PAUL&JOEさんとの和解について


****************************************************************

昨年10月に私の刺繍画像を無断で使用したのでは?ということから
警告し交渉させていただいておりましたPAUL&JOEさんと この度和解いたしました。
和解に際して私 窪田弘子とPAUL&JOEさんは以下のことを公表いたします。
(左のものが日本語版です。クリックで大きくなります。
スマホの方はもう少し下にテキストがございます。)

PJ-1.jpg PJ-3.jpg PJ-announce2.jpg ilovepdf_com-1.jpg


PAUL&JOEさんの公式サイトにも同様のものがございます。→(残念ながらスマホでは読みにくいです)

警告についてはこちらの記事をご覧ください。
提訴についてはこちらの記事をご覧ください。


****************************************************************

私は同じような問題を抱えている個人の弱小な立場のイラストレーターさんや写真家さんにも
「個人が企業に何か言っても無駄」ではなかったことを伝えたいです。(しんどかったけど)
裁判のよい判例にはならなかったけれど(提訴は取り下げます)
このような結末を周知させていただくことで 同様な問題で悩まれているかたの励みになったり
問題解決の一助となることを願います。

今回この問題に関して「ひとの良心に期待する」以外で私個人が出来ることの限界をやってみました。
この結末をそれぞれの立場のデザイナーさんやクリエイターさんたちにどうぞ広めてくださるようお願いしたいです。

一緒に怒ってくださった皆さま、応援してくださった皆さま、心配してくださった皆さま
愚痴を聞いてくださった皆さま、本当にありがとうございます。
それからご尽力くださったFっち先生に最大の感謝を申し上げます。

*和解ですのでこの件について以後私があれこれお答えすることは出来なくなりました。
この記事にコメントは受け付けませんのでご意見等はメールでどうぞ。

********<2月26日追記>********
「コピー&ペーストできないよ」という方がおいででしたので全文掲載いたします。(改行とか違いますがお許しを)

********
和解のご報告 

 本年10月,PAUL&JOEのブランド名(PAUL&JOE SISTER)で日本、フランス及びその他の国で販売された商品(下記A商品)及びインターネット上で公開した商品(下記B商品)について,窪田弘子から窪田の下記刺繍作品の著作権を侵害するのではないかとの疑義が示されました。これを受け,代理人弁護士間で協議が行われ,両者の間に法的見解の相違があることを前提に協議がなされましたが,一旦は協議が決裂し,窪田から平成28年1月25日付でPAUL&JOE商品の日本のサブライセンシー等に対して著作権に基づき下記A商品のうちタオルハンカチの販売の差止等を求める訴訟の提起がなされました(大阪地裁平成28年(ワ)第688号)。
 その後,当事者双方は和解協議を再開したところ,最終的に本件を早期に訴訟外での和解にて解決し訴訟については取下げにて終了することで意見が一致しましたので下記にご報告申し上げます。当事者の和解の要旨は次の通りです。

1 PAUL&JOEは窪田の下記刺繍作品に窪田の著作権が存在することを認め,下記A商品が窪田の著作権に抵触する恐れがあることから,窪田の著作権を尊重し,PAUL&JOE,そのライセンシー並びにサブライセンシーが,下記A商品の販売,展示(インターネット上での公開を含む)することを日本及びその他の国で差し控える。

2 PAUL&JOEは,自身又はライセンシー若しくはサブライセンシーが,下記B商品を日本又はその他のいずれの国においても今まで販売していないことを表明し,今後下記B商品を販売する予定がなく,展示(インターネット上で公開を含む)する予定もないことを表明する。

3 窪田は,PAUL&JOEの企業活動を尊重する観点から,下記商品以外のPAUL&JOEの商品の販売には異議を唱えない。

4 PAUL&JOEは,今後,窪田の著作権や知的財産権を尊重しこれらに抵触しないように販売活動を行うことを宣言する。

5 窪田は日本のサブライセンシー等に対して提起した著作権に基づく差止等請求事件訴訟(大阪地裁平成28年(ワ)第688号)を全部取り下げる。


********

Announcement for Amicable Settlement

With regard to the PAUL&JOE’s brand name (PAUL&JOE SISTER) products sold in Japan, France and other countries (the “Products A” described below) and disclosed on the Internet through a website (the “Products B” described below), Ms. Hiroko Kubota raised the question that such products could infringe on her copyright of her following embroidery work this October. In response to this, both parties’ attorneys held discussions based on the assumption that there are different legal positions between the parties. However, such negotiation failed and Ms. Kubota filed a lawsuit against the sublicensees of the PAUL&JOE products in Japan for an injunction of the sale of the towel handkerchief included in Products A based on her copyright as of January 25, 2016 (Osaka District Court No. 2016 (wa) 688).
Both parties subsequently resumed their settlement negotiations and parties eventually have reached an agreement to resolve this matter promptly by executing an out-of-court settlement and withdrawing the litigation. Please be advised that summary of the amicable settlement between the parties is as follows;

1. PAUL&JOE admits that Ms. Kubota has a copyright on her embroidery work. Since there is a possibility Products A may infringe her copyright and PAUL&JOE respects her copyright, PAUL&JOE, its licensees and its sublicensees shall refrain from the sales and display (including publication on the Internet) of the Products A in Japan and any other countries.

2 PAUL&JOE represents that PAUL&JOE, its licensees nor its sublicensees have never sold the Products B in Japan or any other countries and no sales nor display (including publication on the Internet) of the Products B is scheduled in the future.

3 Respecting PAUL&JOE’s corporate activities, Ms. Kubota shall not make an objection to the sales of PAUL&JOE’s products other than Products A and Products B.

4 PAUL&JOE declares that PAUL&JOE respects Ms. Kubota’s copyright and intellectual property rights and conducts its sales activities in a way that does not infringe on her said rights hereafter.

5 Ms. Kubota shall withdraw all of the litigation for an injunction of the sales based on her copyright against Japanese sublicensees (Osaka District Court No. 2016 (wa) 688).


********

Annonce de transaction

Au mois d’octobre de cette année, Madame KUBOTA Hiroko a présenté une réclamation, estimant que certaines marchandises vendues sous la marque PAUL&JOE (PAUL&JOE SISTER) au Japon, en France et dans d’autres pays par la société P & J (Produits A) ou exposées sur internet (Produits B) pourraient porter atteinte à son droit d’auteur sur la broderie fabriquée par elle et reproduite ci-dessous.
Les avocats des intéressés ont alors entamé une discussion admettant au préalable qu’il existe une divergence de points de vue juridique entre les parties. La discussion ayant échoué, Madame KUBOTA a assigné le 25 janvier 2016 des sous-licenciés japonais de la société P & J devant le tribunal local d’Osaka pour demander au juge d’interdire la vente des serviette- mouchoirs comprise parmi les Produits A en se fondant sur son droit d’auteur (tribunal local d’Osaka, affaire n° 2016 (wa) 688).
Les parties ont ensuite repris la discussion et ont finalement convenu de régler rapidement cette affaire par une transaction en dehors de toute instance judiciaire, et de renoncer au procès. Nous vous informons ci-après des principaux éléments de l’accord auquel les parties sont parvenues.


1, La société P & J reconnaît que Madame KUBOTA est titulaire du droit d’auteur sur la broderie représentée ci-dessous. Souhaitant respecter celui-ci, et pour éviter tout risque de porter atteinte à son droit d’auteur des Produits A, la société P & J, son licencié et leurs sous-licenciés s’interdisent de vendre et d’exposer (y compris l’exposition sur internet) les Produits A figurant ci-dessous, au Japon et dans tout autre pays.

2, PAUL&JOE déclare qu’elle-même, son licencié et leurs sous-licenciés n’ont jamais vendu les Produits B au Japon ni dans d’autres pays et n’ont aucun projet de les y vendre ni les exposer (y compris l’exposition sur internet).


3. Madame KUBOTA, de son côté, s’interdit de contester la vente des autre produits de la société P & J dans le souci de respecter les activités de celle-ci.

4, La société P & J déclare poursuivre ses activités en respectant le droit d’auteur et la propriété intellectuelle appartenant tant à Madame KUBOTA.

5, Madame KUBOTA s’engage à se désister de la totalité du procès qu’elle a intenté contre les sous-licenciés japonais pour demander l’interdiction de ventes sur le fondement de son droit d’auteur (tribunal local d’Osaka, affaire n° 688).


********



窪田刺繍作品
私の刺繍画像

PAUL&JOE 対象商品

A商品
タオルハンカチ
ハンカチ


靴_R

B商品
シャツ
シャツ

ジャケット
ジャケット

********
以上です。



TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/437-e3584e63

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR