• 2016/09/24/Sat 10:08:59
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか

台風が過ぎ去って気温は秋らしいですがちょっと蒸し暑かったりして
なんだかまだ季節が落ち着いてきませんね。
気圧が下がりつつあると頭痛がしたり心身不調になることよくあるようですが
本格的に秋っぽく落ち着けば身もココロも回復しますよねきっと。
私は昨日チューリップのコンサートへ行って強制的に最近の暗い気分をふっ飛ばしてきました。(後述)

さて昨日コンサート前に仕上がったにゃんこシャツ。
あいにくのお天気で写真が撮れませんで今日に持ち越しましたが
やっぱり空が暗くていまいちな画像になってしまっています。
これ、すんごい派手な色、使ったのですよ。

es4_R.jpg

茶とら部分を刺繍する時、持っているあらゆる茶色系の糸を並べて見ても
中々ぴったりだ!と感じるグラデーションは無く、
いつも「このあたりか…」と選ぶ色は最終的に柔らかく、期待していたより落ち着いた色合いになります。
それはそれで本物に近いのかもしれない…とも思うのですが
私には本物猫より頂いた写真の猫が全てですから
時々びっくりするような派手な色合いの茶とらに感心したりするわけです。
(きっとカメラの違いや色調整、そしてうちのパソコンのディスプレイの具合の結果でしょう・・・)
そしてその派手な色そのままを刺繍してみたい・・・と常々思っていました。

今回の三毛にゃんこはその飼い主様が「派手な顔」とおっしゃっておられ、
つまりホントに派手なんだ!と安心して
使って見たかった派手派手色糸にじゃんじゃんチャレンジしたにゃんこ刺繍でございます。
写真がいまいちですが 例えば左目の周りの白っぽいところあるでしょ?
そういう部分は普段、白でなければ肌色・クリーム系の色が入るのですが
黄色使ってます。茶色の縞のあいだの白っぽい所にもちょいちょい黄色を入れています。
猫の毛に黄色って無いように思います。
明るく淡い茶色の毛と白毛が混じって生えていて黄色っぽい茶色に見えてるところはあるのですが
黄色単色は無いように思います。使ったこと無いですもん。
でも今回は随所に使ってみました。
それでも実物の刺繍を見ても「あ、黄色だ!」とまでは感じられないかも、という程度なのですが
茶系に変えて黄色を混ぜたことで あまり沈んだ、落ち着きすぎの色合いにはならず
明るく派手な雰囲気を残した茶とら部分が右の黒によく映えて
なかなかさしていて楽しい刺繍となりました。すごく面白かったです。
私は目を「お楽しみ」として最後に刺すのですが
あんまり楽しかったので緑だけでも8色くらい使って(実際に複雑な色をしていた。うちのプリンタのせいで)
このにゃんこは多分教授の猫と同じかそれ以上の色数使ったカラフル刺繍となりました。

初めて使う色はすぐに「コレコレ!これを求めてた」となることもあれば
期待していた色合いと違う…と感じることもあり(特に色布に刺す時は別印象にすらなります)
中々使いこなせるようになるまでは時間がかかります。(毎回同じ柄の猫じゃありませんしねえ。)
「注文された物を作っている」と考えてしまうと
もうやめたいという気持ちになることもしょっちゅうあるのですが
基本的に刺繍している時というのはとても楽しく大好きな時間であるので(全ての事から逃避できる…)
そこに更に「勉強になった」という充足感や
(仕事だから毎回絶対に仕上げなければならない、その結果の)達成感があって
ほとんど家庭の趣味として刺し始めた刺繍だったわけですが
それを毎日の追われる仕事とできたことは(これで身を立ててゆくようなレベルの仕事ではないですが)
自分にとってまことにラッキーな流れであったのだろうな…と感じます。

今日の<続き>↓は長いです。
ペットの写真や自分の作品の画像を「〇〇に掲載しませんか」的な申し出を受られた経験のある方へのご注進と
あとどうでもいい独り言です。

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR