• 2016/08/22/Mon 18:07:36
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか

台風大暴れですね…。皆さまお住まいの所は大丈夫でしょうか。
私の住んでおりますところは台風の進路ではなかったのですが
その余波なのか風が強いものの
朝からは凶悪に晴れてまさに「熱波」の真っただ中という感じでして
こりゃータオルケット洗っちゃうもんね!とがんがん洗濯機を回して干しあげたところ
昼過ぎから突然のにわか雨。大物たちがお風呂場を占拠しております・・・。 

さて先日のハンカチプレゼントのおまけイニシャルを刺しつつ
これは「おつかい物」にしようと何枚か同様に刺してみました。
今この写真だとなんだか色の取り合わせがいまいちですが
何枚もイニシャルが刺繍してあるさまはなかなか素敵です。

x1_R.jpg

自分が使いたいハンカチもありますが
なにせたくさんあるので子どもたちも希望の色をじゃんじゃかチョイスしています。
そんななかこだわりやの次男が「刺繍して」・・・。
自分や家族のものに刺繍するつもりはなかったのですがまあ1枚くらいやってあげましょう。
するとですね「氷山やって」と。

何のことだかわからない、という方がほとんどだと思いますが
ワタクシ以前刺繍の図案集の仕事なんかもやらせていただいておりまして
(これについてはもう毒も吐いたし恐らく二度と無い)
一番下の写真、ポーチの下に置いてある本(この表紙のリスがとっても気に入っています。私の刺繍です。)のなかで
ペンギンと背景に小さく氷山ふうのものが刺してある図案があるのですよ。

この図案の仕事はもう7年くらい前のものなのですが
その時も刺し終えるたび子どもらに見せて感想をもらってました。
そのころ長女や長男や末っ子は「自分はこれが好き」みたいな感想で
次女はもちろん「みんな可愛い!」でした。
次男はこのころから急速におしゃれに目覚めていくのですが
まだ母のする刺繍に対してほぼ興味はなく
ざっと刺したものを見渡し、ペンギンの後ろの氷山を指さして
「感じ出てる」と言いました。それだけ。
しばらくうちでは何か指さして「感じ出てる」というのが流行りました。

その後彼の指示でねこを刺繍してこういうお仕事するようになったとは思えないお言葉でしたが
意外にもその時の氷山アゲインということで
久しぶりに本引っ張り出してこんな感じかなー、と刺してみたわけです。(多少図案と違います、適当)

x5_R.jpg

えー、ちょっと!こんなハンカチも可愛いですよねえ。
イニシャルもそうなのですが 案外ちょいちょいっとできてしまうので
お子さま用やプレゼントにどうですか?って思います。

そしてこの前の白黒猫ちゃんはこういうポーチになりました。
(何気に色の悪い画像だわ、すみません)
これはね、見本としていずれどこかで皆さまとお会いする時が来る・・・はず。

x6_R.jpg

今日はねこじゃない刺繍小話でありました。
たまにこういう脱線、楽しいです。
朝から「待っていたお返事」が何通も来てそれも気分すっきり。
あとはタオルケットが乾いてさえくれれば・・・!


プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR