• 2015/10/19/Mon 18:09:10
  • COMMENT:3
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか

こちら奈良は良いお天気が続いています。
先週上京したのですが 小雨が残ってとても寒くて驚きました。
帰りの新幹線でも名古屋あたりから車内がなんとなく暖かくなり
東西の差を感じました。

途中まで刺してあり 戻って来てから仕上げたロシアンブルー。
いつかの 男性物と女性ものを間違ってしまったものの訂正版です。

te5_R.jpg

ロシアンブルー、どの子を見ても人みたいな顔ですよねえ。
私が刺すとさらに漫画っぽくなっちゃうのですが みんななかなかの美人さんです。
このロシアンブルー、あんまり鳴かずに 甘えん坊だが忠誠心がある・・・とか
留守にしていて帰宅すると端正な美人猫が玄関で尻尾足に巻いてすっとお座りしている、そんな感じでしょうか。
ああもう・・・ってなりますね。わかります。

ブログを見てくださった方から応援のメッセージをまだいっぱいいただいております。
ありがとうございます。
色々なご意見などが飛んできているさまを心配して下さり 本当に感謝いたしております。
そういうの、もう大丈夫です。
初めは少しびっくりしたりもしましたが 冷静に考えてみますと
私がいただいたPAUL&JOEさんの社長さんとライセンスマネージャーって人からのメールに書いてあった内容、
あの言葉に比べたら全然大したことないのでした。

皆様からは様々な情報も寄せられます。
そういうのがすべて確かなものなのか、などは判別しかねますが
今回のものはPAUL&JOEさんの本社でなく日本の会社が企画したのではないか、という情報がたくさんありました。
公式サイトを見ますと「LOOK」さんという所がPAUL&JOEさんの製品を
独占的に輸入販売しておられるのですね。それで独自に企画・製作もしていらっしゃるそうで。
さらに小物は別の商事会社だとか。(今回どうなっているのかは分かりません)

LOOKさんて「レナウン」さんですね。※グループ会社だけど別会社なのだそうです。
レナウンさんて百貨店に入っているような海外ブランドをたくさん扱っておられますね。
大きな会社です。
でもでもどうなんでしょ、日本で企画製作された商品について なぜフランスの社長さんのお名前でメール来たのかな。
はじめっから日本の会社の顧問弁護士さんからメール来そうじゃありませんか?
そもそもこういうことがあった時 会社の顧問弁護士にまず相談するものじゃないのでしょうかね。
それとも国まで違う下々の問題まで社長さんが目を通してるってことでしょうか?
でも結局はああいった商品を売っている・・・どうせ私が何もできない、と思ってのことでしょうか。
良く分からないことだらけです。

PAUL&JOEさんは 以前可愛い子鹿やうさぎかな、何か小さい動物たちの柄の布地で訴訟を起こされているのですね。
それでフランシュリッペさんに負けたときの弁護士さん、というのがどこかにいらっしゃるのか、ということをふと考えました。
私にメールくれた弁護士さんはもはやその方じゃないでしょうけれど
そういう尻拭いみたいなお仕事も嫌でしょうね…。自分がしでかしたことでもないのに。
まあ「それが弁護士の仕事だから」って特に何にも感じないでやるのでしょうけれど
できれば 正しいほうについて正しい主張をして勝利を勝ち取るとかいうほうがストレス無さそうです。 
でも依頼人の正しいところだけをいかに拡大解釈するか、みたいなところあるお仕事ですし
今ははっきりと 私は「敵」になっちゃってるって訳ですね。
私はまた何を否定されるんでしょうか…。
…存在を? 無視っていう結果もありますからね。

私が「警告」のことをブログに書いたとき 
あっという間にフェイスブックへのリンクの記載が出来ない状態になったそうで
「ナニソレ?見張られてるの?」などと驚いたものですが
この前のハチワレも今日のロシアンブルーも そのような目で見張られているのでしょうか。
そういうのは無視しないのですかね。こわ。

この度のことで ちょっと書きましたが
弁護士さんにもいろんなタイプがいらっしゃる、と言う事を知りました。
弁護士さんて文系で一番賢い人たち?みたいな印象です。
理系の方のお医者さん(ノーベル賞取っちゃうような科学者の方が賢いのか?)は
ずっとなじみがあって「あそこのお医者さんは親身な感じ」とか「あの病院の医者は嫌だ」とか
実力だけでなく人柄とかもサービス業としてシビアに判断されますが
弁護士さんて 会社勤めで法務や権利関係だとかの仕事でなかったら
ましてや主婦とかやってると 全くなじみのない職業です。
今は良い先生に依頼してお仕事していただいている最中ですのでまだやめときますが
この件が終わった暁には(終わりが来るのか?)
弁護士さんのことや費用のことなども書きたいと思います。
いつかどなたかの参考になれば、と願います。(あんまり大した情報書けないけど)

「警告書」には「2週間以内に回答を」って書いてあったので
今週には締め切りがやってきます。
今の所私には何の動きも伝えられておりませんが
結果や今後の動きが分かりましたらお伝えできる分はここに書きます。





COMMENT

すごく長文です。ごめんなさいっ!

本当にお疲れさまです。

LOOKはレナウンのグループ会社ではありますが別会社です。以前はレナウン・ルックという名称だったのを、同列に見られるのが嫌でレナウンという名称を取ってしまったんですよ(笑)

ライセンス事業の場合、国内で企画した商品は、それがブランドイメージを損なわないものかどうか本国の承認を得る必要があります。こっそり作っちゃう事もあるかもしれませんが、今回の件はフランスにこういうモチーフでやりたいから、と承諾を得ていたためフランス人社長の名前で手紙が来たのかな、という気がします。

また少々意地悪く考えれば、フランスから手紙が来たらhirokoさんが怯んでそれ以上言ってこないかも、という目論見も若干あったかもしれません。

先日、モビールを作っている作家さんと激似の作品がコムサのディスプレイに無断で使われているという話がTwitterに上がり、ちょっとした騒ぎになっていました。
そちらはディスプレイ担当者があっさりWEBで見てカッコイイと思ったからパクリましたと認めたので金銭で和解したようでしたが、良ければ即剽窃というアパレルの著作権に対する意識の低さが浮き彫りになる話でした。

コムサの件は担当者が似せたモビールを自分で作ったので、細部までは再現できておらす、稚拙なものだったようです。それでも潔く認めたファイブフォックスは今回に比べたらまだ誠意のある対応だったように感じます。

hirokoさんの場合はそのまま転写ですからずっと悪質ですね。

今回のような件、実は誰にでも起こり得る話だと思っています。泣き寝入りが当たり前な世の中にならないよう企業の良心が見たいものです。

企業の良心が見たい
心から同意します

頑張ってください!

ひょんな事からこの状況を知り、Paul&joeには大変失望した事と共に、作者様にはめげずに頑張って頂きたいなと強く感じました。問題の猫のプリントは、素人目に見ても明らかに作者様の刺繍をそのままトレースし、耳の形だけを変えている様に見えます。それも『ほら、耳の形が違うでしょ?だから別物だよ』と言い逃れする為に変更したのでは?と疑わしく思える程度の違いです。
つい先日のオリンピックエンブレムの件も記憶に新しいですが、デザインの権利やパクりか否かを証明するのは難しい道でしょうし、片や世界的な大企業で、片や一般の日本人となると、更に大変だろうなと想像します。しかし、私はPaul&joeの使用している猫のプリントは間違いなく作者様の刺繍なのですから、諦めず頑張って頂きたいなと影ながら応援しています!
日本ではあまり訴訟が身近で無い事もあり、売名目的やお金目的なのでは?などと心無い事を言う方もいる様ですが、それは違います。作者様が一生懸命時間と手間を掛けて作られた刺繍を、何の断りもなく使用し利益を得ようとする方が問題なのであり、作者様は正当な主張をしているだけ。例えどんな小さな物であっても自分の作品が勝手に使われて良い道理はありません。
第一Paul&joeは有名ブランドです。そうした力のあるブランドこそきちんと筋を通し、責任を果たすべきでしょう。
そもそも、Paul&joe側作者様の主張が全く見当違いのものであったら、社長がメールに返信をするわけも無いでしょうし、『じゃあコラボする?』と提案もしないでしょう。それに、猫の刺繍をポケットから覗かせているデニムジャケットも作っているのですから、作者様のデザインを全く知らなかったとは言いにくいと思います。
最初から道理を通して、作者様に使用許可を取るべきでしたし、作者様に指摘されたら潔く認めるべきだったと呆れます。
また、刺繍の基となった猫の写真の撮影者には許可をとったとPaul&joeが言っていたとありますが、でまかせでは?作者様には真偽が確認出来ない事を知ってでまかせを言っている様に感じました。それか慌ててにた構図の写真を自社で撮り、許可を取った様に装っているのか。でも何にせよ、そんな事は関係なく、これは作者様の"刺繍の"パクりの問題ですからすり替えないで頂きたいですよね。大変長文・乱文になってしまいましたが、Paul&joeの日本人で一般人であるから泣き寝入りしろと言わんばかりの対応に余りに頭にきたのでコメントしました。負けないでください!!
NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/413-1cbb4746

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR