• 2011/04/25/Mon 14:39:57
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:暮らし

いったんこ炒め

昨夜 義母から下処理した「いったんこ」を頂きました。
「いったんこ」というのは「イタドリ」のここいらの方言で 
私は奈良に来るまで知りませんでしたが
じゃきじゃきした良い歯ざわりのやや酸っぱい
(下処理というか灰汁抜きというかそれが足りないと物凄く酸っぱくて食べられません)
春の山菜のひとつです。初めて食べた時からこれは大好きになりました。

で皮を向いてゆでて一晩水に放した(これが下処理)ものを
ごま油でしゃーっと炒めて出汁と醤油でどばっと鰹節をいれたのが美味しいのですが
それ以外の食べ方ってあるのかな?と調べてみると
山菜御飯とかマヨネーズで和えるとかちらほらあって更に
なんかちょっと衝撃的なことを知ってしまいました。

西洋の野菜で「ルバーブ」ってありますよね、よくパイとかキッシュのフィリングになってたり
はたまた甘く煮てジャムになってたり、と
その酸味を生かしてお料理やお菓子になっているのを本で見かけます。
しかし私はいまだ食べたことありません。
で、この「イタドリ」の風味がルバーブに似た感じならしくイギリスの方に受けたようで
その昔本国へ持ち帰られて植えられたそうです。
ところがイタドリは繁殖力が著しく「これは野を荒らす」と即刻排除。
というか、すでにイタドリは世界の土地の生態系を圧倒する日本産の最悪帰化植物・・・なのだそうです。
日本で言う所の麒麟草とかアメリカザリガニみたいな物でしょうか。

そうかあ、そうだったのか。
わたしゃー最近すっかり姿を見なくなった絶滅危惧種みたいな
綺麗な田んぼのある場所じゃなくちゃ生息できない植物だかなにか、と思っていましたよ。
まだまだ当分の間は食べられなくなること無さそうですね・・・。

とりあえず昨夜炒めた残りがまだあるので
今日も炒めるか、マヨネーズもいいな、大量消費です。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://gogo5hiroko.blog28.fc2.com/tb.php/103-0156fdb9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR