• 2016/12/09/Fri 13:31:55
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか



朝の散歩がすっかり冬仕様になりました。手袋無いとかじかみます。

最近の記事に「私の町の図書館にも『ねこシャツの本』あるよ~」と教えてくださった方、ありがとうございます。
あの小さい本は手芸本の棚(「家庭」?)に並んでるのかな。
わんこ刺繍お褒め下さった方ありがとうございます。わんこは使う色が少なめなのでより慎重に刺してるかもですね~。
それから、「2~3日で刺繍しちゃうのですか?」とのご質問。(質問じゃないけど)いやいや、2~3日では出来ないです。
以前は3日位集中してできたりしてたのですが最近は4~5日は当たり前!みたいになってきました。
これは別に集中できなくなったとか下手くそになったのではなくて
納得できるまでより根気よくやるようになった、ハードル高くなった、ということです。と思いたい。
動画は「ほんわか」のもの(youtu.be/BhCSOoBBm5I  )しかないのですが
未編集のいっぱい撮ったやつ(そういうのって社外に出しちゃダメだそうなんで)を
その時どうか出来たらよかったのかもしれないんですけど
動画を撮る準備などが私だけでは出来ないな~・・・な人なので
ちょっと残念ですが今のところ動画の予定はないです。

以上まとめてのお返事でした。まとめてしまってごめんなさい。

刺繍量が多かった今日のねこシャツ。これもちょっと時間かかりました。
左ポッケにはインコをとまらせてみました。
「ねこが金魚か小鳥を狙っているようにして」ってご注文でした。
「金魚(小鳥)は猫のおもちゃみたいなやつ?」と聞くと「リアルな刺繍で」と。
え~、それじゃ小鳥がカワイソウなので二人は仲良しってことで。

abc3_R_R.jpg

このにゃんこもですね、毛が長いわ多いわすごいことになってましたがかわいい子です。

abc2_R_R.jpg

インコはにゃんこに比べると無表情ですかね。鳥の刺繍って久しぶりです。ことりかわゆす。

abc4_R_R_R.jpg

やっぱりこの布(シャンブレーの「鳩羽色」)素敵~。
洗った時に青みがかったグレーに見えるのがまた美しくて(まあ着る時は乾いてるんですけど)
刺繍しにくいけど大好きです。
インコ可愛いですね~。むかあし、子どもの頃インコ飼ったことありましたが
あの頃小鳥屋さんへ行くとインコは黄緑とブルーと黄色が主で、どの子にも黒がたくさん入っている、
そういう色合いのインコが多かったように思います。
たまに黄色と黄緑ばっかりで構成されてるインコや青白のインコがいるすっごく綺麗に見えたものですが
最近はエメラルドグリーンみたいな色のとか
黒がほとんどなくて少し白とグレーの入っただけのブルーの子とか
やたらとお洒落な色の黒い所がないインコがいっぱいなんですね。(そういう色柄が固定されてきたのか?)
私が飼っていた初代インコは青白黒の何か常にずーっとぺちゃくちゃ喋り鳴いている元気なインコで
自分がとまっているとまり木というか棒をかじってかじって何本も割ってしまったりしてました。
とまる所なくなったやん。

今またクリスマス前で「クリスマスまでに間に合うかしら」系のメールが海外から何通もやってきています。
「2年後のクリスマスなら間にあうかも…」みたいなお返事しかしていないのですが
そんなこんなでメールのお返事をためてしまっています。
「私メールしたのに返事無い!」のかた、すみません。もう少しお待ちを。

さてさて「キュレーションサイト」の「パクリ転載無責任ぶり」が大問題となっておりましたが
今週初めに「無断転載された写真の使用料を請求しよう」というツイッターからの記事を読んで(関連記事も読みまして)
「これ、私も請求できるのかな?」と感じました。

*******

ねこシャツの記事、最も初めの記事がどれなのか調べる気力はないですが
さまざまな「まとめサイト」にあります。
次男シャツを作った直後に知らないうちに記事にされていました。
何件か見ましたが使っている画像や書かれている記事の内容は全て同じなので
オリジナルがまず一つあったのだと思います。取材は受けていません。
その後いくつかのサイトや新聞からちゃんと取材を受けて記事が出来ると
今度はそれをそのまま転載、みたいなまとめ記事がまたできました。
その後本が記事になったり警告が記事になったりしてそれらがまた転載転載~~という感じで
ホントにいろんなところに書かれてしまったのですがね、
その一つ一つに「請求してやる!」って息巻いてるわけじゃないのですよ。
警告・裁判関係のことは
そこに「違うんだけどな」という想像などが書かれていてももう解決済みのことなので口出ししませんが
普通の記事で刺繍を紹介して下さっているものについては
その下のコメントで時々嫌なことや間違いが書かれていたとしても
記事自体に間違いなどのあるものは無く私も特に気にしていなかったのです。一つをのぞいては。

その一つ、というのはこのブログにも見つけた時に怒って書いたけど「〇ナリノ」ね。
他の記事が初代の記事とその転載、
あるいは「ちゃんと取材しての記事と私に許可を取ってくださった画像」またはそれの転載、まるぱくりであるのに対して
この一社は取材も許可取りに来ることもなんにもなく
flickrから画像を大量に(勝手に)使い、まるでインタビューしたみたいに文章も引き延ばし、
ライターさんの感想のようなものもたくさんちりばめています。
そして1枚(多分中韓製の)偽シャツを混ぜているのです。問題はこれです。
なんで著作権の侵害とともに名誉棄損みたいなことするのさ!?と結構憤慨しました。
こんなのちゃんと取材すればわかることなのにわざわざネットでそんな画像まで引っ張って来て
捏造200%じゃないですか…。(ライターさんは本物だと思ったんでしょうけど…)

で、さっきのツイッターからの記事読んで「それならここに請求できるかしら?」となった訳で。
で、で、その時問題の自分の記事を見に行ったのですよ。ありました。
そのサイトは「DeNA」さんの運営じゃなかったので一旦そこで気を抜いてしまったのが駄目な所なんですが
もし、もしも相手に請求書送って(でもライターさんの所為になってしまうのはなんだか違うようにも感じる)
運営会社が逆に訴えてくる場合とかあるかな?と心配になったわけですよ。いっぺん裁判経験してると。
自分に全然落ち度無いかまずはFっち先生に確認して、…なんてやってて
その翌日に記事保存しようとリンクたどったところ、あれ?!無くなってる!!
危ない過去の記事を削除したのでしょうか…すんでの所でなくなっちゃってましたよ前日まであったのに。
あららららら・・・。

まあ、いいんですけど嘘記事が消えたんだから。でもちょっと悔しいというか。
何やってんだ自分。私も18万円欲しかったです。 

「DeNA」さんはキュレーションサイトの記事をみんな非表示にしたし大きくニュースでも取り上げられて
謝罪の会見もしました。
でも同じようなことを似たような手法でやってる別のサイトはこっそりヤバい記事を消して
「自分の所はちゃんとやってる」って平気な顔してサイトを運営しています。なんだかなあ。
こんなんで「ぎりぎりセーフ!、あぶなかった~助かった!」なんて思ってる
ライターさんだか編集さんだかもっとその上の無責任な責任者がいる会社なんて
今回のDeNAさんよりろくでもないってことなのかしらん。

「取材」や「インタビュー」って(受けるのだって面倒だけど)行うほうはもっと大変だろうし
何かの許可をいただく、というのは自分も本や放送の時にたくさんお願いして回ったけれど
本当に身もココロもものすごく消耗することです。
でもそこでご厚意をいただけばきっとそれに報いなければならないとますます頑張ったりしますし
そういう事で信頼って築かれていくんですよねえ?
まあ嘘っぱちだってノーチェックで掲載してたくらいだから
獲得したいと願っていたものは信頼ではなかったということなのでしょうけれど。
(DeNAさんは謝罪会見でまさに「会社でっかくするのが先だった」って言っておられたけど…)

私たち個人個人で普段の生活の中で願うささやかなことと
大きな会社をより大きくしたいと望む経営者さんたちが画策することはそりゃ全然違うでしょうけど
結局は個々の発信したものを発信者とのつながり無くして個々のライターさんにつなぎ合わさせて
大量のでたらめ記事を作っていたことで信頼失墜しちゃったのだから
やってたことはささやかなことの集積ですよねえ。巨額の投資で一気に失敗したとかじゃなくて。
なんだかねえ。全然防げたことなのにねえ。


COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/491-d1ab5507

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR