• 2016/10/25/Tue 10:26:04
  • COMMENT:1
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか


もう半月ほど前ですが使っていたドライヤーが衝撃的な壊れ方をしました。
安物ですがコードはねじれないようにそこそこきれいに使っているつもりでしたので
普通に寿命だったのかもですがなかなかドラマチックな最期を迎えました。

コードって本体から7㎝くらい補強されているじゃないですか、
その補強の終わったところから突然炎が噴き出しまして。(小さめの花火くらい)
その時私は洗面台でドライヤーを左手に持っていたのですが
炎は私から見て右側へ向いて小さいですが勢いよく噴いていました。
ひえー!と思って ここでまず一番にしなくちゃいけないのはコンセントを抜くことだったのですが
火を見て思わず水!と思いそして感電!と打ち消したりしてるうちに
小さな火の粉や何かの燃えかすのようなものがぱぱっといくつか飛び散って
コードが燃えちぎれてしまいました。ちぎれたコードはまだ火が付いたまま洗面ボウルに落ち、
そこで慌ててコンセントを抜きました。(そこらへん水浸しじゃなくて良かった!)
しばらくすると鎮火いたしました。

そこまで10秒とかそんなものでしたが
燃えていた時に私がコンセントも抜かず(幸い水もかけず)何に驚いていたかというと
炎の上がったところから炎と同時に
銀色の丸い光(直径2~3cmくらいのホントに毬藻みたいな球状の、もっと細かいのもいっぱいあった)が
ふわーっと出て来てそのままふわふわゆっくり左へ漂ってドライヤーを持つ私の左手の手首に当たって消えたのですよ。
飛距離13㎝位ですかね。私はぽかんとそれに見とれておりました。
銀の玉が手首に当たった瞬間は熱くも痛くもなかったのですが当たったのは分かりました。
後で極うっすら黒っぽくなっていました。(洗ったら落ちました)
これ何なんでしょうか。静電気みたいな?(でも静電気ってぱちっと痛いですよねえ。そういう衝撃みたいのは無かったです)
洗面所は灯りを消した暗い廊下からちょっと奥まった狭い空間なのですが
明るい居間にいた人たちが突然洗面所がフラッシュをたいたように明るくなって
「わっ」という声がしたので驚いた、って言ってたけど私はそんなフラッシュの中にいたとはわかりませんでした。
で、ドライヤー本体が火を噴くなどという事はなく、
その銀の玉が手首に当たってドライヤーの人生は終わりましたが
銀の玉は中々神秘的で そのうち額に雷模様現れたり
体のどこかに牡丹の痣が浮かんだりしてこないかなとか、
或いは銀の玉はドライヤーの魂で私の左手から温かい風出て来たりしないかななどと
少し期待したのですが残念ながら特に何事もなく時は過ぎています。
まあ、火傷しなくて感電しなかったことに感謝しなければなりませんね・・・。
皆さまも古い家電にはお気を付けください。

前回日記↓の追記の裁縫道具入れ、昨日主題歌の時よく見たら
麦わらではないみたいですね、コーンかな?この際どっちでもいいのですが。

今刺している刺繍から私は2度逃避行動をしています。(プロとしてあるまじき行為)
もともと朝日さんの取材の時「こんなふうに作り始める」作例として
最初の部分だけ大急ぎで用意したシャツがあります。で、下絵を写して片耳だけ刺繍しました。
刺繍はそんなに慌てたりせずいつものペースで刺したのですが
下絵が結構薄く、そして消えかけてしまったりもして(シャンブレーはなぜか下絵が消えやすいです)
翌日に続きを刺す気持ちにどうしてもならず
別のシャツに取り掛かりました。
別シャツが終わり、新たな気持ちで元のシャツに戻ってまいりました。が。
ほとんど見えない下絵を頼りにして刺すのは非常に難しいことで
何度もやり直し、それでもついにあと「目とひげ」まで来て
土曜に「今日は刺し終える!」と思ってやったのに何か気に入らず
解いたところでまた緊張の糸が切れ日曜はまた別のもの。
昨日は用事があったりで作業は午前だけで別物の仕上げのみ。
今日もこれから仕事に戻りますが朝からこんなの打ってるのも逃避行動の一環ですね。
そちらダブルにゃんこの1匹目なのです。先は非常に長いです…。辛い。

シナモンティーブレイクに仕上がった別物(これはお客さま用ではないです)ハンカチ。

pre2_R.jpg

例の余り布ですが刺繍入れるとなかなか可愛いですよね。
シャンパンイエローも大好きな色なのですがブルーみたいな茶色みたいなシャンブレーもとっても素敵な色。

pre1_R.jpg

シャンパン色の方は四隅に刺繍です。秋の感じ出てる?(次男風)

pre3_R.jpg

小さいからリアル系はハナから目指していないのですが
それでも模様複雑にゃんこは単純化するのが非常に難しく
ものすごい適当にゃんこになってしまった。でも可愛いと感じるので載せます。

笑われちゃうかなって雰囲気のものになってしまったのですが
まさにご笑納くださったらそれはそれで嬉しいですよね・・・。

ねこシャツを作っていくことは自分にとって
色んな意味で多分かけがえのないことなのだと思うのです。
しかし時にはそこから離れて
売れなくても全然構わないから自分の作りたいように作ったり(アーティスト系)
貰ってほしい、差し上げたいと感じる人だけに向かって迷惑とか考えず好き勝手に作ってみたい(押しつけ迷惑系)
という二大欲望に襲われることがあります。(どちらも私的には「ココロこもってる」とは言い難い。)
(あ、もう「マスダシャツ」みたいなことする無謀な勇気は無くなりました…あれもトラウマ。)
大体子供に作れば処理できるハナシではありますが
そこは出来栄え良ければたちまち自己顕示欲がちらちらしてきて 
ホント嫌よね、ヤレヤレ…などと感じるところではあります。
でもそういうのをやらないうちにドライヤーみたいに突然人生終わっちゃうかもしれないのだし
思いついたことはその時じゃんじゃんするべきですよね。私もう若くないもん。ワガママに行け。(自分を叱咤激励)

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/480-2241807d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR