• 2013/12/25/Wed 15:03:05
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:未分類

年内のご注文シャツはこの前のロシアンブルーでお仕舞でしたが
11月の初めに その時のご注文が終わったら縫おうと思って裁ってあった
どなたのご注文でもないシャツを一つ縫いました。

このシャンブレーが大好きで大好きで。
なんだか色が上手く出てないのですが(アップの方が近いかな)
洗いこんだブルーグリーンって感じの でもそこまで褪せた雰囲気でも無くて
とてもいい感じの色味です。

猫ちゃんはいたずらトラ子って感じ?
丸襟の可愛いシャツなので子ねこを刺繍しました。

rl5.jpg

今日は海外の方から一風変わったお便りが。
私のお店Etsyにはセラーへの問い合わせのいわゆる「メールフォーム」のような物があって
"conversations"っていうのがたくさん送られて来ます。
まあだいたい「お店にシャツは無いの?」とかカスタムオーダーの問い合わせが主なのですが
今日は「あなたの刺繍が手製であるか刺繍ミシンであるか息子と口論になっている。
私の家にあるようなものでなく高価なミシンがこの刺繍に必要であると思うが正解は?」みたいな内容。
"hand embroidery"って書いてあるんだけど あんまり細かい所は読んでもらえない感じなのですね。

刺しゅうミシンは持ってないのですよ。
でもでもね、たくさんのお問い合わせをいただいてだんだん判ってきたのですが
どうも初めに次男のシャツがツイッターで出回った時様々なサイトに画像が貼られましたが
それを私自身が貼りまくった、と思われているのですね。宣伝しまくりというか。
それをご覧になった方がたも多分工業的に大量生産していると思ったようで
「Lサイズをくれ」とか「MとL2枚くれ」とか「いついつまでに何枚」とか
別に誰も「じゃんじゃん売りますよー」とか言ってないのに
売って当たり前のような問い合わせというか注文というかがいっぱい来てちょっと困りました。
それまでの私のごくごく小さなビジネス、
お客様との数度のやり取りでようやく1着完成というスタイルのお店(といえるのか?)とは全く違った物を皆さん想像して
何着も在庫があるものと思われて「この柄のとこの柄、え、無いの?」的なやりとりもいっぱいあって
結構脱力しました。

勿論そんなのばっかりではなくて 身に余る光栄って位のお褒めの言葉を頂いたり
英語ではあるけれど決して削除しないと思った素敵な嬉しいメールもたくさんあるのですよ。

それでもでっかい写真も載せているのですがやらない人にはミシンか手かなんて興味は無いのかなと感じていたところに
件のメールで ちょっと面白くて早速お返事した次第です。

rl7.jpg

猫の刺繍について
「こんなの画像を読み取らせて刺しゅうミシンで自由に出来る」とか書いてあるのを見てしまったのですが
そういう人はミシンの刺繍もしたことないのではないかなあ。家庭用も工業的なのも。
「スカジャン」の虎とか竜を横ふりミシンで刺繍できる人だけが
「これはミシンでもできるかも」と感じるかもしれません。
でも機械でやるのは大変じゃないかな、多分。手の方が自由度が高いです。全然。

私の住んでいるところは30日の月曜日まで普通の燃えるごみの回収があります。
来年用の布を裁つところまでやっておこうかなどうしようかな、とちょっと迷いながらも
大掃除にも手を付けなくては、とたじろぎつつ予定を繰る久々の晴れ間です。
これ天気崩れるとまたやる気なくなるのよねー。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/274-b9c058ca

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR