• 2011/09/05/Mon 16:04:26
  • COMMENT:2
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:暮らし

嵐のあと

紀伊半島には厳しい台風でした。
台風から遠く離れた関東や北海道にまで警報がガンガン出ていて
来る前は「大型で強い」という程度の触れ込みでしたが
前回の「猛烈に強い」っていう奴より遥かに自然界の脅威を感じました。

自分の住んでいるところは 山がちな奈良でも山部分ではない所で
川もほんの小さいのが何本かあるだけで(それでもそれが溢れたらヤバイ感充分ですが)
普段も警報などめったに出ないような土地なのですが
この度は上陸前から雨大量で紀伊山地南東側危ないのでは?と感じ
ここらもただでは居れないかも・・・とややびびっておりました。

幸いにも 大被害に遭われた地域の方には申し訳ないほど
「ちょっと荒れた天気」程度でやり過ごせてしまったのですが
今日は少し晴れ間も見えたりして「もう台風は行っちゃったわ」などと思っていたのも束の間
また雨が不気味に降っております。もうやめてよ・・・。

今回大被害の十津川~新宮・那智勝浦へ抜ける道は
ずっと前バイクで一人10何時間もかけて和歌山を回った時通った一本道で
本当に山と川と空しかない景色の続く所です。
道は細くくねくねでこの道に限らず奈良の山間部の道ってどこも
本当に細くて夜は真っ暗で片っぽ崖だし「地元の人よく対向できるな!!」と感心しきりの
しょっちゅう左右のどっちかが崩れてるような道が多いのですが
そういうところが大きくふさがったり流れたりしてしまうと
孤立してしまう集落がどっさりあります。
夫は以前仕事でそちらの方に配達があったりしたので
「あの集落はだいじょうぶかな~」「○○さんとこじゃないかな~」などと
情報を気にしておりました。

奈良県以外の各地でも亡くなられた方や行方不明の方がたくさんおられます。
一刻も早い救出、道路やライフラインの復旧、家の確保などを望みます。
ああこんなことは3月からずっと思ってきたことですが。。。

この台風にあたりmayuさんやrumirumさんや離れた所に住む友人から
「大丈夫?」の声をいっぱいいただきました。
自分は余所様の災害に何か尽くすこともたいして出来ず
ただ普段どおり過ごしてしまっているのですが
そんな自分に(しかも被害に遭ってもいないのに)心配を頂いて
嬉しいようなもったいないような、大変恐縮に思っています。
ありがとうございます。


COMMENT

今日は突然失礼いたしました。でも元気な声が聞けてよかったです。今年は自然の恐ろしさをこれでもかと思い知らされる年なんでしょうか。
HN何にしようかな~と悩んだんですけど「毎回変えちゃう♪」とかどうでしょね?
ではまた♪

うはー、HN変わるのか。では右京ちゃんとでも呼んでおこう。電話ありがとうぅぅぅ。自然が恐ろしいのはわかったよう。人が作った物のもろさ、使いこなせない物は扱っちゃイカン、ということも良くわかりました・・・。
では必要物資リストをいつでも送ってね。そうだ、柿の葉ずしも送っちゃうよ~。ん、アドレスわかんないじゃん!
NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/123-4dde7546

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR