• 2017/06/20/Tue 11:50:32
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか


今日は載せる新しい刺繍はまだないのですが
一昨日くらいから大変うれしいメールや鍵コメントいただいておりまして
お礼申し上げたくなってのこのこやってまいりました。

実は本のささやかな宣伝用動画作りでめちゃくちゃ吐き気をもよおす作業をやっておりまして小休止。
慣れている方には何でもないのかもしれないのですが私は昨日からひどい眩暈です。
もっとたくさんの枚数を編集してくださっているお友達にココロからの拍手とお礼とどけ。

まず刺繍の作品を販売しておられる方から頂いたメール。
同業の方に言っていただけると嬉しさもひとしおでございます。
ありがとうございます。折角の好きな事、やれるうちは頑張ってまいりましょうね。

そしていつもお優しいお言葉くださいますかたからの「おたおめ」のお言葉。
覚えていてくださったのですか、ありがとうございます!
ここはいっつも愚痴ばっかりですしあんまり役立つことも言えないのですが
刺繍以外でもなにか拾っていただけるのは嬉しい事です。いつも本当にありがとうございます。
刺繍についても「ただいつも見てくださっている」のとそのことを伝えてくださるのでは
私にとっては全く違う事なのです。いつも力となっています。

そしてですね 最近ホントにしょーもない事でFっち先生に「こんな場合どうでしょう」という
著作権とかの難しい法律の話ではなくてまるで「生活笑百科」みたいな相談ごとをしたのですが
法律家の観点から詳しくアドバイス頂いてなんとまあ誠実な先生よ!と感激いたしました。
ありがとうございます。
*****

さっきもちらっと出たのですが昨日は私の誕生日でした。
長女から小さいお花もらいました。可愛いです。

CIMG6682_R_R.jpg

昨日は朝から近所に住むけど忙しくてなかなかお喋りとかできない大事な友人からも
(別に誕生日と知らず)近況を教えてくれるメールが届きました。

これも偶然なのだと思いますが双葉社の編集者さんからも彼女が作った新しい御本が一つ届きました。

そして本の「色校正」というのがあったのですが 試し刷りされたページは
入稿時の私のお願い以上にすんばらしく仕上げてくださった印刷の神のおかげさまで
そこでも立ち会ってくれた編集者さんとデザイナーさんが「これは表紙買いもアリだよ!」
というほどの色合いになっており やれやれ緊張もちょっとほぐれてまいりました。

そしてですね。
子どもや夫がプレゼントくれたり(だいたい決まってるんです、チョコレートなんです。チョコ好き。)
昼から始めたこの「船酔い」のような作業もコツはつかめて来て「明日頑張るぞ!」とか言いながら
夕べは気持ちよくケーキ食べてちょっと晩酌したりしてたら
嬉しさこの日の最大級かもしれないプレゼントメールが!

営業をかけておりました大きな刺繍サイトのオーサーさんから
まだレビューを書くために一言一句読み込んだってほどじゃないけどざざっと読んでくださった
(校正用の小さいサイズのファイルを送っておりました)その感想がやって来まして
「この本イイ!面白い!」となかなかのお褒めの言葉。
この方はご自身の著書や監修をなさった刺繍技法などの本がたくさんあって
もともとは歴史方面から刺繍を研究されてたりもして(もちろん小さい頃から手芸はなさってたのですよ)
世界中の昔からの伝統工芸刺繍から現在のアートっぽいもの、ゆるいものなど
あらゆる刺繍と刺繍文献なんかにもめっちゃ詳しい方です。
実践のほうも勿論簡単に可愛くできる初心者向けの技法も「これ楽しい」みたいに普通に取り上げますし
昔ながらのイコンのような作品を刺したりもなさいます。まあスゴイ人です。
そのような方が「あなたのアプローチはイイ!」となかなかに気に入って下さって
「紹介やレビューを記事にする予定を組むので
販売予定日や海外の人がどこで買えるかなどの情報を教えてくれ」と言ってくださいました。
結構長いメールでした。 もう「やった!」って声が出ましたよメール読んで。
ああ、この人が認めてくれた!と、とっても感激して夕べはちょっと良く寝付けなかったです。

私は知らない方から「刺繍可愛いね」という言葉をいただいたりするのももちろん嬉しいですし
別に毎回うちの子どもが「これ可愛い」と言ってくれればそれで大体満足なのですが
同じ趣味とか同業者などとは言い難い、なんかすごく遠い所にいるオーソリティみたいな感じの人に
「これイイ!」と認めてもらえたのが奇跡みたいで つくづくやってて良かったと思いました。
九九で満点取ったらアインシュタインに褒められちゃった、みたいな。

本当にね、私はフツーの田舎の主婦で、こういうことを始めたのもとっても遅かったけど
それでもチャンスは色々転がってて(石や泥も飛んできました)
実際はそれがチャンスかただの石かは分からなくても、それを拾うかどうかなんだな・・・
そして拾ったらどのくらい必死にそれを手放さないでいるかなんだよな…などと
じい~んとなって考えたりしたのでした。夕べは。

一方で「自分の作っているのもは他の人のとは違う」とまで言っていた知り合いが
その「何かを作ること」の戦線を離脱してしまった、という話も聞きました。
でもその人ならまた別の場所で今まで培った創造力みたいなものを
発揮できたりするのかな、とも思いました。
そういうことだってきっとありますよね。今いる場所で頑張れればいいんですよね。。

ということでまた船酔い作業に戻ります。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/523-f0509a10

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR