• 2012/04/15/Sun 15:03:19
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:暮らし

新学期の初めのお休みって本当にぐったりしますねー。(本人は元気に遊びに出ておりますが・・)
良いお天気で洗濯などはかばかしいですが なんだか昼寝でもしたい昼下がりであります。

3月から4月という時期は ここ10何年もずっと慌ただしく過ぎ去っていて
5月にそういったことが落ち着いてきた時に家族の様子などを注意深く観察すべきとなんとはなく気を張って
そして6月くらいに「もう疲れたー」と自分の気持ちが低空飛行になる、というのが
毎年のパターンです。

自分自身のことしか多分頭に無い小さい頃も
3~5月は緊張とかはしゃぎとか不安とかでテンション高くすごし
6月になんとなくふさぎがちになっていました。(別にすぐ元気になるのですよ)

で、去年までもだいたいそういう風に新年度の初めを過ごしていたのですが
何だか今年になってから(というか去年の地震でいつもの私とは違った者になっていましたが)
その、いつもの「疲れのもと」のたまりようやばい!な状態になりつつあることをじわじわと感じ
もしかしたら本当は全然耐えられる程度の疲労でしかなかったかもしれないけど
「自分は(そういうものから)休まなくちゃいけない!」という気持ちが日に日に高まりました。
ここで耐えちゃうと(繰り返しますが全然耐えられる程度のものしかたまってなかったかもですよ)
なんだか自分の、いつもの「落ち込んでもまたそのうち勝手に思考が元に戻っているパワー」を
損ねてしまうような気がしたのです。
小さい時から 何かにくよくよと何日も晩に泣いちゃうようなことがあっても
ある朝突然人が変わったみたいに急に元気に考え方をリセットできている、
というようなことがよくありました。それがあったから今があるようなものです。

しかし歳をとったからでしょうか。
昔みたいに全力で何かだけを思い悩む、というようなことはあまりなくなり
(勿論子どもが病気したり受験だ、とかいえば短期間そのことだけを強く心配したりしますが)
全力の10分の1くらいの力でいくつもの心配事を長期に渡って抱える、というスタイルになってきていて
そういうのは案外知らないうちに片付いてるのもあったりするのですが
なんでしょう、スッキリ感ないまま新たな心配事にスライドして・・・のような
つまりガーッと泣いて翌朝スッキリ!みたいな山と谷が段々緩くなっていて
でも谷は結構一杯あって どの谷を越えてるのか分からなくなってきちゃってるという感じです。
一辺俯瞰する必要がある気がしたのですよ。

これから自分の中の大掃除という感じです。
心配も一度手から離してしまうと優先順位をつけやすそうです。
色々ふるいに掛けなければいけないなあ。
あ、でもちょっと楽しそうかも。何にも残らなかったらどうしましょ。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/167-4fc592e5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR