• 2015/06/29/Mon 15:14:57
  • COMMENT:2
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか

先々週末の嵐が先週にはすぐに収まったのですが
今度は家の用事だとかがちょいちょい重なってなかなかシャツが仕上がりませんでした。
精神も落ち着いてはまいりましたがまだややインパクトを引きずっておりました。
対面取材を断る、というのがいくつかあって
こういうのも「断るとかお前何様だよ」と「とんでもねえ!わたしゃただの主婦だ」の板挟みで
何気に疲労感大きいです。
6月後半はスローペースで終わりますな…。

またまた頂いたお写真がちっちゃなプリクラみたいな画像で(数枚を組み合わせて1枚にしてありました)
絶対「なるなる」と思っていた漫画風味に やはりなってしまいました。
(えーと、私の刺繍の場合、それ込みで「私らしい」のですよね?いいよねこれで。)

qn3_R.jpg

中々の美猫さばとらさんです。淡いピンクにグレーはホントに綺麗です。
時々舌はちょっとだけ出てる猫ちゃんの画像をみるけれど刺繍は初めて。
これは何でですかね。犬みたいにラジエーター的な?でもちょびっとだけですよね。

このシャツはしっぽ付です。いつもよりちょっと長めなのですが(しっぽが素晴らしくスマートに長い猫ちゃんだった)
出てる部分が長いと存在感も強いですね。

qn5_R_R.jpg

残り1週間で終わってしまうのですが
東京駅そばの八重洲ブックセンターさんで
本の表紙のシャツとブックカバーを写真とともに展示していただいております。
「見てきたよー」のメールを頂戴しておりまして「わざわざ足を運んだ下さった!!」と 感激です。
刺繍の写真は大方自分で取ったものなので そもそもそこが原因なのでしょうが
実物はもう少し糸の艶だとか勢いのようなものが感じられる出来になっていると思います。(特にブックカバー)
ブックセンターさんに見に行って下さった方からは
「おじさま率が高い」「おじさまがブックカバー実物に見入っていた」などというご情報を頂いております。
ここはぜひ刺繍にご興味あるお姉さまがたにもお運び頂きたいところでございます…。
今後もしかしたらこのシャツは大型書店さんに流浪の旅に出るかもしれないと双葉社さんより伺っておりますが
本当に行く先があるのかちょっとまだわかりません。

本に関して 先週くらいから東急線沿線の駅などに配布されるタウン情報誌にも
ねこシャツの本がちらりと載っているのですが
(ホントにちらりで記事というようなものじゃなくて後ろの方の新製品のお知らせ的な)
東急といったら神奈川通ってるやつ?も、もしかしてショータカゲヤマも手に取るかも?
などと思うと緊張します。(絶対取らないでしょう…) や、八重洲も…行かないか。(ためいき)

本を作っていた時、普段のシャツ作りも同時進行でちょっと大変だったのですが
「あとがき」に「いつもショータカゲヤマの楽曲を聞いて刺繍しています!」とかなんとか書く事を
ずっと楽しみに頑張ってきました。
しかしいざ書く段になりますと 写真下さった方がたと本の製作に直に係って下さった方への感謝しかなくなってしまって
もはや自分の刺繍とか画像とか文章とかすべてその方たちに託してしまっており
刺繍製作中の苦労やらは全部吹っ飛んでたのですよね。
ゲラのあとがき見て「あれ、ショータカゲヤマは!?」みたいな。
本の第2刷が決まりまして誤字などは直していただけて安心ですが
さすがに後書き付け足すとか出来ないのでここにでも書いておきましょうというわけで
今日は心のリハビリをしてみました。 ああ、いつもの調子に戻ってきたような。



プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR