• 2014/07/15/Tue 16:08:50
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか

顔の右側だけ女宍戸錠になること1週間。やっとこ復活いたしました。
いやー、小さいころから今まで虫歯になっても「ちょっとしみる気がする」段階で歯医者さん直行だったので
漫画に出てくる顔に氷嚢タオルまいたほっぺ腫れた子供、みたいなのにはなったこと無かったのですが
この度まさにそれ。
今も一部分だけちょっぴり硬くなって腫れてるような、痛みもあるようなと言う場所がありますが(奥歯の根元)
少女漫画の「主人公の幼馴染で喧嘩してばっかりの不良少年」の描写はちょっとなまぬるいんじゃないか?と思ったくらい。

下を向くと俄かにほっぺたが熱を発していた時に頑張って裁断したシャツ、
無事に刺繍もすみました。
このねこ、小さい時お世話になった10円のガムのFelixくんと同じ形?ちょっと違うか?
なにか、こういう、Felixじゃなくてフルタのガムか?ほっぺたとんがったやつ、いましたよねえ?
頂いた写真のアーモンド形の目も綺麗だったのですが
今回可愛い形の襟なのでお目目もまん丸にしてみました。

mi3_R.jpg

襟のレースはポリのレース。素材的にどうかな、と思いましたが
案外リネンとも合ってすごく可愛いと自画自賛。
お年を召した、ふっくらした方からのご注文で
いただいた猫を抱いたお写真がなんかもーニシンのパイ焼くおばあさま、って感じの
すごーく可愛らしいご婦人。私も何か一工夫したくなりレース探しちゃいましたよ。

私には勿論 勝手な偏った「アメリカのおばあ様」像がありましてそれは
「奥様は魔女」のサマンサのお母さんあるいは「ステラおばさん」の2択しかないのですが
勿論このおばあさまはステラおばさんの方です。
しかしさすがにアーミッシュはネットで日本人である私を見つけて
Etsyからではなく直にメールでシャツ注文してきたりはしないのでは・・・と
多少アメリカおばあさま像が広がる思いが致しております。
彼女は先週台風の心配もして下さいました。ワールドワイドなおばあさまだわ。

mi1_R.jpg

黒い毛で長い毛。どっちも難しいです。でも黒白猫は綺麗です。

ほっぺたが腫れて下を向けなかった日々、
仕方ないので受けてしまった外人さんからのオーダーを再びきちんと整理したところ
なんか来年の11月くらいまではじゃんじゃん縫わないといけない勘定で
ほっぺた腫らしてる場合じゃないんだなあ・・・とまたしても心が焦ります。
とっても蒸し暑くなってきてアイロンとか辛いし
刺繍にも向かない季節だなー、と昨年までは思っていたのですよ、この時期。
でも今年はちょっと違って感じられます。いや、アイロンは汗だくだけど。
何か刺繍するのがだんだん速くなってきているのは確かです。
どの猫も初めて刺すのだから「えー、コレ?難しい」と初めは感じるのですが
やりだしたら以前は「楽しくない部分」と思っていた場所も黙々と割と早くこなせるようになった気がします。
少しだけ慣れてきたのですね、やっと。

本当に瞳を刺繍するところまで来て緑や黄色の色糸を使って黒眼を刺して
そして輝きを入れた時の脳内麻薬が半端ない。目だけ刺してもダメなんですよ、もちろん。
これを毎回味わいたくて刺繍してるんでしょうね・・・。


COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/323-161de930

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR