• 2014/10/07/Tue 13:39:02
  • COMMENT:1
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか

台風一過の青空で白シャツが気持ちいいほど白く、ちゃんと映ってくれました。
犬シャツが続いています。

このワンコ、コーギー君は柴君系統とか猫さんみたいに
八割れ風の柄がくっきりしている分レトリバーよりまだ刺しやすかったかな。
耳も大きくて特徴的ですが しかしやっぱり犬は恐怖におののきながら刺繍してます。

ap2_R_R.jpg

あれ?私はフォントを間違えてますねー。まあいいんですけど。

この、刺繍なんてものは
重たい道具もないし物理的に力をすごく込めることもないしで油断していたのですが
ここのところちょっと困っていることがあります。
も2か月くらい前に重たいものを右て持ってそれを手首から捻ってしまい
ありゃー、やっちゃった!となっていたのですが
例えば中華鍋に油をまわす、なんて感じの事をした時に(つまり捻った時と同じような状態になると)
「うっ」と痛みが走る、という感じだったのですね。
で、毎晩湿布してたのですが ずっと痛みは取れなくて
この頃では
「菜箸で天ぷらの衣をからめる」とか「ミシンの回転を手で操作する」とか「袖ぐりを裁つ」とか
そういうそこまで力入れてないけど手首を返す、スナップ効かす、とか
そういった動きをすると「うわっ」と痛くなるようになってしまいました。
ああ、アイロンも痛いです。

多分こういうのは整形外科とか行っても湿布貰って「重いもの持たないように」とかですよね多分。
何か内科的な原因とか生活習慣のようなあの動作が原因、とかならぜひ解明するべきですが
あの時のアレだ、と原因がはっきりわかっているつもりになっているものだから、
どうも初めからあきらめムードで病院に行く気にならない訳です。
動かすな、って言っても家事はしなきゃならないしねえ。

で、そうこうしてると夫が宣伝でやってる強い効果の湿布薬を買ってきました。
「一週間たっても治らなかったら病院に行ってね」というやつです。

今日はそれをして3日目なのですが、私は今まで湿布の使い方をきちんと知らなかったことが判りました。
昔ながらのよわーい効果のものしか今まで使ったこと無かっただけなのですが
その強い効果の湿布の用法は1日2回までしか貼っちゃいけないし
15歳未満は使ってはいけない、というのです。驚きました。
風邪薬だって頭痛薬だって子どもも少ない量で使えるものが結構あります。
大人と同様の物を与えたいとはあまり思わないけれど
湿布薬に関してはあまりそういうことを考えたことがありませんでした。
例えば赤ちゃんならば
メントールが目や鼻にひりひりするかな、肌に刺激が強いかな、とか
なんとなく使ってはいけない理由が判りますが
14歳で大人より身長も体重体力もあって
肌もしっかり強そうな中学生がまだ使えないなんてなぜ?気になります。
なにか骨の成長を阻害するとか…?
しかも炎症を抑える成分は皮膚表面からそんなにバンバン吸収されるものなのでしょうか。
さすが「強い効能の湿布」。薬の進歩すごい。私の手首にもバンバン効いて欲しいです。


COMMENT

Dear Hiroko,

I saw your shirts on website and in live them. I am an animal lover and I have a dog and a cat at home. I Winder if you can design/ embroider a shirt for me? I would be so happy if the nader is yes!

Please reply to my mail box at: cchan4362@gmail.com

Thank you and all the best,

Colette

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/338-ce81b460

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR