• 2017/07/30/Sun 21:00:30
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか

 
昨日の発送で朝イチでなくお昼まえに外出してしまったのが敗因で
すごい頭痛が続いています。眩しいのがダメなんですよ~。
昨日はシャツの仕上げや写真撮ったり、本の発送とメールのやり取りと頭痛の割には頑張ったので
今日は発送を夫に(仕事で郵便局へ行く用がある)頼み休憩しながら事務仕事。

先々週の金曜日に発送開始して10日ほど経ちました。
多くの方に本が届いており「着いた!本キレイ!これからDMCの糸買ってくる!」とか
「工程多くて驚いた。同じようにできる気しないけどチャレンジしてみる。」
「素敵な本が来た。フォロワーは少ないけどツイートしてみた。世界中に広がることを望みます。」
などとありがたいお言葉が。嬉しいですね~。

これから厳しいお言葉をいただくこともあるでしょうけれど
私はこのやり取りでおっかなびっくり色々学んできたし
怖い思いも嬉しいこともいっぱいあったりで
こういうのでも「もまれて成長した」のかなと思うのですが
あいかわらず小さな言葉に引っ掛かりを感じてそこから徐々に不安が誇大化してしまい
友人に「そんなの無視でもいいんじゃない?」と言ってもらってちょっと落ち着いて
後で、自分は何と戦ってるのだ?てなります。
7月はすごく慌ただしく、あのたくさんの本の段ボールを部屋に運んでたのは
もう半年くらい前に感じるのですが まだ1か月たってないのか!と驚きです。
そんな激動の日々をくぐり抜けてやっと仕上がりましたアルメニアにゃんこシャツ。
なんとかわゆい…。

CIMG6731_R_R.jpg

これねー、いただいた写真がまさにポケットに入った子猫ちゃんでして
ちょっと写真が小さくて不安だったのですが注文主さんが気に入ってくださいまして大変安心しています。
この注文主さんも注文受けてから半年に1度くらいずつ「hiroko-san、まだですか~?」
「私はまだシャツ作ってもらうことを夢見てます~」「2年たちました~、hiroko-san~」とちょこちょこメールが。
やっとスタートしてみると、これガールフレンドへのプレゼントで絶対子猫じゃなくなってるはずですが
まあそれは良いとして、彼女身長178cmもあってカッコ良さげ。
そんなモデルさんみたいな人が着るのかあ…とちょっとわくわくします。初めての国だし。
(その国の人かはわからないですが)

そうそう、私こんな歳になってなお海外旅行したことないんですよ。今時珍しく。
もう一生行かないんだろな、って思ってますが
たぶんその行かない一生分を私のシャツや本が代わりにやってくれてるんでしょうね。帰ってこないけど。
グーグルマップで送り先の住所の近所などを時々見てみると
すごくきれいな古城や素敵な街の風景が出てくることがあって「わあすごい」ってなりますが
多分相手も「Nara」で検索して寺とか大仏とか鹿とか吉野とか出てきて「Wow」ってなるのかな、と想像してます。
自分のとこはただの住宅地なんですけど。

*******
前回日記の「どのくらいのマイナーチェンジで許せるか」ご意見くださった方ありがとうございます。
やっぱり考えますよね。。
自分的には今回の話には否定的で、「でももしかしたらすごく素敵な展開の可能性もゼロではない」などと
良い妄想をするのもややばかばかしくてとりあえず提案あるまで保留、で頭痛の種を一つ排除してます。

これに関したご意見で 今回はもう「やり方を載せる」ということに終始した内容ですが
「やっぱり猫のエピソード的なものや刺繍した時の感想のようなものが入るといい」というのをいただきました。
私が普段ここでちょっと語るようなことですね。
ホント、これだったらシャツの分だけいっくらでもお話しできるんですけど
そうすると「そんなもの誰も聞いてない。技法載ってないのかよ?」みたいに感じる人もいらっしゃったりで
どこに興味持たれるかを測るのは難しいことです。

でも私のようなやり方では「技法」ってほどのものはないんです。
こんなに細かくできないわ~と言われるけれど、できるかできないかじゃなくてやるかやらないか、しかないです。
「なんでhirokoはやるの?」といわれれば そのモチベーションを相手がくれるから、というのがとても大きいです。
もちろん「自分が上手になりたい」というのが基本にありますよ。
それでも苦手に感じる注文主のこともあってモチベーション全然もらえないこともあります。
じゃあそういう時は可愛くさせないか?といわれればそれは今まで培ってきた経験と意地でちゃんと乗り切るけど 
やっぱりマシーンじゃないんだから別の人からもらったモチベーション使うのです。
このやる気の維持がいつも一番重要で、これこそが技術・技法なんだよな…とも思います。(悟)

たった二つかそこらのもう過去の嫌な言葉がなかなか打ち消せずにいつでも復活してしまうけど
たくさんの楽しい、心優しいエピソードの貯金があってこそ続けられるのです。こんな細かいこと。
だからホントは「やり方の本」って名乗ってエピソードがんがん詰めたほうが私にとっては本物だったかも?

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/532-ad8807bf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR