• 2012/08/02/Thu 08:10:09
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:暮らし

努力するってすばらしい!

今年の夏は暑いです。

まずは高校野球の地区予選。
長女長男次男の3人が通った隣の高校、
数年前に春の選抜の「21世紀枠」にギリギリで選外になった時から奮起してきました。

地方はどこでも似たような感じかもしれませんが
奈良もお決まりの強豪野球校が2つありまして他の私立自体も数が少ないですし
公立もなかなか歯が立たなくて まあたいていいつもこの2校で決勝戦ということになります。
決勝前にこの2校があたってしまえば 勝った方がやがて来る決勝でその他の高校にコールド勝ち、
と言う感じになっていました。

別に中学のときから野球で生きてく!みたいな子供たちを集めて
ほぼそのメンバーで甲子園を目指していくという学校生活がだめだ、などとは全然思わないけれど
まあ普通の公立校なんかだと野球やスポーツできるから別メニューの生活、なんてあんまりない訳ですし
地区で公平に予選やる、ということの意味がちょっと曇って感じることもあるのが正直な所です。

今年も 低い前評判からは信じられないくらいの大進撃で準決勝まで勝ち残りました。すごい!
しかしそこでその強豪の1校とあたる事になったときは「ああ、ここまでか・・・」と
野球部以外のPTAのほとんどがため息交じりでコールド負けを意識したと思います。

と、ところが選抜も経験している投手率いるその高校から先制点を奪い
その後も追いつかれては粘り、一度も逆転されること無く勝ってしまいました。
エースからも得点しました。本当に涙が出るくらい奇跡的でした。

相手チームの全ての部員が泣き崩れていました。
甲子園で全国制覇を狙うようなチームです。
まず決勝でもう1校の強豪を破るためにずっと努力をしてきたことでしょう。
でもその直前に何てこと無い公立チームに負けてしまいました。
彼らが立ち直れるかやや心配になってしまったほどです。

まあ翌日には残りの強豪1校にこてんぱんですが
それでも6点もとったので(13点取られました・・・)大拍手です。
もっともチームとしては悔しくて悔しくて やっぱり皆泣いていて
もう弱いチームなんかじゃないんだな・・・(来年は分からないけど)と
何だか感心してしまいました。以前は負けても泣いて無かったよ。


もう子どもも卒業してしまっているけれど PTA役員もしたし、
いつもとなりに建っているのだし とても思い入れの深い学校です。
子どもたちも一生懸命応援し、とても感激しておりました。
野球ボールがしょっちゅう庭に飛んでくるのも許します。(サッカーは許さない)
秋季大会も頑張って欲しいです!

次はオリンピックです。うちは勿論体操です。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/179-62096100

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR