• 2017/04/28/Fri 18:42:05
  • COMMENT:3
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか


meo26_R.jpg


こんにちは。京都祇園のにゃんこバー「ねこまた」の看板娘にゃお美です。好きなお酒は獺祭です。

お店の常連さんでデザイナー女子がいるんですよ。彼女の家にも猫がたくさんいるんですけど
それだけじゃ足りないのかしらね、猫耳のついた帽子なんかかぶってよくいらっしゃいます。
最近素人さんの本作りをお手伝いしているらしいんですけどそれが大詰めだそうで。
なんでも英語の本らしいんですけど ほら、英語って単語の途中で改行しないじゃないですか。
そうすると文章の右側ががたがたしちゃうから 文字の間を調節したり単語や表現を変えたりして
うまい具合にやるらしいんですけどね、それを翻訳のかたがお直しして
デザイナーさんの所にばしばしすごい速さで送ってらっしゃるんですって。
レイアウトが追い付かなくてびくびくしながら待ってるそうで。怖いほど仕事できるって素敵ですよねえ。
ちらっと見せていただいたんですよ、こんな具合、って。

キャプチャ

この付箋のマークいっぱいついてるところ。赤や黄色になってるところ。PDFで送られてくるんですけどね、
デザイナーさんはmacだから読めるけど著者はwinだからかクリックしても何にも出てこなくて。
あわわわわわーってなってるうちにまた次の書類送られてきたりして。
カッコイイですよね…私もそんな人と暮らしたいって思ったんですけどね
その方のお家にもたくさん先住にゃんこさんたちがいらして。そりゃ、猫がほっとかないですよね。

おもしろいんですよ、デザイナーさんはじめ6人のかたで作ってるらしいのですが
著者は編集者と2回しか会ったこと無くて写真家は著者と2回しか会ったこと無い。
デザイナーは編集者と2回あっただけで、あら演繹法のクイズみたいですけど
あとは全然会ったことが無いんですって。ほとんど会ったことないもの同士で作ってるそうです。
いつか会えたら面白そうです。男のかたが混じってたりしてねえ。

そうそう本の話。私が見たのは白黒ハンサムでしたけど何種類かのにゃんこの刺繍が
ちょっとずつ仕上がっていく様子が載ってるらしいですよ。
そうそれで!もうだいたいほかに載せる写真なんかも決まってたのに
なんと、わたくしにゃお美もこの自慢の三毛縞柄を見込まれて「載ってみない?」って誘われてるんですよ。
デザイナーさんの所のにゃんこさんも登場してるらしいんですけどやっぱり派手な三毛で。
女の衣装比べですわね。

このことを鴨川沿いの骨董屋さんで店番のお仕事しているタマ美姉さんに話したら

meo24_R_R.jpg

私だっておんなじ柄よ?って乗り気になっちゃって。

今度デザイナーさん来たら一緒に載りたいですってお願いしてみようって相談してます。
世間は連休でもデザイナーさんは残っている部分のデザイン考える予定だとか。
きっとお店に来てくれますね。

二人で載せてもらった本が出来たらお店の眞由美お母さんにお願いして
一晩貸し切りでデザイナーさんたちも集まってねこリッツパーティーの予定です。
両親はもういないんですけどお世話になったあのひとやこのひと、昔からのなかよし、
疎遠になっちゃったお友達やケンカしちゃった人にも知らせたいです。

meo27_R_R.jpg


それでは「ねこまた」より愛をこめて。 お喋りはにゃお美でした。

********

続きまして奈良からhirokoがお伝えします。
今まで書いてきましたようにまず本は海外の方に向けてEtsyで販売いたします。
日本の方はそこで注文をしないでほしいです。勿論注意書きもしておきます。
私が日本に向けて発送しないように設定するかもなので無駄にカード情報とか記入してしまって
カード会社との間でキャンセル料が発生したりすることがあります。Etsyは先払いなのです。
あとEtsyでの取引には当然手数料も発生しますので私は価格にそれを上乗せします。余計高いです。
つまり日本の方はこの本を私から直接お買い上げいただくしかないということです。(ちょっとだけ例外あるのですが)
そして基本的に海外の方へ向けて売るのが優先されるという事です。
(海外の方の希望で作ったので当然ですよね…)

「買いたい」と思ってくださっている方に向けて その気持ちを削ぐような
全く考える必要のないくらいの浮かれた話を念のため書きます。

今後、この本がすごく良い本ならばたくさん売れるかもしれません。
もし問い合わせが多ければ私は本を売ったお金で再販することが出来ます。(でも正直言って利益ないんです。)
売れ残る可能性の方が圧倒的に大きいし売れたら売れたで発送業務するの大変なので
今の所再販はあまり考えていません。
再販するくらい人気で赤字を脱却してちょっとでも黒字になったら
次は日本語版を作ってみる、というのも考えたのですが
購入希望者の数考えるとその行動は危険すぎです。
「日本語版をいつか作るかもしれないなら英語版買いたくない」とか
「じゃあ日本語ペーパーを作れ」と思う方がいらっしゃるかもですが
この本の内容が日本の刺繍する人たちにとってに良い内容ならば
多分同じようなのを日本の出版社さんが作ってくれると思います。
扱われる刺繍は私じゃないけど別に誰でも作れる内容なんです。
なので日本語の似たような本が欲しいと思ったら出版社さんに希望を伝えるのが一番です。

また、どこかの国の出版社さんや手芸用品の会社が権利を買ってくれるかもしれません。無いと思うけど。
(例えば翻訳出版や部分的に一つの刺繍について抜き出してキット作るとか。)
その場合言葉は英語でないかもですけれど(日本語ということも考えられます)
海外の場合は買えば関税などもかかりますが定価は安くなるような気がします。個人と規模が違いますからね。
するとここからが問題ですが
英語版を私から買った人が損した、みたいになります。
「初めから中国語版買っとけばよかった」などという事が(多分起こらないけど)あるかもしれない、ということです。
もっと言うと、私は絶対に作る気ありませんが勝手に電子書籍版としてどっかの人に売られちゃう
ということも考えられます。 
ページをスキャンしてネットにあげちゃう刺繍同好サイトみたいのがあるかもしれません。
そこまでされたら私も訴えるだろて思いますが相手が海外だとどうしようもない部分もあります。
そんなものをネットで見つけて読めちゃったらそれは違法だけれど
「買って損したわ」と感じる人もおられるのかもしれません。
もちろん今予約してくださっている人たちはそんなこと感じない
ココロの美しい人たちだーと勝手に認定しています。

「そんなの考えすぎよ~」と思われるかもですが ねこシャツは相変わらずやられっぱなしなので
どんな形でまた同じような目に合うかもしれないと常に私は恐れているのです。
そこから色んなことを考えてしまうのです。
妄想の心配終わり。

******

ココロ美しいかたから「私、ちゃんと予約出来てます?」とメールいただきました。
まだ別に「予約受付」などを正式に行ったりしてないんですけど
別にもう行わないかもしれない(色々忙しくてそういうことの処理があんまりできない状況です)ので
とりあえずそういう期待を表明して下さった方へのお知らせです。

えとですね、本はここまで書いといて「やっぱりやめます」なんて言いませんが
時期について「いついつ」ということはまだ出来ないのです。お値段もちゃんと決めていません。
ですので私が「うーん、1冊1万円だ」とか言い出したらもちろんキャンセルしてくださっていいのですが
一応今まで「欲しい」と気持ちをメールやコメントでくださった方の分はちゃんと確保いたします。
(別に確保しなくてもいっぱい余ってると思います…)

藤〇さま * ぽ〇んさま * が〇さま* 新〇さま * 〇三昧さま * ま〇な〇つさま 
〇ima〇yさま * ko〇〇eさま * 〇チ〇ルさま * あ〇こさま * た〇は〇さま

↑この方がた、ね。ありがとうございます。
本が出来ましたらこちらでお知らせいたしますので
そのおりはご住所やお名前などお知らせいただくようになります。
ご予約ありがとうございます。ご期待に応えられるようもう少し頑張ります!

COMMENT

わーい。

確保済みのようなので(笑)安心して続報をお待ちしております♪

猫シャツの注文お願い 

突然失礼いたします。「neko shirt」
を購入してからなんとか作成をお願いできないかと切望しておりました。今回このサイトにたどり着きました。
是非是非作成をお願い申し上げます。時間がかかっても構いませんので、ぜひともお願い申し上げます。

こんにちは。
たとえ1万円でも買いますよ!
穴が開くほど見る為のハズキルーペも用意済みです笑
NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/517-51422610

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR