• 2010/04/19/Mon 10:46:38
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:暮らし

お弁当

新しい週が始まりました。
弁当4個はしんどいですが昨年度の始めも長女が時々弁当持ちだったので
4個作るのは慣れているのです。

しかし 次女の登校時間が大変早いため(6時40分に家を出ます)
6時半までにお弁当箱の蓋を閉めよう、と思うと結構慌てます。
他の3個(父・兄×2)はもっとゆっくりでもいいのですが
流れ作業上一遍に作りますので
6時前からおきて猛スピードで料理です。(大したことしないけど)

父と兄×2の分は2段の入れ物で
4つの弁当がその中身を冷ますためどんどんどんどん!と並んでいる風景は
結構面白いので一度写真でも撮ってみるか!と昨夜思っていたのですが・・・
全然ダメです。休む間なし。
気づいたらお弁当をお弁当袋に仕舞って
「いってらっしゃーい」と次女を送り出していました。


今日はそんななかちょっと嬉しいことがありました。
次女はそんな風に私が台所で格闘している間に
身支度を済ませひっそり一人で
お弁当のおかずの残りなんかをつまんで朝食を摂っているわけですが
食べ終わってお茶碗を洗おうとする時に
結構流しにフライパンだの包丁だの卵焼を作るときのどんぶりだのが
まだ洗われずに突っ込まれてたりします。
彼女(に限らずうちの子どもたち)は「自分の食器は自分で洗う」のは普通で
ついでにそこらにあったものも洗ってくれるのが常ですが
朝のそういった忙しい時に流しに立たれるのもちょっと邪魔な時もあったりで
「置いといていいよー」と声を掛けてました。
新学期が始まってまだまだ慣れたとはいえない電車登校、
彼女だって髪を直したり上着を着たり急いでいますから
私としてはそんなくらいなにも思っていなかったし
彼女も「ありがとう」とちょっと言って急いで出かけていたのですが
今日は違いました。
「お茶碗は置いとき」と声を掛けると
「ずーっと洗ってなくてごめんなさい」などと言うではありませんか!
えー?別にそんなこと全然気にしなくていいよー!
早い時間に弁当作りしなくてはならなくなったことの愚痴は結構こぼしてたとは思いますが
気にしてくれてたのでしょうか。あー、すまんって言うか
なんていい子に育ってくれたのでしょう!ちょっと朝から感激してしまいました。
上の3人だって弁当に文句なんか言わず 持ち帰ったら自分で洗い
たまーにご飯の支度のついでに洗ったりすると「洗ってくれてありがとう」というのを
ちゃーんと言ってくれます。高校生になってもです。
でも「ありがとう」って「ラッキー」って気持ちも多いんですよね。
感謝を表すのは大切なことだけど「内省」無くしてはいけない気もするのです。

よく「すみません」より「ありがとう」と言いましょう、なんていうけれど
「ありがとう」を既に言った上での子どもの「すみません」や「ごめんなさい」には
責任とか義務とかをちゃんと分かるようになった成長が見えて
感慨深い物があります。
小さい頃の「ごめんなさい」は「内省」などではなく「叱られることへの恐怖」ですものねえ、きっと。

あれ?もしかすると子どもたちが「ありがとう・ごめんなさい」を良く使うのは
小さい時から私があんまり子どもに対して色々世話を焼いてあげなかったり
感謝を強要したりしたからでしょうか?
そう考えるとなにやら申し訳ない気分になりますが
まあ、小さいことではあるけれど 他人に手伝ってもらったり何かしてもらったり、という時に
自然と「ありがとう」「ごめんなさい」と口に出るのは良いことですよね。
どうか外でもたくさん口に出していることを願います。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/4-adf28c0e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR