fc2ブログ
  • 2023/01/28/Sat 19:14:43
  • COMMENT:2
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか


寒い日が続いていますね。
ワークショップさせていただいたおかげで北国からもメールいただく機会が増え
「今朝はマイナス10度、雪は70㎝程積もってま~す」とうかがって
2㎝の積雪で「うわー寒っ!雪積もってるよ!」などと驚いてはいかんなと思いつつも
やっぱり「寒い」って言っちゃいますよね。
でも毎年思うけど、「あらっ?」という間に「あっつ!」ってなるんですよ。
びゅんびゅん時間は過ぎていきますね。もう1月も終わりよ。信じられん。

*******
今日のねこ刺繍は保護猫ちゃん…なのかな、たくさんお写真をいただいたのですが
どうも片方のお目目がぱっちりとは開きにくい、もしかして景色は良く見えないのかもしれませんが
その代わり優しい飼い主さんのことを毎日映している瞳なのですね。
見る人その本人を映しだす瞳よね…。
こういう猫ちゃんの刺繍を注文されることが増えてきたということは
深く考えると良いことであるのかどうなのか分からなくなってしまうのですが
「良い方へ向かっている、今はまだその途中なのだ」と思ったりもします。
自分自身が色んなことを問われているというか、色んなことが試されるようなそういう刺繍でもありました。
でも実際はそんな厳しさじゃなくて
「ゴロゴロロロロ…」って聞こえてくるようなのどかなお写真でありましたよ。

km2_R_R.jpg

何日か同じ写真見て刺し続けるわけじゃないですか。
そうすると最初の日には見えなかったものが次の日見えてくる、というのはよくあること、というか
毎回そうなります。前も言ったけど。
黒い毛が白と茶色と紫に光って「あ~、どうしよう、どう刺したらいいの?」と
頭部の左側面と上を半分保留しつつ他を進めていたのですが
最終日になって「これはお部屋の左側から西日(もしくは朝焼け?)が射しているのか」とか気づくわけです。
違うかもだけど。すごく明るい昼間の光かもだけど。
最初はね、さあこの色どう刺そう?え?モノトーンで刺したいけど茶色いし
やっぱ「茶色ーこげ茶ー黒」ってやるべき?
じゃあ茶色はどの茶色?茶色とどのグレー混ぜる?混ざる?って悩んじゃうんですよ。
とにかく手あたり次第やってみます。

それでずいぶん後になって来て、これはめっちゃ夕日みたいな光が左から当たってるんだ、
だから黒い毛がオレンジっぽく光ってるんだ、茶色じゃなくてオレンジなんだ…などと
お写真には別に窓だとか時計だとか写ってるわけじゃないんですけど
環境をようやく自分なりに理解するんですね。(遅)
(※ちなみに猫ちゃんのお顔輪郭も体も左端は画像から切れてあんまり状況はよく判らないお写真です)
普通だったらこういうのはなんとなく瞬時に理解できるのだと思うんですけど
私はとにかく「さあこのお顔を刺繍しなくちゃ!」っていうふうにしか写真を見ていないんですよ。
ただ猫そのものしか目に入っていなくて他はなんにも見ちゃいねえ…と我ながら驚きましたよ。
それでよく「空気感」とか「温度湿度」とか言ってんな!?って話よね。

******
でもですね、今の刺繍のハナシの続きなんですけど…

いつも刺繍する時何か音楽を聴きながら刺していまして
それはチューリップだったりユーミンだったりゲームのBGMだったり色々なのですが
今年に入ってから偶々ユーミンばっかり聞いてまして
しかもyoutubeなどで1曲だけをループして朝から昼まで40回くらいとか普通に聞きっぱなしをしてまして
一息入れたときに、ふと画面でおすすめされていた中島みゆきの名曲「地上の星」に目が留まり、
別に当然知っている歌ではあったわけですがそういえばきちんと通して聞いたことが無かったなあと
聞いてみたんですよ。

あらためて、すごい曲ですね。嵐に打たれたみたいになりました。
(昔から嫌いじゃないし「時代」とか名曲だと思っていたし悪女もあしたもレコード持ってたけど)
『プロジェクトX』のためにあんな歌を作れるというのがまずすごいし
あの歌を曲に負けずに歌えるのは女性では中島みゆきと八代亜紀くらいでは?など
色々考えてしまいました。
その上対になるべきエンディングに「ヘッドライトテールライト」も作れちゃうというのが
天才というか神ですね…。『歌姫』ということばはこの人のためにあるんじゃなかろうか?
くらい思いました。前からちょっと思ってたけど、確信に変わりました。

で、「地上の星」、真正面から恥ずかしげもなく大迫力じゃないですか。
遠慮なく堂々としている。その姿に胸を打たれます。打たれましたね。圧倒される。
ここから唐突に刺繍に戻るのですが
日本画のテーマになってるような「花鳥風月」ふうなものもそうなのですが
無駄を削ぎ落した家紋や和風な模様のパターンとか歌舞伎の隈取とか単純なものにはもちろん、
繊細だったり緻密なものにもそれぞれに迫力がすごいじゃないですか。
どこかが「夜露死苦」的な。あ、ヤンキーになりたいわけじゃないのですが
そういうものに、「その時の気分」などではなく、もう遺伝子に入ってるんじゃない?というレベルで
憧れがあります。あの迫力を素直にカッコいいと思っています。

私は刺繍でも空気感とか温度湿度もそうなのですが存在感をちゃんと出したいし
そのようなものをひっくるめた迫力というのをいつも一つの指標としているのですが
ちょっとそれをですね、もっと堂々とばばーんと感じられるような刺繍を刺せるようになってですね、
砂の中で輝いてみたいものだと思ったりしましたよ。
(あーちょっと先ず絵画とか習うとこから始めないとダメっぽいかね…)
その暁にはどなたか燕になって見つけてほしいですね。
なんかハートに火がついたというかもともとちりちりと小さく燃えていたものに
突然ガソリンかけられたような気分になりましたよ。こういうの大事なのよね。

↓なんだかだらだら書いちゃったけど、さらにだらだら地上の星が続きます。
プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

刺繍キットの補足説明


私へのメールはメールフォームからお願いします。

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR