってくださった
吉祥寺のナントカさんというお店思い出すのです。
私が先生ぽいことするいわゆる講師料の記載はないんですね。
で、考えますと、場所を私が借りるのでそのお金が1時間いくらとか払わなくちゃならないわけで
それで「交通費は往復500円まで支給します」とか言われまして
500円ですと大阪にも京都にも出られませんでどうせいっちゅうの?て感じ。
講師役に声かけた相手が東京以外に住んでたこと、今までなかったのでしょうね。
ということでワークショップというのは私には実現しそうにありません。すみません。

でもそういうことをコメントしたりメールくださったりするのはとても嬉しいことなのです。
英語の方はごく普通に「I love your embroidery!」とか書いてくださって
日本人の感覚からするとあり得んて感じですがこれもまた嬉しいです。
日本の方からも「hirokoさんの刺繍好き」とこの前告白されちゃってでへへ~となりました。
ありがとうございます。
こういう嬉しい言葉をたくさんいただいてもさっきの「失礼な!」なことをちらっと眼にすると
たちまち気分は落ち込んだりして負のパワーのほうが大きいの、なんででしょうね。
割が合わないですよね。

ちょっととりとめのない話になってしまいますが
私、お褒めのありがたいお言葉だけでなくてもう一つ感謝してる言葉があって
それは警告とか裁判のころにごちゃごちゃあったちょっとした炎上状態について
「(法的なことをすることもだけどさらに)それらへの対処が大変だったでしょ、
よく答えてましたね」という言葉なのです。
当時ももちろん「そういうのは相手にしちゃだめですよ」とか「真面目に答えても無駄ですよ!」とか
心配してくださる方はたくさんいたのですが
ずっと後になってから警告や告訴の事でなくて、
あの騒ぎの中で立ってたそのことを「大変でしたね」と言ってくださったその言葉に
はじめて自分の気苦労を労われた気がしました。
だから、これを私に言ってくれた人が3人いるのだけれど
どの人にも今もすごく感謝しています。

なかなかね、そんな右往左往しているようなみっともない姿をね、
「あれ大変だったでしょう」って口に出してはもらえないですよ。相手も気を遣うもん。
哀れに見えたのかな?でもそれを口にしてくれるのは優しいことです。
そういうのももしかしたら、そのかたたちも右往左往したことがあって
それで「その気持ちよく分かる」なんて感じだったりしたのかな、と
ちょっとひらめいたりしたわけです。
誰でもやっぱり自分の経験したことのないことに関しては分からないですもんね。

私は今私をフォローしてくれている人のホームへ写真を見に行くと
海外のかたは高確率で刺繍をしておられるのですが
中には私と似たような刺繍を頑張っている人たちがたくさんいます。
そういう人の刺した犬や猫を見て「あー、ここ苦労するんだよねえ!」とか「ここ難しいよね!」とか
なにがしかの思いを共有できているという連帯感が確かにありまして
ちょっと怖いような嬉しいような私も新たに頑張るぞーなどというような
不思議なぞくぞく感が生まれております。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/547-1b033663

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりませんが
気まぐれにお受けする場合もございます。
しかしお待たせします。

メールへの返信は基本的に遅く
返信できない場合もあります。
返信が来たら「ラッキーかも?」程度に
お考え下さい。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→


メールの不着がとてもよく起こります。
私へのメールはメールフォームからお願いします。
私からの返信が届かない場合
ご使用のパソコン・携帯のメール受信に
関するセキュリティーの設定を変更することで
解決できる時もあります。
でも単に私が返信していない場合もあります。
返信が必要な時は予めその旨お知らせください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR