• 2014/09/08/Mon 13:04:21
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか

何度も猛暑を経験してしまうと「9月いっぱいは30度を下回るはずはない」などと思い込んでいるもので
今年は一体どうなってるの?という気候ですが酷暑猛暑な残暑より秋らしい温度は断然イイ!雨は困りものですが。

さてさて問題の犬です。
ラブラドールレトリバー。とっても賢そう。でもとっても刺繍は難しかったです。
毛がね、ふっさふさしてるのは糸の張り加減とか難しいですし
調子に乗って重ねてさしてすごく厚くなってしまったり、とか大変なのですが
このワンちゃんみたいにちょっと離れると毛並みが全然わからなくなっちゃうタイプは
どうしよう・・・と要所要所で手が止まります。
短い毛の流れがわかるような写真もあるのですが
それを糸でやるとちょっと仰々しかったりして加減が難しいですな。
でもまあなんとか犬らしく?なりました。

ed5_R.jpg

先週末にフランスのガーリー系おしゃれ雑誌の記者の方からちょっとしたコーナーへの
画像の提供とインタビューの依頼があって(ホントに一言ね)
おお遂におふらんすから!と嬉しくなりましたが えー、でっかい画像は無いのですよねー。
なんか以前もアメリカのサイトさんがでっかい画像無いかって来たのですが
無かったので 4枚をくっ付けて1枚に仕立てて使われておりました。
んで 今度はflickrへのリンクの無い画像無いかって聞かれましてそれも無かったのですね。すみません。ああ。

そんな風に画像を大事にしたり工夫して使う、ということに頓着ないので
flickrのアイコンとEtsyのアイコンを同じのにしたいなあとか以前は考えていたのですが
(今はflickrのアイコンのサイズが変わってしまって面倒なので変える気もなくなりました)
いまだに別々のものを使っています。どっちも好きなのでもうこれでいいんだけど。

で、そのアイコンについて思ったことですよ。
flickrにもEtsyにも様々な国の人がやってきます。
来る人はそれほどの思い入れもなく私をフォローしていくわけですが
そうすると私のところには「ダレソレフォローユー!」とかお知らせが来ますよね。
するとその方のハンドルネームとともに公開していればお名前や出身国などが
アイコンとともに紹介されます。そこへ「何々、どんな人ー?」と見に行くのは楽しいことです。
もちろんアイコンもお名前も非公開で「a secret admirer」となっている人のことは
「もしかしてショータカゲヤマかっ?」とか思えばいいだけです。何十人もいるけど。

アイコンはほとんどがご本人と思われるお写真ですが
普通の何気ないスナップを切り取ったものから
お部屋から照明から衣装も化粧も工夫を凝らしてこのために撮影された
映画の一コマか写真集の一枚みたいな(でも女優ではない・・・)アイコンまでさまざまです。そういうのは普通です。

それから自分ではない、飼い猫や飼い犬、好きな動物をアイコンに使っているのもたくさんあります。
お店をやっている人はその商品的なものとか。私もこれですね。こういうのもわかりやすい。

で、その自分じゃないアイコンにはお国柄、というほどでもないのですが若い人の流行なのか
同じ国の人が同じことをよくやっている。アジアの方はイラストのアイコン多いです。
本名を掲げていて、どう読んでも中国名の方が
俳優や素敵な西洋系の人の写真をアイコンで使っているのもよくあります。
中国系のベネディクトさん何人かをお見かけしました。

そして自分アイコンに戻りますが 先ほどの撮影のセッティングに明らかに手間をかけているのは西洋人に多く、
セッティングはどうということはないけれど全員カメラ目線キメ顔、というのが韓国の若い人です。
俳優さんの写真じゃないと思います。しかし完全にブロマイド状態。男の子も女の子もみんなです。
特に女の子はあーんな小さいアイコンに自分のキメ顔キメポーズ4種をコラージュしてあったりして
すごいやる気です。 
日本の女の子がプリクラの時に人間変わってしまうみたいな感じのその瞬間を
世界に発信するときのアイコンにしている・・・。いや、私が見ること少ないだけで日本の女の子もこんな感じかな?

しかし最近私のところへ訪ねてきてくれた人のアイコンで最も印象深かったのは
どこの国の人か公開されていませんがこれもまたアラブ系か・・・という人の
お顔が半分切れているのにも関わらず濃さ260%くらいのこちらを見つつ静かにほほ笑む男性のアイコン。
私のお店を気に入ってくれたようで「admirer」のところにおられます。
見ればあなたも忘れられないことでしょう。
この方からのメールがまた印象深くて(たくさん書くわけにはいきませんが)
8か月前に来てくれていたのですね、この人は。 で、その時は一度断っていたようなのですが
「もう8か月も待っている・・・。死ぬ前に作って・・・。(点々は原文ママ)」てな感じで
文章もまた大変印象的でございました。

小さなお写真と短いメールですが、私は毎日楽しくを想像して刺繍しております。





COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/333-85a139a8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR