• 2017/03/23/Thu 08:50:09
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか


前回の日記をお読みになった私の大好きなお姉さまからメールをいただきました。
お姉さまは「ぬいぐるみ」の場所で笑い(その笑いはAとは違う種類の笑いです)
そのあとあたかも五右衛門の斬鉄剣よろしく三味線の音が聞こえたぞと思ったら
素早く剣は鞘に戻され背後の斬られたものたちは丸裸…。

私がね、一時怒るのをこらえたのは私がAのことをとても大好きで大切な友人と思っていたからです。
勿論私が知っていた面に於いて…ということになりますが。
面白いと思うものが一緒だったりものの考え方が似ていると感じると話していてとても楽しいですよね。
尊敬できるところも見習うべきところもたくさんあるのだから
ほんの一つの気に入らないところくらい目を瞑れば良い…瞑れるかな?と思ったのですよねきっと。
こんな小さなことひとつでこの友人を失うのは惜しい、と思っていたのです。
別にその気になる小さな一つで他の長所がダイナシになったりはしませんよ。今も尊敬しています。
でももう全部ばかみたいにその言葉を受け入れ信用するのは残念ながら出来なくなってしまった。
(それは決して相手が嘘を言っているということではなく 私が自分の都合のいいように解釈してしまうだろうということです)

好きなことが共通していて楽しいことのたくさんある間柄より
無理なことが共通している間柄の方が自分には重要だったのでしょう。
「負」の方の感性の似ていることって結構大事なんだなあと改めて思い知りました。
どっちがいいとか正しいとか間違っているとかじゃないですよ。
それが自分の子どもの、子ども時代の感性であるなら
そばで暮らすものとして矯正しようとしたかもしれませんが
相手大人ですし他人ですし私が自意識過剰なだけなので
そちらはそちらで同類項、みたいな感じでもう自分でココロ整理するしかないです。
整理したつもりでまだもやもやしてたのですがそこをお姉さまが見事に斬鉄剣で片付けて下さいました。
何だか私も笑ってしまいました。ありがとうございます。

昨日はプロジェクトにかかわる人たちでいくつかのあるもののサンプルを見て
みんなで嬌声をあげてしまいました。(たぶんみんな)
プロジェクトのお友だちが「似たような感性の人が集まってる気がする」と言ってくれました。
私もそう思っています。
その上好きなものにも共通点があって私の「仲間集め土下座大作戦」は
中々成功しています。このまま大成功で終わりたい。

続きはただの親バカ炸裂なので「つまらんモノを斬りたくない」かたはスルーで。

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR