• 2017/01/26/Thu 17:45:58
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか

2月1日のねこシャツご注文受付について


******ねこシャツのご注文受付について******

日本にお住まいの方は2月1日の日付のあるメールのみ受け付けます。
海外にお住まいの方はちょっと日付がずれても構いません。

* 先着順ではありません。
* 応募多数の場合は抽選になります。

******以下の文章をお読み頂いた上でご応募ください。******

ねこシャツの製作・納期が1年半~2年後くらいになっても構わないと思って下さる方のみご注文下さい。
ここでの今後のご注文受け付け再開は来年までありません。
Etsyは海外の方専用の窓口です。日本の方はこちらでのみ受け付けております。

* ご注文はこのページのメールフォームからお申込み下さい。
(スマホからご覧の方は閲覧方法の設定を変えるとメールフォームが出て来ると思います。)
* 件名に「ねこシャツ注文」とお入れください。
* お名前を明記ください。抽選の場合当選された方は当ブログでお名前を発表させていただきます。そのほかメールアドレスの関係で連絡の取れない場合などもこちらでご案内いさせていただきますので
気になる方はご本名のほかHNを併記して下さい。
* 刺繍のみのご注文(既成の服等への刺繍)は受け付けておりません。
* 刺繍すべき猫(または犬など)の注文された方が撮影した画像をお持ちでない場合はご注文をお受けできません。
* お一人様2枚までにさせて頂きます。(2枚目はちょっと遅くなります)
* あまり難しい刺繍はお断りさせていただく事がございます。
* 締め切りのあるご注文は基本的にお受けできません。
* シャツ以外の刺繍小物の製作はご注文主様と相談の上可能かどうか検討させていただきます。
* ご注文からの流れなどは上または下の記事をごらんください。

* 合言葉を持っている人は書いて下さいね!
今年は2つ増えましたよ~。(昨年や一昨年のものでも良いですよ)

ご注文時にご希望シャツの概要をお知らせください。(大雑把なサイズ・枚数など。)
ご注文をお受けした方はブログにてお知らせ、個別にも「ご注文確定」メールを送信いたします。
抽選になった場合、申し訳ありませんが選外の方にはお返事できません。
注文以外のご質問などがあった場合、製作しながらの作業ですのでお返事にはお時間を頂くと思います。
どうか気長にお待ちください。


*******

寒いです。
高校生も大学生たちもやっぱりまわりで風邪が流行っていて
うがいと手洗いでどこまで乗り切れるのか綱渡りでした・・・ら
遂に長女が鼻と喉をやられ、やや症状の軽い末っ子とお医者さんへ行ったところ
長女だけがインフルエンザ。弟は陰性でしたがリレンザもらって早速ブロッーーク!
次は私か?次女か?次男か?サバイバルでございます。
そんな大学生の一人(文系)が帰りの電車でやって更に家で鍋を食べつつ解いていた問題。
何コレ?数学?物理?って感じですが「オークション理論」て…。
オークションてヤフオクとかの?オークションって数式あるの??

kaku2.jpg

なんかもう私と似た座標軸で生きてるのは末っ子だけですね・・・。

*******

さて刺繍についてのご質問いただきました。ここ見てくださっているかしらん。

「下絵の描き方」について
ええと、私の場合は(何度かご紹介しているのですが)画像をちょうどいい大きさにプリントして
輪郭や模様の変わっているところ、陰影の大体の区切りなどをまずトレーシングペーパーに写し取って
チャコペーパーで布に転写します。
この方法は布とチャコに相性がありますし、トレーサーでの転写はあまり細い線が引けませんので
細か~く詳し~く下絵を描くことはできません。
「もっと細かく色の変化しているところをモザイクみたいに分けた絵が欲しい」という方は
多分そのように画像から色を抽出してくれるソフトがあるようなのでそういうのを使うといいかもです。
しかしそのパズルのように区切られた線を布に写すのはトレーサーとチャコ、または
下絵の上に布を置き、下絵の下からライトあてて布に直接鉛筆などで写し取る、そういった方法になるようです。
布に直接デッサンしていく人もいます。
いずれの方法もやってみたらわかるのですが
布はあんまり思った通りに細かく線の引けるものではありませんし
刺してるうちに下絵は結構うやむやになります。
それから例えば猫のひげ、なんてものはその下の部分を全部刺し終わってから出ないと刺せないので
つまり下絵自体が描けない(描いても見えない)ものです。
糸が色鉛筆なのだと思って刺す(描く・塗る)くらいの気持ちでやるしかないです。
なのでよくよく写真を見て刺す、ということが大事です。

「刺し方のコツ」について
刺し方のどんな場合の時のコツなのかが分かりませんが
ええと、一般的に針目は小さい方が細かな表現がしやすいですよね。
でも多分お尋ねなのはそういうことじゃないのですよね。

塗り絵の下絵みたいのがあってここら辺は何番、隣は何番、と色番号が書き込んである図案があったら刺せそうと
感じられるのかもしれないですが そういう図案て作れないんです。細かすぎて。

われわれ(このての刺繍をする人たち)は絵を描く感覚で刺してる・・・と思います。
なのでまず塗り絵をしてみるか、
写真を見ながら「塗るとしたらこの色をこう塗る」というふうに刺せばいいのです。
絵の具や色鉛筆と糸は全然違うものなので
色鉛筆でできない良い表現が糸で簡単にできちゃう、という事もあるのかもしれませんが
(「盛り上げて刺す」とかね)
つまるところ絵を描く以上の刺繍はなかなか刺せない…ような気がします。
糸の方が普通の画材より制限が多いです。
絵を描くかたには私がどうやっているのかは全然簡単にお分かりになると思います。
(ただ、刺すのはまた違いますよ。)
絵をまず描いてみると「ああこういうことか」とお分かりになると思います。それを糸でやればよいのです。

何だかうまく説明できませんが
とにかく刺してみることです。
「ここの所はどう刺す?」みたいな具体的なご質問があればまたお寄せくださいませー。
でもでも言葉で説明するよりflickrで大きな画像を見れば
「あ~、こうなっているのね」とわかりやすいかもです。画像は実物より大きいですから。
(粗い所もバレバレだ!)



COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/498-541b6969

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR