• 2017/06/05/Mon 14:35:59
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか


朝晩結構冷えますが良いお天気で、目がくらくらします。
コードが原因かと思っていたカメラとパソコンつながらない問題、どうもカメラ側の問題みたいで
(でも撮影は出来る)修理かよ…てなってやや思考停止状態。
本日も旧カメラでぱちり。(新カメラを扱ってから、少ない機能でも少しだけ効果的に使えるようになりました)

we4_R_R.jpg

今日のにゃんこはもう写真頂いたときから可愛くて刺繍するの楽しみだったのですが
結構苦労して時間かかってしまいました。
頂いた写真が逆光気味でちょっと色も黄色と赤が強く出ている雰囲気で
本当は口回りが白いきじにゃんこのようなのですが全体的に茶とら猫ぽくなりました。
そういえば「ちゃとら」特集みたいな猫ムックが先日発売されまして
ちょっとだけねこシャツの本(のなかの茶とらねこ)がピックアップされています。
このにゃんこは全然間に合わなかったけど茶とらばっかりの特集は
全体的にホットケーキを思わせる明るい色合いになっていてかわゆさ倍増って感じでした。
色んな色柄のにゃんこがいてそれぞれに綺麗だったり可愛かったり面白かったりな模様の訳ですが
同じ柄のにゃんこが並んでいるのはそれだけで可愛いとデザイナーさんがおっしゃっていました。
確かに確かに!と納得でございます。
しかしこのねこの表情は良い!

*********
さて、半年ほど手をかけてきました本ですが先週データが完成して
入稿されたかなー?と期待しておりましたら印刷所に入るのまだ先でややがくっと来たりした週明けです。
でももう手元は全然離れていますので待つのみです。

私はシャツの刺繍してる時、すごくこだわって努力して必至に人生賭ける勢いでやってたりするのですが
刺繍が済んでポケット付けたりシャツの形に組み立てて、ボタン付けて…
などとしているうち徐々に気持ちは刺繍から離れ
洗ってアイロンかけてると完全に「売り物」とか「人のもの」という気持でしか刺繍を見ていません。
(その辺は売り手としての責任とか義務とかそういう感じかな)

本のデータが完成した直後、まだ本は影も形もないわけですが
驚いたことにもう本に対する私の思い入れはふわふわと消えてこの感覚にシフトしてしまいました。
最後の方なんか刺繍とは全く離れた英語の校正してたのですよ、
「ここピリオドの前にスペース入ってる!」とか。それでもそういう仕上げの最後の最後まで
ものすごいこだわりやものすごい思い入れあったのです。
なので残念に思う所はものすごく引き摺ってもやもやしてました。
がしかしそのデータがデザイナーさんのUSBメモリに入れられて「発送しま~す」のお知らせ聞いたとき
もう終わり、もう私のものじゃないみたいな燃え尽き感というか喪失感というか
そう、もう「私のものじゃない」感に支配されまして。

まあそうですよね、刷っていただいた本がすべて私のもとにありっぱなしじゃダメで
人さまに買っていただかなくてはならないんだから「私のもの」でなくなることを目指すの当然ですが
もうちょっと、例えば本の形になった実物を手にしたら
「私の作った私の宝物」的な気持ちになったりするかな、というようなそういう楽しさをもって
仕上がるまでのひと月ちょいを過ごすのかと思っていたのですよ。
事実「売れなくてもいいんだ、自分の納得できるものが出来たらそれでいいのだ」などと思って始めたわけだし。

印刷製本作業には(予算内で)紙を選べたり表紙のちょっとした加工を選べたり
色の出方について「あんまりこうならないようにしてください~」とお願いは出来るのですが
そこに自分の手が全く入らない作業であるということが
さらに「私のものじゃない」感を強めるのですよね。データまでなわけで。私の手が入ったのは。
完成させるの自分じゃないってところもなんかカナシイんでしょうかね…。

でもシャツにしっかりアイロン掛けて写真撮って取引して梱包して発送しなくちゃ!という
小さなビジネスの経営者としての責任と同じものはきちんと感じており
この本に名前の載った人たちに恥を感じさせぬよう小さな宣伝活動の準備をいくつか始めたりしています。
ああなんだか「私の本(作品)」を作ったというより「商品」を作った気持に変わってきたということですかね。。
「作る」の終わったら「売る」に気持ちが移行してるのはなんか汚らしい事ですかね。(そんなこともないだろ)

刺繍やシャツは初めから終わりまでほぼ自分の手で作りやり取りから発送も全て自分でします。
刺繍はちょっとしかできないから沢山の業務があるわけじゃないけれどそれでもひいひい言いながら続けています。
私にはその規模のことが丁度いいというか限界なんだと思います。本作りは規模が大きすぎます。
だからもうきっと「本作り」は二度としないと思います。
もうちょっと分担しているとはいえこういう(本を作って売る)ことを何十も何百も繰り返してる編集者さんというのは
ものすごいタフな精神だとおもいます。体も。

今、この今日のにゃんこの画像を編集者さんに送ったら
「ねこ刺繍の画像いつも癒される~」とお返事いただきました。お役に立つなら送っちゃうよね何十枚でも。

*********
私の殿堂入りアイドル財津和夫さまが病気でコンサートツアー中止となりました。
病気は人を選びませんがあんなに健康に留意し、痩せておられる方なのに家人と同じ病気なの解せません。
家人はまた明日から入院と手術です。これは特に心配な内容の手術ではないのですが
この前の手術の時と同じ麻酔や手術内容の説明を入れ代わり立ち代わり受けるために
ほとんど一日病院詰め、みたいになります。ひー。
大学病院が近所にあってそういう所でやってもらえるのは大変ありがたいことですが
あの混雑と予定時間超超過なんとかならんのか。
下手にさっといったん帰れる距離だとかえって疲れて何にもできなかったりするので
刺繍持って行こうかと思いますが針使える場所って限られますよねえ。悩む。


COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/521-8b6da805

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR