• 2016/03/16/Wed 13:37:23
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか

朝が冷え込んでいて午前中は期待したほど暖かくなってない奈良です。
うす曇りのこの空気の黄色さは何?恐怖です。

さて私はいつもシャツの刺繍をするときに
猫の写真をじーっと観察しながらあとは勝手に飼い主さんの気分になったり猫ちゃんの気持ちになったり
飼い主さんと猫ちゃんの微笑ましい関係を思い描いたりしながら
ほんのりと楽しい気分で何日間か刺繍を続けるわけです。
勿論複雑な柄や色が気に入らなくて解いてやり直したりと
作業的には「楽しい」ことばっかりじゃないのですが
基本的に 注文して下さった方やシャツを贈られる方の境遇とかお立場とかを別にして
なんとなく楽しい気持ちになるのです。
(病気のかたへの贈り物だったりするものもあって そういう時は
飼い主を励ます猫と同じ気分、といったらいいかな。)

しかし今回初めて大変気持ちが複雑になり
なかなかさし終えることのできない猫ちゃんと出会いました。

k2_R_R_2016031611595957d.jpg

注文して下さった方とこの猫ちゃんとの関係はあまり良く判りません。
外猫であろう、という想像から(違うかもしれませんよ)
私はこの猫ちゃんがこの写真を撮られるまで生きて来たその過酷であったろう外猫人生を思い浮かべ
様々な思いや迷いが去来し 
自分のやっていることについてまで「これでいいのか!?」みたいにちょっと悩み
考えをまとめるために別のことを思いめぐらし…などとやっていて
なかなか集中できないまま徒に時間がかかってしまいました。

・・・しかしそれがこの猫ちゃんにとってどのような「良い事」となるのかは私の知れぬところですが
この猫ちゃんを刺繍してシャツにしようと思うほどに心通わせた人間が居たのだ、という事は確かなので
それをよりどころに刺繍しました。
百眼持っているのですね、このにゃんこは。ヒナタ。
光を失っても何か別のものが見えているのだと思いたい。
いずれにしろ私には何か何かがとてもつらい仕事でした。私は刺繍マシーンにはなれない。

(追記 : 注文主さまと猫ちゃんの関係が分かりました。
仕事の合間に偶然出会った、こんな怪我をしているのに平気で生きているこの子に
強い生命力と魅力を感じカメラに収めたそうです。
ああ、ちゃんと刺繍できてよかった!私は色んなことでの振れ幅大きすぎですね・・・。

昨年後半からなんやらかんやらで本当に刺繍が滞りがちでありましたが
一応前を向いて進んでおります。
一昨年6月にご注文下さった方たちのシャツがあとちょっとだけあって
(途中でアドレスが変わってから連絡の取れなくなってしまった方もおられます。
メールの不着も考えられるのでもし「私では?」の方がここを見ておられましたら
メールフォームよりメールくださいませ。)
同時進行でこれより昨年1月にご注文受けましたかたたちと海外のかたのシャツを作っていきます。
昨年1月のかたですでに布やサイズをうかがった方たちもおられ
その方たちの布は大体入手済みです。色布が多くてにぎやかでなんだか嬉しいです。
「鳩羽色」が人気です。(刺繍とってもし難いのですが)すごくきれいなカッコいいグレーです。

お客様用布を購入する時に家族や友達に作るなら「この色がいいかな」などと
ついでに色々考えて楽しみます。(布を買うひとにはこれがすごい楽しみですよね?)
末っ子に初めてリネンシャツを作るならやっぱりミルクホワイトかな、とか
私の本の編集者さんにはサヴォン・ド・マルセイユラベンダーに小花とねこの刺繍を入れたらいいな、とか
Fっち先生には鳩羽色で黒四角釦、
ボンジュール弁護士はケルティックブルーで黒丸釦が似合うだろうか・・・
などと贈るあてもなく考えるのはとても楽しいことです。
(ボンジュール弁護士に贈るとか「何を考えてるんですか!?」と全力で止められそうですが)

お客様用の布を実際手にして「ここにあの猫か・・・」と色の映り具合を算段するのも楽しいひと時。(刺繍するのは大変ですが)
ショータカゲヤマレッドもあります。わくわくします。

kire.jpg

徐々に暖かくなってきたことですし
さっさと布を裁って(寒いとこの裁断と縫製がおっくうになります)取り掛かるようにいたします。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/440-64c68c7c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR