fc2ブログ
  • 2023/06/11/Sun 22:11:28
  • COMMENT:2
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:洋裁


予報よりいくぶん気温だけは低いのですが窓を開ければたちまち湿度73%などとなって
色々やりにくい季節にですね。もうすぐ100%とかなるのかな。恐ろしい。
朝なんかちょっとひんやりしているくらいでまだエアコン稼働させるほどではないですが
アイロン掛ければじっとりするし糸も布もまとわりつくようでいけませんね…。

*******
おそるおそる販売してみた「半襟」ですが
幸いすぐに手を上げてくださった方がたがいてほっと胸を撫でおりしておりました。
その後もぽつりぽつりとメールが届き
そして最終日の日曜にぱぱぱぱぱっっと何通も駆け込みメールをいただきまして大変嬉しかったです。
どちらも抽選させていただきまして、それぞれ確定した方にメールをお送りいたしました。


皆さん着付けを習っていらしたり沼にはまってたり沼から足を洗ってたけど復活しそうだったり
着物警察を恐れていたりお友達にプレゼントしたかったりいろんなお話をありがとうございました。
選外になってしまった方がたには申し訳ありませんでしたが
私が「需要ないかも」みたいなこと言ったので
「売れてなかったら買って進ぜる」というような太っ腹な御意にはこころより感謝いたしております。

「(興味があるが)化繊がダメなんです」という方もいらっしゃいましたので
次回はリネンや綿でも作ってみようと思います。そのほうが慣れてて刺しやすいし。
それに「こんなモチーフがあったら面白そう」等ご希望ありましたら教えてくださいませ。
ちょいちょいチャレンジしていきたいと思っております。

*******
ええと、バルーンパンツの方は出来てまして、
写真ないけどコートもほぼ出来ています。

今回コートの生地が厚くて、襟はちゃんと返っているのですが
前端が膨らんだ感じになってしまい、「やっぱりステッチ入れたいな」という状態に。
でも前ポケットにフラップがあるのですが、そのフラップにはステッチが無いため
今から入れるとなるとミシンではもうできません。
そこで「手で入れるか…」となりました。
するとですね、手縫いで作るボタンの穴糸というのがもともと布色とばっちり合ったものが無くて
何となく色味が違って気になっていたのですがそれとステッチの色は合わせたいじゃないですか。
しかしそうなると広範囲で色味の違う縫い目が見えるということになってしまいます。
ステッチの方は刺繍糸でやるつもりで表地似合う色もありますが
ステッチがそれだとボタン穴の方がより浮き立ってしまいます。
どうしたものか…と別の穴糸を探すことに。

いつも穴糸は「タイヤー」という会社のものを使っています。それが近所で売ってるから。
お店の色見本帳と布を突き合わせて絞っていくと丁度良い色には穴糸が無く
ややずれた色を選ぶしかなかったのですね。
しかし今回は「都羽根」という所のものを選んだのですが
ネットでいくつかのカラーサンプルを見比べてみますと当然それぞれ色が違っており迷いましたが
現物を見に一番近い現場(大阪)へ行くのも遠く、一か八かで3つほど注文してみましたよ。
それが届くの待ち、でございます。

*******
で、届くまでは星どめの練習でもしておくかーと、
星どめとボタン穴かがりを久々にやってたりしたんですけどね、
コートの最後の方って手縫いの部分がたくさん出て来るのですよ。
見返しと身頃の布を内側から縫い付けたり袖や裾の縫い代を表に見えないようにまつったり
そういう部分が面倒ですごく嫌いという人もいらっしゃるんですけど
自分はそこが好きで(ミシンの作業も好きですが)その作業になると、
いつもの場所にどっかと座ってほっとするのですよ。
これって今の時代そういう人見なくなったよな…って感じなのですが
「縁側で針仕事するおばあちゃん」そのものよね。

私が子供の頃の「おばあちゃん」にはまだそんな人もそこそこいました。
私の母の世代ではすでに激減していたと思います。
いつの世も針仕事を趣味として目の見える限り刺し続ける人は一定数いらっしゃり続けるとは思うし
縫い物でなく編み物ならもっと人口は増える気がしますが
そういう自分みたいのは「亜種」とすれば
普通に「家族のものを縫ったりほつれや丈を直してやりましたよ…」みたいな
その家専属の縫い子としての役割も持つ本物の縁側おばあちゃんは
年齢的に現在は絶滅危惧種…というか絶滅してるかもですよね…。
あの「おばあちゃん」の年は実際結構若いはずですもんね。(サザエさんのフネさんなみに)

「〇たぽた焼き」の知恵のあるおばあちゃんみたいなひとも
実際には少なくなりましたよね…いるのかな?
もうみんなさ、「キーちゃんファン」とか着物警察ばりの元気なひとばっかりで
縁側のひだまりでおとなしく裁縫してるおばあちゃん自体が大変珍しいですよね。
目立たないから見えないだけでホントはいっぱいいるのかな?
自分なんかは今既にそんな感じなわけですが亜種の中でも比較的絶滅種に近い立場として
もう少しの間種の存続に励みたいと思います…。

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

刺繍キットの補足説明


私へのメールはメールフォームからお願いします。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR