• 2015/12/22/Tue 16:17:10
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:未分類

久しぶりに長々とシャツ仕事から離れておりました。
その間、別に寝込んだりすることはありませんで
先週の水木とこれから縫うシャツの段取りのために
「布を裁って刺繍出来る状態まで縫っておく」というのを5着分用意しました。

それから金曜日に長女と次女と次男用コートの布を裁って芯を貼って記し付けて、というのをしました。
コートって裏あるじゃないですか。都合6着分裁つ、ってことですよね。結構大変でした。
昔母が自分や私の服を作る時に「布裁っちゃえば8割がた出来たも同然」とか何とか申しておりまして
さすがに(自分では)8割は無かろう、と今も思いますが
しかし 金曜日に布裁ちはじめて 月曜日は末っ子の懇談とかあってあまり進めなかったのですが
火曜の午前であとちょっと、の所まで来ている、ということは4日でコート3着縫える?というペースで
それは結構ハイスピードではなかろうか。自分をほめてやりたい。コート楽しい。

まず長女と次女のコート。
ボタンがまだ到着していないので別の白っぽいの置いてます。

CIMG5885_R_R.jpg

なんだか色が飛んでしまいましたがもうちょっと深みのあるブラウンのブークレと
キャメルの毛布みたいなふかふかしたウール。
2つともMパターン研究所の「ケープショルダーコート」です。
以前1度作って長女ヘビロテで裏地が部分的に切れてしまい再リクエスト。
これ、袖がちょっと短いのですが
そこへ長い手袋だとかハンドウォーマーだとかをぐしゅぐしゅさせて着ると可愛いのですよね。

千鳥格子のステンカラーコートは次男の。
まだ前身ごろや裾のステッチが終わっていません。
ステッチ部分が多くて1巻きじゃ糸が足りませんでした。
先にボタン穴とか他の手縫い部分を終わらせました。

CIMG5886_R_R.jpg

このステンカラー、「男のコート」に載ってるもので前にも作ったのですが
その時私のパターン操作のミスでなのか 袖口のつながりの悪かった印象あったのですがすっかり忘れてて
また今回も「あれ、なんかちょっと縫いにくいな」などと感じて前もそうだったんだ!と思い出しました。
あと ポケット口の処理が別に見た目ちゃんとできるのですが ちょっと謎、というか
「別のやり方でやろう」と前回思ったのに またおんなじこと感じながら同じように縫ってしまいました。
ダメですねー、忘れちゃってて。
それから前回はこの千鳥格子よりやや薄手の布だったため前身頃に芯を貼ったのですが
今回ややしっかりめの布だったため貼らなかったのですね。貼ったほうが良かったです。

そして自分なんかは全然気にしないのですが
裏地、旭化成のベンベルグかな?平織のホントに真っ平らのするする生地と
名前なんだかわからないけれどシャンタン風に横線が通った感じのちょっと厚みある生地の2種類使ってて
(厚いほうを次男に)
厚みあるほうがなんとなく高級そうなのですが(実際値段高かった)
子どもたちはベンベルグの方が好きでした。着やすいって。

久しぶりにボタンホールも手縫いしました。
ボタンホールを縫うのは好きなのですが
芯糸を作るのに穴糸を縒るのがあんまり得意じゃなくて
でもこれが綺麗に縒れないとボタンホールが綺麗に見えないので必死です。
親指の腹がまだヒリヒリしてますね…。

…というわけで子供(のうちの3人分だけだけど)用クリスマスプレゼントも大体できたし
「大物を作った」という満足感も味わえまして
明日からはまた刺繍(と掃除?)に戻りますが
ほらほら肝心のあの事!
私には書かないでいる義務も待つ義務もないそうなのですが
「内容書くな」って言うから書かないし「待って」って言うから待ってるけど
半月以上音沙汰無いですねー。
いうこと聞いてても放置されてる感半端ないです。
クリスマスと年末年始商戦のための作戦なのかな?
それともやっぱり個人からの警告とかなんて馬鹿らし、ってことなのかな?
ほんとにバカにしてますよね。もう仕事納めになっちゃいますよ。
侮辱されっぱなしの私の半年間を返してほしいですね。
Fっち先生はアップ開始です。

さてさて話は変わりまして
ねこシャツのご注文受け付け再開のお尋ねのあるたびに
1月頃に告知できるかとお答えしてまいりました。
昨年はメールくださった方皆様のご注文をお受けいたしましたが
まだそのご注文にすら全然到達してない状態で
またじゃんじゃん受注してしまうのは大変無責任で危険でそして重荷過ぎでありますので
例えばひと月にお一人ずつ、みたいな感じで受け付けさせていただくのはどうだろう、などと考えております。
(それでも製作までは2年くらいかかるような気がします)
なんだか今年後半(の特に後半)は本当に様々なことがあって
去年のように脇目もふらずにひたすら縫うー!ということが不可能でした。
来年はもう今年のようなジェットコースターは無いと思いますが
「だから出来るはず」とも思えません。
ちょっと時間的余裕持たないと精神的にも体力的にもあっぷあっぷしてしまうので
受付いたします人数は少なくさせていただきます。ご了承ください。
(ていうか嫌なことが片付いたらそれだけで余裕出来そう。どんだけ圧迫されてることか!)

それからそれから 元猫画像についていくつかまた情報をいただきました。ありがとうございます!
調査の結果やっぱりまだ著作者さんにはたどり着けないままなのですが
これからも「この人はもしかして!?」などと言う情報がありましたら
ぜひぜひお知らせくださいませ。





プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR