• 2017/08/28/Mon 16:42:05
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか


ここ何日か涼しい朝で嬉しいです。昼間はまだまだ油断できないですね~。
今日はまだ出来上がった刺繍は全然ないのですが
嬉しいお写真をいただいたので。

DSC_0058_R.jpeg

この前の小物たちですね。
こういうの「着いたよー!」ってメールとともにいただくとなんだか優しい気づかい感じます。
でも実際は写真くださらない方が優しくないなどというのではなく
多分大人しくツーショット撮らせてくれるにゃんこが稀なんですよねきっと。

******
さて 先日不着がありましたが今度は返送がありましたよ…。

mail1_R.jpg

こちらですね、購入者さんは2013年にお引越ししておられたのですが
それより前にアカウント取ってたEtsyの登録住所が変更されてなかったみたいで
私はその情報に従って宛先を記入していたため
あちらでの返送期間がとーっくに過ぎてて私のもとへ帰ってまいりました。
えーと、奈良からアメリカはマサチューセッツまで行って再び奈良へ。
何もこんなに遠くまで戻ってこないでも向こうで何とか連絡してくれよ…と思いますが仕方ない。
新しい住所伺いまして再送です。本は遠いところ往復しましたが全く傷んでなくて良かったです。

先週は7月に発送していたアルゼンチンの方への本も無事着いて
スペイン語(かな?)の長めのメールがやってきたり
観光で京都奈良へいらっしゃるシンガポールの方から「日本で手に入らないか?」と相談があったり
韓国の方のご住所が英語表記とハングル語表記だと
番地と思しき数字の部分がなぜか違ったり(そういうものなんですか?英語の方で出しましたが)
なんだかメールソフトがバラエティーに富んでいました。
週が明けて今度は「紙の神」の奥さま(「女神」てことか?)からお手紙いただいたりして
ありがたくもねぎらいのお言葉いただきましてほくほくしております。

お買い上げはホントに落ち着いてゆったりペースなのですが
ここへ仙台のGranny'sさんから1箱追加のご要望があり、
ああ、日本の方もたくさんお読みくださっているのですね…と、
とりあえず北東へ向かって頭を下げております。ありがとうございますー!

********
本ができた時、まずは日本でご注文いただいていた方とともに
本作りにご協力いただいた方や無理やり読ませたい人たちに真っ先にお送りしました。
その中の一人が表紙ねこ(教授猫)の本当の飼い主さんであるポーランドのご婦人なのですね。
(お名前、本に載ってますが私は読めません。)

このポーランドのご婦人というかご夫婦とねこと犬のところに
シカゴの教授は毎夏チェリーパイを食べに行くのですが
昨夏教授に何かのついでに「ciaoちゅ~る」送りました。(その記事ありますね)
するとこの教授猫とお隣の猫は目論見通りciaoちゅ~るの虜となったのですね。
それで、今回本を送った時に一緒にちゅ~るとほかの猫おやつをちょっとだけですが同梱しました。
で、教授じゃなくてポーランドの方へ送ったのですね。
荷物になると思ったし。まずはホントの飼い主さんにこそ見てもらいたかったし。

10日くらいたって「荷物が着いたよ」という知らせをもらったので
「ねこのおやつが入っているから教授がくる前でも1つくらいあげてね。お隣のにゃんこにも分けてね」
とお返事しましたら
「あの猫のおやつはすごい威力なので、Jerry(教授)が自分があげたいから自分がポーランドに行くまで
hirokoの荷物は絶対開けちゃダメ!っていうのよ。だからhirokoの本をまだ読めない」と・・・。
「世界的に有名な科学者であるのに彼には子供みたいなところがあってとってもチャーミングなので
私たちはつい甘やかしている。」と。・・・き、教授・・・。
こんなことならちゅ~る1グロスくらい送っといたらよかったかしらん。
ていうかちゅ~るの虜になっているのは教授の方ってことか?ねこ好きを狂わす脅威のおやつなのね。
ていうか早く本読んでほしい。ちゅーるに負けてしまったわ。(教授は間もなくポーランドへ行く予定)

*******
悲しかったり嫌だった出来事は当初「絶対一生忘れない」くらいの勢いのものも無いわけじゃないけど
時間がたてば徐々に出来事そのものや「あの時悲しかったなあ」という記憶だけになって
偶には蘇って涙や怒りを誘うときもありますがまあ大体は日常生活に紛れて薄れてしまいます。
自分のやったことさえも。にんげんだもの。

ところがそういうネガな出来事が、単体でなくてとても楽しいこととセットになっていると
なかなか感情が薄まっていかないのだなあと最近気づきました。
「すっごく美味しくて後味悪いもの」・・・というか。

私は普段、「楽しいこと一杯ならばほんの少しの嫌なことは目を瞑ってしまえる」ことは少なく
宿題あったら休みを楽しめない損なタイプです。
たった一つのことが原因で気持ちが醒めてしまったりする損な人なのです。
なので後味の悪さを知っているのならおいしさを味わうことも「やめとこ」となるのが常です。
なのに気づいたらしょっちゅうつまんでる・・・そして「うぇーっ」となっています。
このことは自己顕示欲の強めの人が物を作って売る行為とも共通点が多そうです。(私)
「美味しさ」のほうが、「楽しかった出来事」のほうが「嫌だったこと」よりはるかに大きかった、
ということなのでしょうか。しんどさもぶり返ってくるのに再びドーパミンを求めちゃう。
生き物だもの。そして辛くなる。

辛いんだったらやめろよ!と言い聞かせる端から楽しかったことがよみがえります。
後味悪いだけで今のところ害はないですが 自分で止められないということは
私のこのことに関する未来は「うぇーっ」となりながら食べるか
やがて飽きて食べなくなるか味覚障害を起こすかの三択です。
代替品もなさそうな中、どれが一番幸せかしらと結構本気で辛くて夕べまで割とまじめに考えていたんですけど
ここに最近は「ミサイル落ちてくる」という危険も加わって
そんなのに比べたらどれもすごくちっぽけで幸せな悩みではなかろうか…とも思ったり。
突然ミサイル落ちてきても大地震が起きても 後悔しないようにできるときには頑張っとけや、
ってコトしかないのですよね。えーと、辛くても味わっておけ、ということかな?違うような。
正解が分かりません。


COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/538-d4d0346a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりませんが
気まぐれにお受けする場合もございます。
しかしお待たせします。

メールへの返信は基本的に遅く
返信できない場合もあります。
返信が来たら「ラッキーかも?」程度に
お考え下さい。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→


メールの不着がとてもよく起こります。
私へのメールはメールフォームからお願いします。
私からの返信が届かない場合
ご使用のパソコン・携帯のメール受信に
関するセキュリティーの設定を変更することで
解決できる時もあります。
でも単に私が返信していない場合もあります。
返信が必要な時は予めその旨お知らせください。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR