• 2015/09/01/Tue 15:40:30
  • COMMENT:1
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか

秋雨というには気温が高く
じめじめじめじめ蒸し暑い関西です。
そんななかサワヤカな色布の続き。もう一度「クオーツグリーン」。
今回はうさちゃん第2弾。
えーとですね、お耳の外側の毛が少ないのですね。お歳なのか?そういうわけじゃないのかな。
でもね、でもね、睫毛がふさふさですよ!うさちゃんてこんななんだ!(…眉毛か?)
この角度のお写真、じっくり見たことありませんで驚きました。らぶりー。

w1_R_R.jpg

先週はご飯も喉を通らない!って感じで開けたわけですが
絶食するとすぐ元に戻れないじゃないですか。胃が。
結局1週間小食で過ごし (しかしもう歳だから体重にも体系にもさしたる変化は無し)
ようやく普段に近づきつつあるなーという体調です。
今年の夏風邪はおなかに来るやつだったそうで
そういうの引いてたのかもしれません。
で、食い力が足りなくてややのんびりと作業していたのですが
↓の記事の赤シャツに思いのほかコメントやメールをいただきました。
コメント返信とメールお返事がちゃんとできていくてひとまとめになってしまって申し訳ありませんが
ここに書きますねー。

いつも見てくださってありがとうございます。
赤シャツ、気に入って下さった方が多くて嬉しいです。
なかなか普段「赤着よう」って思わないですが
これはリネンなので案外ラフにイケそうな雰囲気です。
ジーンズと合わせると普段でも使えそうです。
インディゴも黒もしっくりきますねー。
シャツ全部見えるのが勇気必要なら
カーディガンとかで覆っちゃえばいいですし
若い方は白や生成りを多めに加えると可愛らしいですね~。(妄想)
この赤は口紅とか楽しめる色ですよね…。
そうだな、合わせる服はラフでいいけど化粧はバッチリ、っていうのがいいのかもですね。
そういう色ですね。これは。
こういうのを真っ黒でも真っ白でもいいがグレーの(白髪が多くなった)おかっぱ頭で着るのが
すごいかっこいいな。そんな風になりたいものですね~。


えと、販売については まだこれを売ってしまうかちゃんと決めていないのですが
もし売るとしてもEtsyに出すと思います。(日本の方も全然買えますです。)
このブログで売るとかメールで取引、ということは多分しないです。
もう今回みたいな依頼は無いと思いますが 万一あった時出す用として
売らないで手元に置いておくかもしれないです。。

そだ、関西には来てなくて今池袋の三省堂本店さんで
ねこシャツ本の表紙シャツを展示して下さっています。
そういうところにもう1点!みたいに差し出せばいいのか?でも場所無いよね・・・。

さてそれから「シャツを作ってみたいけれどおすすめのパターンや布は?」
というご質問。
シャツ生地は作り慣れているなら薄い化繊やローンも素敵ですが
まずは普通のコットンがお勧めですね。
オックスフォードやシャンブレーでも時々アイロンが戻ってしまうものがあるのですが
そういったものか あるいはブロードなどが「かっちりしたシャツ」になります。
それらは平織なのですがアイロンが効く、ということは皺にもなりやすい。
「かっちり」とは少し離れますが これからの季節
起毛の綾織のシャツ地ツイルやコットンビエラとかは
柔らかいしブロードより縫いやすいかもです。(いせが入りやすい)アイロンも楽です。かけなくてもいいし。
リネンは夏涼しくて冬保温力もありしわくちゃでも味があってよいですが
値段がやや高い。でも安いものはやっぱりちくちくするかなあ。
いずれにせよ 厚すぎずそしてあんまり薄くないほうが縫いやすいです。

パターンはネットのいろんな布屋さんやパターン屋さんで扱っていますが
ちょっと特殊な体型で補正してもらわなきゃ、というのでない限り
ざっくり選んでも大丈夫だと思います。
バストが豊かな場合はバストダーツが入ったパターンの方がすっきりした仕上がりになるかと思いますが
胸以外の部分がぶかぶかしてもそんなに気にならないならメンズものでサイズ下げる、とかでも大丈夫です。
いつも自分が来ている気に入っているシャツを広げて
胸囲と肩幅と裄丈と着丈を測ります。
こんどはお店や本のパターンの出来上がり寸法から
参考身長とバストが同じくらいのサイズのパターンを選んで(小さいのは選ばないほうがいいです)
肩幅や裄丈を吟味していきます。
裄丈(の袖丈部分)や着丈は好みにカットしたり伸ばしたりすればよいです。(ただし4~5㎝くらいまで)
普段、市販のシャツは全然合うのが無い、みたいな体型ではないかぎり こんな方法で補正できます。
とにかく1着作ってみないことにはそのパターンが合うかどうかは分かりませんが
汎用性の高いメンズものでサイズを下げて作ってみてから
細くしたいところを削る、というのが手っ取り早いかな、と思います。
(今は男性用シャツでも肩幅も狭めで見頃とても細身なものも売っています。
でもあんまり細いものはやっぱり女性の体形に沿って削ってあるわけではないので要注意です)

シャツづくりは楽しいです。
私のようにじゃんじゃん縫っていても(それほどでもないか)毎回山あり谷ありですが
大切なのはアイロン作業。これに慣れたら仕上がりまでそんなに難しくないです。
自分は仕事ではボタンも6種類、ボタン糸も数色の中から選ぶだけですが
その作業も楽しいものですし シャツが縫えればパンツ類は工程がもっと少ないですし
コートなど裏付きの大物にも大いにチャレンジできます。
シャツは作れるようになる価値あると思いますよー!どうぞはまってくださいませ~。

次はまた食い力付けてねこに戻りますー。



COMMENT

なるほどなるほど、とメモしながら読ませていただきました。
参考にさせていただきます!
ありがとうございます。
NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/402-2b07a3d1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR