• 2015/06/06/Sat 13:55:52
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか

昨日の朝の散歩にもう仕舞ったパーカーを引っ張り出して着ました。
今朝も寒いです。温度下がるけど蒸すと見せかけての4月の陽気。
ホントに風邪ひきますよね。

今週も本関係からの各種手続きお返事新たな生地購入支払いなどなど
結構ばたばたともう土曜日かよの早朝より
中々時間掛かってしまったシャツのボタン付けて洗って乾かしてアイロンして
晴れるのを待って エアメイルで本を購入いただいた海外の方へ本を発送。(Etsyで販売しています)
一連の作業でお昼まで来てしまってご飯。やっと写真にたどり着きます。

sl3_R_R.jpg

写真撮ったら晴れて来るし・・・。もう!

この、写真ならではな魚眼チックなアングル。
私頑張ったんですよ…頂いたお写真はきっとねこちゃんがぐわーっと寄って来ちゃったのでしょうね、
耳は4分の1くらいしか無く お顔の輪郭も半分無い中々迫力ある接写だったのですが
その表情の刺繍ご希望で、
ちゃんとそれを補うようにいつものお顔全体、色柄の参考のためのお姿、
それに手の参考のための可愛いお手々付画像、と みんな必要材料揃えて下さったのですよ。
でもでもね、なかなかバラの物を統一して一つの刺繍にするのはホントに難しいのですよ。
光の具合とかね、お顔の角度とかね、手の付き方とかね・・・。
そんな中結構頑張ったと思う。自分を褒めたいと思います。ぱちぱち。
なんか「写真なんか撮ってないで遊んでよ~」みたいな?何か要求してますよねご主人に。
そういう感じは出てるのではないか、と思います。

さて ねこシャツ本からの(どこからだよ?)お知らせですが
東京の「八重洲ブックセンター」さんが ねこシャツ本のパネル展を開いてくださることになりました。おお。
本の写真がパネルになってたって大して意味ないじゃん?って思うかもですが
じゃじゃーん、本の表紙シャツと本の中でご紹介している茶とらねこのブックカバーの実物2点も
一緒に展示されます。
このブログやflickrをご覧の方にはもうそれ見飽きたよ~かもしれませんが(茶とらはまだ未公開ですね)
刺繍の実物はいつも私とそれを注文して下さったお客さま(ならびにその周りの人)以外の方に
見ていただく機会がありませんので 
もしお近くにお住まいで(東京駅の近くって?皇居とか?) 刺繍にご興味あれば 是非ご覧になって下さいね。
6月6日現在まだアップされていませんが
こちらが詳細です。
6月7日から1か月間 2階のエスカレーター横のスペースだそうです。

表紙ねこは本の表紙と色合いがちょっと異なりますがより自然な表情、かな。
茶とらねこは ホラ、私、アラブ油田王ねことか龍とかりんごとか 自分歴代好きな刺繍がいくつかあるじゃないですか。
それらとおなじくらい好きです。すごく可愛く出来たと思っていて大好きな刺繍です。
本に書いてあるのですが この刺繍した布、箔プリントというキラキラの布なんです。
これがまた好きなんだけどあんまりアイロン出来ないし(キラキラがポリエステルなので溶けちゃう)
よくこれにねこが刺せたものだとその出来にも大変満足の一品であります。
もうホントに可愛くできたちゃとらねこ実物、是非ご覧くださいませ。

ところで刺繍の本の展示といえば「家庭・一般書」みたいなフロア向けなのでは?って思いますよね。
でも2階って調べたらビジネス書とか政府刊行物のフロアなのですね・・・。
ちょっと「?」ってなりました。
するとこれについて友人が「仕事帰りの疲れたロマンスグレーのおじ様がご覧になるのね」って言ってくれたのですが
そうか、疲れたロマンスグレーや働く女の時代を作ってきたお姉さま方の手に取られて
ちょっとでもそのココロを癒してもらうことが出来たらっ!それが本望ですっ!
(いや別に若い人もいるだろ?・・・)



本が発売されて、「読みました!」の嬉しいメールをぽつぽつと頂戴しております。
細かな感想などを描いて下さる方もおられ心が温かくなります。ありがとうございます。
一方どこでメールアドレスを知ったのかは判りませんが
現在シャツのご注文は受けていない、とここにもflickrにも書いてありますが
それはご覧にならずにいきなり「いついつまでにお願いします」と注文を投げつけてこられることもあります。
出来ないものは出来ないのでいつも通りにお断りしておりますが
まだ そういうのはその方がここなどを読んでおられないだけなのだからいいのです。
そういう方がいらっしゃるのは仕方のないことだと思います。

しかし先日困り果てるメールがやってきました。
今注文を受けていないことも知ったうえで 
「余命いくばくない人の最後の誕生日になるかもしれない誕生日のプレゼントにしたいから作って」という内容です。
これが例えば明らかな嘘っぱちであれば私も何とも思わず断るだけですが
真実だとして、正直その時私は もう、取るものも取りあえず 今やっている刺繍を放っておいて
そのために布を切ってすぐ刺繍はじめる!・・・と言うふうには全然ならなかったのです。

一番大きい理由はその「誕生日」というのがすぐ近かったためと、やはりたくさんのご注文を抱えていたためですが
なにか他にも引っかかるものが…。

注文して製作を待っていてくださる方全員に「こんな人がいるんだけど先にやってもいいかな」と聞けば
多分全員が「どうぞ先にやってあげて」とおっしゃったかもしれません。
でも・・・もしかしたら待ってくれている人の中にも同じような理由の人がいるかもしれませんよね。
あるいは 同じ理由でブログに来たら「受け付けてないです」って書いてあったから
注文しなかった、という人もいたかもしれない。

私はいつも注文してくれた人が気に入ってくれるように、それだけ願って刺繍しています。
飼猫に似ていると笑顔になってくれるかしらん、とそれだけが目的で刺してる感じです。
プレゼント用の場合は勿論プレゼントされる人が喜んでくれるように、とか
最終的に手にする人が喜んでいるところがゴールです。
対象は変わっても私の目標はいつも一緒です。
(だから飼い猫じゃない刺繍をする時はテンションが多少下がる)

でもこの方の場合(ちょっと理由があるのですが)、
ほぼ100%プレゼントする人の気持ちをかなえるために作るということになるのです。
貰う人じゃなくて。(いや、貰ったらその人もちょっとは嬉しいかもしれないけど)
平たく言えばあげるという行為のために「私も一肌脱ごう」と思えるほど
私はそのあげる方の人に共感できなかったということなのですね、多分・・・。
勿論自分がこの立場であれば、とかいろいろ考えましたがやはり共感できない部分がある。

あげた後のシャツがたとえば棺に入れられて一緒に焼かれる、とかなっても私は構わないけど
「そうなってもいいか?」というほどのあげる人の私への気遣いは感じられなかったし
貰う方の人が亡くなったとして遺品として取って置かれたり別の誰かが着たりするとしても 
なんかそこにねこ刺繍ある必要あった?とか絶対思いそうです。
ねこシャツ、この場合必要無ないじゃないですか?なぜここにねこシャツが必要なのか判らない。

あ!思い出した。以前、
「私の好きなアイドルにプレゼントしたいんだけど あなたのセンスで彼に合う雰囲気の猫の刺繍をして」
って言う注文があって勿論お断りしたのだけれど それと似たような感覚だ。
そうだ、そういうわけのわからない注文と似ているから受けたくないんだ・・・。
私には理解できない理由のある注文は受けなくても問題ないですよね?受ける義務も義理もないですよね?

一方で私は病気で入院している友人のために家で待っている飼猫を刺繍したシャツをつくって(それもプレゼントだ)
と言うご注文を受けて入院してた人に喜ばれれば嬉しくなったし
自分用に作ったらかわいかったので夫にもお揃いにしたい(それもプレゼントだ)なんていうもっとごく軽いような注文を
突発的に受けたりもしました。
今と同じように注文はたくさんある状態でもその時のメールに心動かされたりすれば
ちょっと無理無理にでも順番を飛び越えて作りたいものを先にしてしまうこともあります。

だから本当は「断ったら私ってすごく冷たいのかしら」とかごちゃごちゃ考えるより先に手を動かせば
これだって作れちゃったかもしれないです。
実際これが去年、いや、3か月前にメール来たんだったら 多分作っていたと思います。
でも今、やりたいと思えないものはなるべくやりたくない・・・。
ココロが狭くなったのでしょうか。(確かにあっぷあっぷしてるけど)

などと4、5日のことですが 随分考え込んだり悩んだり、だったのですよ。
もう今は断る心がゆるぎないですが こういうの断る、ってすごいストレスです。
今後絶対断らないのは 絶対無いからこそ言えるショータカゲヤマからのご注文くらいですかね・・・。

そんなこんななので 心の冷たい私に
どうぞ「今月中にお願いしま~す☆彡」とかメールして下さることの無いようにお願い申し上げます。
(悩まずお断りしそう・・・)

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/386-4cc55eb4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR