• 2015/11/25/Wed 17:07:30
  • COMMENT:1
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか

少し前まで暖かく過ごしやすい秋だったのに
「晩秋」という雰囲気になってきましたね…奈良も寒い雨です。

先週は色々忙しくてシャツを仕上げる事が出来ずにやや焦りましたが
ペースは戻ってきています。やれやれ。
さて今日のねこ。私は初めお写真頂いたとき
何十年ぶりかで「オヨヨ」って思い出しましたね…。

e5_R_R.jpg

やたらとふわふわ毛が長くって 真っ黒で真っ白ですごく綺麗な目の色の
不思議な雰囲気のねこちゃん。
夜中に人の言葉とか喋ってそうな雰囲気ですが
シャワーをしている時の「なんとちっこい体よ!」という情けない、なんとも可愛すぎる姿の写真もあったりして
飼い主さんの溺愛ぶりをほほえましく想像してしまいます。ふふ。


先週はやたらと緊張する予定を待っていてしかし予定が無くなった、とか
そんなに緊張する出来事じゃないけどPTAの役員会に出なければならなかったり
一つとても楽しみにしていた行事があったり(それは楽しく終わった)
そしてたいそう心配なこととか先行きの全然はっきりしないこととかを新たに抱えて
なんでしょ、やや精神の電池切れてきたような。

夏からずっと抱えてきたことを何度も何度も考えて
それでもやっぱり行きつく先はいつも同じ結論なのですが
こういう、ちょっと疲れたような気分の時にかぎって
「回答書」とか反論の反論とか思い出して何か勝手に自信をどんどん失っていくこの感じ、ホント嫌。
怒ってるとかいらいらしてる時はまだ元気だからいいのですが
なんだかそういう力まで削られて消耗してるんだなあ・・・などと改めて感じます。

「今年もあっという間に終わりやな!」と感じる時期になりましたが
クリスマスセールが終わったら 新春セール!とかやって ちらちら春物出てきはじめます。
秋冬物は終わり・・・ということですな。 ということは
「秋冬物売るの止めて」→「もう売り終わりましたんで」ってなっちゃうかもしれないわけで
そういうことを考えるとえらい脱力感です。

私はやっぱりただ刺繍していたら楽しいし お客さんとのやり取りも和むし
それで十分だったんだけど
脇で起こってることなんてキニスンナ!と言われても気になってしまったし 
そのことで「それおかしい」って普通に怒ったら
おまえの刺繍なんか創作性無いだとかなんとか
なにか浴びなくていい言葉をダダダっと被弾してしまった感じで。
そういうのが 疲れたときにじわじわ効いてくるのですよね…ああ。

嫌いだったり認めたくない相手との距離をわざわざ縮めて
「あなたの刺繍はダメ」とか まあ普通言わないじゃないですか。
離れたところで思ったりしてればいいだけで。
ああ、ネットの世界では匿名でできるツールが色々あるのでやる人もいっぱいいるかもですが
そのような言葉は受ければそりゃあ嫌な気持ちですがそのうちスルー技術が身に付きます。

けれど、大変頭のよさそうな肩書を持つ人が住所氏名付きの硬い文書で
つらつら「あなたの刺繍はダメ(意訳)」と述べてくるのって なかなかパンチ力あります。
こんな言われよう初めてだわー、というショック。
これは私宛に書かれたものでなく弁護士さん宛の文書なのだ、と考えても
やはり忘れ去ることはなかなかできません。

私は自分の弁護士さんを信頼しているつもりではあるけれど
この人ももしあちら側の立場であれば やはり同じような言葉で
「あなたの刺繍はダメ」と言ってきたのですよね。
その時の立場によって言葉なんかすぐ作れちゃう、そういう職業なのですよね。
でも、やった側とやられた側、どっちの弁護もおんなじ気持ちでするのかな。

「弁護士は依頼人の不利益になることは決してしない」というのを今回知りましたが
どちらを弁護する立場になったとしても同じようにやれるというのは
つまりその事件というか事案だけを見ている、そういう事なのかな?と思ったり。

私には弁護士のお友達は残念ながらおりませんので聞いたこと無いですが
あんまりその事案を持ってきた人の「気持ち」的なことって関係ないのかもしれないな、と
ちょっと思いました。そりゃいちいち同情してたら疲れちゃいますしねえ。
…だからああいったパンチのある書き方もできる、ということですかね。(まあ敵だから当然か)

元気のある時は「何てこといいやがる!?」と腹を立ててられるけど
元気のないときは「そうか、人が見ればその程度なのか」などと
必要以上に自分のやっていることがつまらないことのように思えたりなんかしてきます。
極端ですが「自信ないなら刺繍なんてもうやめてしまうべきか?」とかね。
なんで人間は良いこと素敵なことがたくさんあっても 
たった一つの嫌なことでがっくりきちゃったりするんでしょうね。

いやだなあ、私は一生「あの人にあんなこと言われた」って思い続けるんだろうなあ。
あちらの弁護士さんたちもお仕事とはいえご苦労なことです。
(それでも社長のメールよりまだましです…)

COMMENT

私も著作権を持つ仕事をしていますので、他人事でなく心中お察しします。
あなたの刺繍は唯一無二です。
素敵なあなただけの才能です。
泥棒に大切なプライドまでどうぞ盗まれませぬよう。
応援しています。
NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/420-8d4390d9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR