• 2014/11/11/Tue 10:50:12
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか

おはようございます。
またしても予定が狂ってベンガルちゃんではない猫になりました。

昨日出来ていたけれどもう写真が撮れなくて(日暮れが早くなったこと!)
朝からぱちぱち撮りまして、これブラジルのお住まいの方のご注文なので
こんなんでどうですか?とメールをしてお返事を待ちながらこれを打っています。

いつの日か一瞬勘違いしてしまった、例の白衣でございます。ミズノの第二弾。
動物病院でこんな白衣をちらほら着ていたらちょっと楽しいですよね。

ri6_R_R.jpg

しかしさすがのミズノの丈夫な布で右手中指先っちょが久方ぶりにぼろぼろに。

ファンクラブに入っている姐さんファンのお共で数年前チューリップのコンサートに行って
奇跡の最前列でベースの宮城さんと握手、というか手に触れた(0.2秒くらい)ことがあったのですが
ベースなんか弾いてるとどっちの手も指先の皮膚はすごく硬いんじゃないか、と思っていたのですね。
それがとんでもない、ふわふわ柔らか滑らかな普通の指先で非常に驚きました。

針の持ち方や力の入れ具合はきっと人によって違うと思うので他の方はわからないけれど
私の場合 布に刺された針を受ける左手の中指や人差し指の腹と
ちょっと力を入れて針を刺さなければならない時に針のお尻を押す右手中指の腹が
しばらくやってなくて急に長時間刺さなければならなくなった時の「皮膚が頑丈になる場所」でしたが
最近のように年中刺しっぱなしとなるともう全然硬くもなんともなくなります。
何か、うまく刺すようになるのか力の入れ具合とかが変わったのか
それとも体が慣れるからなのかよく判りませんがとりあえず指先が硬くなったりしていなかったのですね。
それが久し振りに何か触っても感触違うし皮膚ががっちりしたような。
またすぐ戻るんですけどね、ミズノやってくれましたって感じですね。

少し前にフランスのギャル向けみたいな雑誌に猫シャツを載せていただいて
フランスとかどこかわからない(翻訳機に入れてもいくつかの単語が訳されない)ヨーロッパ圏からのお問い合わせを
ちょびちょび頂いております。
ヨーロッパの方は自国語で書いてくる人の割合が多いのですが
たまにフランス人なのに英語で書いてくれてあると日本人が書くよりはましですが結構苦労している人もいて
共感を呼びます。
そのギャル雑誌を読んだ訳ではないと思うのですが シベリアから楽しいメールが。
(ロシアの方は大半がモスクワからなのでシベリアってすっごく近い気がします)
「私の夫はネットでhirokoのシャツを見て以来2週間もこのシャツのことばかり話しています。」というもの。
男性に人気のあくびねこの画像が貼ってありました。「普段は服のことになど特に興味もなく穏やかなのですが
このシャツについては大変熱心になっている」そうで こういう書かれ方珍しい!と私も嬉しくなりました。

で、ちょっと知りたいことがあり この前件のシカゴの教授のブログ内を私の名前を検索したのですね。
(ポーランドのお料理の記事に知りたいことがあり、それは私の記事の近くにあったのです。)
すると、ディベート関連の記事とポーランドへシャツを持って行って本猫さんとのツーショットの記事と
シャツを手に入れた時の記事のほかに、もう一つ、私のことを知った時の1年前の記事がありました。
アメリカの有名なウェブサイトに載ってた、みたいな感じでそこで使われた画像を紹介してくれてあったのですが
こんなシャツを着てポケットに向かって話しかけたいとかクリスマスのプレゼントにこれがほしいとか
さまざまな感想を書いてくれてあり
さらに私とコンタクトをとったが半年後にまたメールをくれ、と言われてがっかりしたことなどが
細かに記されていました。
(さすがにその後のやりとりで私が女性と間違えてたことや私がメールで犯した様々なスペルミスや文法の間違い、
意味不明な英文、いつも指摘してくれたのですが そういうのは書いてありませんでした。)
たまたまネットで見つけた大変ローカルな主婦の刺繍をいたく気に入ってコンタクトとるまでの熱中した感じが
「この2週間猫シャツのことばかり」というのと重なって見えます。
教授のサイトは大学教授たちや科学者たちや技術者たちが(あと、ただ猫が好きなだけの人とかも)たくさん訪れる
全然わからない学術的なことと宗教がらみのことを扱いつつ
訪ねた先の美しい景色やおいしそうなお料理なんかも載っている(私はそういう記事しか読めません)
総合的なブログなのですが 
そのようなところに自分の記事が主に褒められた感想とともに載せてくれてあったというのがとても衝撃でした。
全然知らなかったので大感激です。

ネットのニュース記事になって「こんなのありました~」などと載せてもらっているのも嬉しいには違いないですが
個人のブログでその方の感想とともに(良い感じに)紹介されているというのが
本当に嬉しく有難いものなのだなあとしみじみしています。
(はっ、私もショータカゲヤマの楽曲について具体的に絶賛したいいのか?!しかし足を引っ張るだけかも?)

どこか私の知らないところで猫シャツの感想を書いてくださった方がいらっしゃるかもしれないですよね、
ありがとうございます。まだまだ頑張りますです。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/346-e72e75d4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR