• 2014/01/31/Fri 12:53:57
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか

今日は画像が無いのです。ごめんなさい。
先日来の模倣品ショックは 意匠登録や商標登録などいろいろ勉強してみたのですが
どうも解決策は無さそうだな…という情けない結末になっております。
このことはとても腹立たしい気がしますが
私は何ら物質的な損害は受けてない…よね?ってことで
精神的な被害は結構大きかったけどお医者さんへ行って何かの証明取るほどひどいショック受けてないみたいだし
まあ耐えられるなら耐えればいいじゃん、みたいに思うことにしました。
時々怒りが沸騰したらまたここに書けばいいのだし。

それよりこんな風に突然生活に波風が立って「どうしたらいいの!」となった時に
すぐそばに特許や法律に詳しい友達がいたり一緒になって怒ったり考えてくれる(当の)韓国人のお客様がいたりして
結局この度の事は解決も次の予防も何にもできなかったけど
ものすごく「頼れた」と思っています。いや、本当に何も解決できてないんだけど。
話を真剣に聞いてもらって同調してもらえてそして考えてもらえることの嬉しさよ!と言う感じ。
ありがとう!ありがとうございます!
この、韓国の人だってとっても親切で 模倣品の店の人と一緒くたに決してしてはいけないなあと強く思います。
というか自分は簡単に「色眼鏡」を付けたり取ったりするよな…ってことか?

さて 今はまだねこシャツの注文受付を再開してはいないのですが
そんなこと日本語で書いたって外国人の方々はばんばん問い合わせを下さいます。
そんななかで以前にも書きましたがアジアの方からは謎の日本語メールが大変多いのですが
多分日本語を勉強した人で文法的には完璧な日本語メールの方もたまにいらっしゃいます。
日本語をもう少し深く知っている人は翻訳機では多分出てこないような敬語を駆使してくださいます。

で、昨日とっても可愛い感じのメールを頂きました。
私にはメールをよこしてくれた人が女なのか男なのか年はいくつ位かとか全く分からないのですが
多分私の英語が英語圏の小学生以下の文章であるのと同じように
ことに一文の短い丁寧な日本語文は少し幼く感じられます。(長くなると文法的に難しいのかな)
詳しく書いてしまうとプライバシーに触れてしまうので文章は出せませんが
このメールのすごく可愛い所はメールに登場する人物
hiroko、私、叔父さん、叔母さん、従妹、そして飼っている猫と犬、のすべてに敬語を使っているところです。
日本人にはこんな日本語は書けない…。負けた、と思いました。(何に?)
こういうメールをもらうとほのぼのと心温まって注文受けたくなります。悩ましい。

ほんの何か月か前までは海外の方とのやり取りなどごくわずかでした。
こんな風に様ざまな国の方からのメール、ごく気軽なコメントから深い猫との身の上話まで
色んなお話が聞けます。
海外では私の事を「小さな息子のいる若い母」くらいに大分勘違いしてくれている人が多いのですが
実は全然大人しいおばさんだからまさか自分にこんな(自分的に)グローバルな日が訪れるとは思ってもみませんでした。
「為せば成る」とか「能わずに非ず、為さざるなり」とかは絶対そうだ、とまで思わないけれど
「為さねば成らぬ」は全くもって本当です。
何でもかんでも「無理」とか「できっこない」とか決めてかかるのはだけは止めよう、
「やってみようかな」という気持ちがすることは折角だからやらなくちゃ、と心がけています。
自分にはいまやってみたいこと(刺繍だから分野としてはせまいですが)がたくさんあるのに
なかなか時間もとれないしー、が言い訳になってしまっているのですが
ちょっと欲張ってドーパミンをいっぱい出ることをしたら きっともっと進化できるのでしょうね。
頑張るぞー!

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/284-a8fef818

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR