• 2014/03/04/Tue 16:10:11
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか

実家へ行って来てとんぼ返り、息切れの週末をのんびり過ごすことなく次の猫シャツです。
以前巨大なシャツを縫った話をしましたが
そのシャツでは少し小さく「もっと大きなものを!」というご要望で更にグレイトなシャツを縫いました。

このねこちゃん、あの瞳の印象的な美しいねこです。

remi2.jpg

もうね、私が「でっかいでっかい」言ってもいつもの刺繍シャツじゃん、って見えますよね、画像では。

これは息子のアイテムでお世話になっている「FULL OF PATERNS」さんの「ボタンダウンシャツ・XXXXLサイズ」。
胸囲150㎝・肩幅64㎝・裄丈95㎝・首回り51㎝、みたいな感じで
(背の高い人なので袖や着丈は更に少し伸ばしました)
洋裁をしない人はこれらの長さにあまりピンとこないかもですが
こちらのパターン屋さんは判り易くタレントさんで表示してくれています。
それによると大体 石塚英彦さんや伊集院光さん、松村邦洋さんあたりの太さです。
あ、背は195㎝くらいあるんですよ、お客様は。

それでも、テレビの画面でぴったり合った服を着ている彼らのその服が
ハンガーに掛かった時どんな感じかとか 私は知りませんでした。
全てのハンガーでドロップショルダーになってしまいます。
平面で比べるとこんな感じ。

remi8.jpg

これ、上に乗ってる同じ部品、男性Lサイズですよ。念のため。
猫も普段と比べるととっても大きな刺繍です。
もうアイロンかけが大変でアイロン台からはみ出した部分が床にでろんってついてしまって気づくとまた皺に。
まあもうめったにない大きさですわ、奥様。

remi4.jpg

でもでも素敵な猫。本当に美しくてほれぼれ見つめてしまう猫なのです。

このシャツ、以前ご注文を受けた時(12月だったのですが)すでにいくつかご注文を頂いていた時で
3月頃になら…という感じだったのですが あまり詳しいことはわからなかったけれど
どうもこの猫の飼主の方がご病気で入院されていて その間一人ぼっちでご主人の帰りをこの猫は待っており
(猫は元気なのですが)少し病状が良くなったので元気づけに、みたいな感じで
プレゼント用だったので 張り切って急いで作ったのです。 
しかし教えて頂いたその方のサイズが少し小さくて着にくそうだ、ということで
もう一度ぬってくれないかという再度のご注文。

今度は急ぎではなかったのに あらあらちょっと病状があまり良くない雰囲気で。
なにぶん、詳しくは判らないのですが
以前のシャツ、少し小さくて着にくいにしてもそれを見た時に
「彼の目がスパークリングだった」というのですよ!
ご病気の方に喜んでもらえるなんて、そんなこと起こると思ってもいませんでした。
何か、役に立ってる?役立ってるのか?と思うと
東京疲れもそこそこに、さらにやりかけもあったのだけれどそれも取りあえず置いておいて
ダッシュででっかい黒白猫を刺し続けた訳です。

こんなにでっかいシャツの作り直しに、2度のでっかいねこ刺繍。
こんなことがあの中国韓国の真似っこシャツ屋に出来るか!?
こんなお客さんの希望が実って病気の人にまで喜んでもらえる刺繍が
真似っこシャツ屋に出来るか!?
…出来るかもしれないけどこのご病気の人は私の刺繍を見て
スパークリング、だったのですよね。
もう私はこの病気の人のためだけに刺繍しましたよ!
誰だか知らんけど買ってくれるかもしれない人のため、じゃなくて
いつも「この猫刺繍して」って言ってくれるその人のためだけに刺繍してるよ!
こんなことは真似っこシャツ屋にはできないだろが!
私は奴等とは違うんだ!
…とやや憤慨しつつも布まみれになってでっかいシャツ、完成です。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/292-bbf52ec3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR