• 2014/07/01/Tue 14:30:06
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか

東京だとか関東はすごい空模様のようですね。
私の住んでいるところはあいかわらず穏やか。降っても割と穏やか。
そうして油断してしまうのですね・・・。

できんのか?本当にできんのか?と茫然と眺めていたあの50mの筒に
私はついに着手しました。
いえ、2~3枚色布が続いてただけのことなのですけどね。
以前買ってあった白も女性用なら1着取れるかなー?ってくらいあるのですが
次の注文(結局さきの注文に着手)Lサイズ男性用にはちょっと足りなかったので
50mをえいやっと紐解きました。思ったより扱いやすいです。

でね、このご注文はサイズと猫の写真があれば下さい、という初めの方のやりとりで
2着分、とっても可愛い猫の画像と 
それを売り物らしいシャツの画像の正しいポケット部分に
丁度良い大きさに切り張りして 
まるで出来上がり画像みたいなものを作って送ってくれて ちょっと驚きました。
でもその猫だけの画像を見たら「なんとか.com」みたいに入ってたのね。
どっかから拾ってきた画像だなあ、と思って
「著作権の問題もあるので こんな雰囲気にはできますがこれそっくりには出来ないです」
とメールしたところ
「自分はネットのデザインとか広告関係の仕事をしているんだけどこの写真は僕が買ったものだから
そっくりに使ってくれてもあなたの良いように変えてくれても構わない」とのお返事。
「買った」・・・?このへんのもっと突っ込んだやり取りが出来ないのが英語苦手の泣き所ですが
この方、アラブの人なのですよ。ゆ、油田とか持ってたりする?写真の権利買うのなんて簡単?
・・・石油王は広告関係でデザインの仕事なんてしないようにも思いますが
私が持つアラブに対するイメージが非常に偏っているため
コピーライトをこの人が持っているのだと信じつつ しかし小心者の私は瞳の色を変えました。
(そんなんで通用するのかよ・・・)
そしてできたのがこちら。

kl5_R.jpg

なんか、自分ちょっと刺繍してる時に不思議な昂揚感がありました。(べ、べつにハーブ吸ってなんかないもん)
プロフェッサーの猫を刺繍して ひとつ全然違う毛色のがあってそしてまたキジ。
キジねこはその茶色っぽい色の方の選び方が難しくて
本当は黒の方も決め手となる色合いがいまいち、とか感じているのですが
非常にごちゃまぜな色と柄の猫をいっぺん刺してみたおかげで
自分の頭で整理出来た感じでこの新しいキジ猫ちゃんが思いのほか出したい色合いを出せたような。

私は自分がその時刺している刺繍は好きで大変気合を入れて刺していますが
刺し終わるともう満足しちゃって子どもに見せて写真撮って、としているうちに
気持はどんどん蒸発してしまうのですね。
前にも書いたけれど「これは売れなくてもいい、手元に置いておく」などと入れ込んだものは
今まで3つかそこいらです。
しかし今回も久しぶりに しかもまだ瞳も入っていないうちから「コレハ・・・」と感じました。
これは、自分的には自分史上最高傑作なのではないか(そりゃー、最新作がいつも最高水準に、と思ってやってます)、
これは手元に置いておいた方が良いのではないか・・・
などと一瞬手が震えました。しかし出来上がるとちゃっちゃと洗ってアイロンして
折角だから写真はいつもより大きなピクセルでも撮って、としましたが
もう注文主さんに見てもらいたくて見てもらいたくてまだ夜明け前でしょうけどメールメール。
サウジアラビアで朝5時半に画像見てくださったそうですが(あああすみません・・・)
大層気に入って下さって一安心、でちょっと気持ちが蒸発しかけております。

これは出来上がりに置いてみたものですが
頂いたねこの画像、印刷して手元で見ながら刺繍するのですが
ちょっと大きかったので適切な大きさに縮小してコピー。
しかしうちのコピー機は色の出がいまいち悪いのでまだましな元の画像も一緒に横に置いていたのね。
すると、まるで「本物は誰だ?」的な。

b_R.jpg

こうしてみるとやっぱり私の猫は漫画っぽいのですが(瞳も大きくしたし)
でもまあいいか。こうなるのが私らしいといえばそうなのかも。

アラブ系の国の人は私のflickrやEtsyにはあんまりはいらっしゃらないようなのですが
それはやっぱり文字の関係が大きくて
インスタグラムは流行っている、とか
中国のウェイボーのように独自なツイッターのようなものがあるらしいのですね。
んでも ねこシャツはそっち系にはいかなかったんだなあ、とか思っていましたら
(自分で流したんじゃないので経路が良くわかっていないのです)
今日、はじめてイランの方からメールを頂きました。

イラン・・・やはり私のたいへん偏ったイメージからすると
目のとこだけ出てる、黒とかの長いのかぶってる?ブルカ?
男の人はターバン?スタンドカラーのだぶだぶの白い服?
・・・そんなとこでねこシャツ需要があるのでしょうか。
多分私が洋品店もしくは雑貨屋みたいのをしてて一杯売り物もっていると見ての
輸入雑貨屋さん的な仕入れ目的のメールですので
やんわりお断りするしかないのですが
なんかちょっと興味湧きますよね。イランで紹介されるねこシャツ。
はっ!ペルシャ絨毯みたいに小さい子たちに刺繍させる、とかそっちだったらどうしよう・・・んなこたあないか。
しかし普通の人の日常生活をほとんど知らない国の人とお話しするのはめったにない機会なので
やや緊張しつつお返事せねば―。たどたどしい英語で。

そしてさっきの石油王(勝手に認定)は「サウジの郵便事情があんまりよくないからイギリスの家に送って」だって。
やっぱ石油王。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/321-f64b67b9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR