• 2014/02/26/Wed 16:13:31
  • COMMENT:1
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか

パソコンの画面の調子が悪くて(半分緑がかったりピンクがかったりすることがあった)
ちょっとした修理に出している間に次のねこシャツ。
さすがに朝の散歩から帰ってきて、の6時から7時まで、そのあと30分ほど食事して洗濯を干して
またずーっと1時半まで刺繍、なんてことやってたら
もうあなた、背中と首がすごく痛くなりました。
ホントにほっといたらずーっと刺してますから。

re2.jpg

このねこちゃんは以前のオハイオおじさんの猫と同じ種類かなあ。ライオンぽいのだけれど。
とっても美人さんで 私はこれを刺している時↓の記事のことをやや気に病んで(って程でもないのだけれど)
ちょっと対策も考えつつしかしなんだかおろおろとダークな気分でいたのですが
ため息のたびにこの美人猫ちゃんが「大丈夫?」って感じに私をのぞき込んでいうような気がして
なんだか癒されました。
なにか落ち込んだりしたた時に飼い猫がそっと寄り添ってくる、ってこんな感じなんだろうな、と羨ましいです。
まあ普段は「ごはん!」とか「あそべ!」とかなのかもしれないけれど。

re6.jpg

パソコンのない間ちょっとしたメールのやり取りなどは子どものパソコンを借りたのですが
お問い合わせなどの英語でじっくり打たなくてはならないものなどは少し面倒で取りあえず置いておいたのですね。
で、今日おっかなびっくりメールを立ち上げるとおお、一杯溜まってる。
そういうののお返事をあらかた終えてこれを打っています。

以前海外からいただいた問い合わせの中で 
いつものように半年ほど経ってからもう一度再信願いますというようなお返事をしたものなのですが
そのかたが、英語なので真意は測りかねますが
印象としてちょっと意地悪っぽいお返事を頂いていたものがあったのですよ。

問い合わせ→半年ほど経ってからもう一度メール下さい→の返事が
「アーティストたちの欲しいものは判っている、①値段に糸目は付けない、②デザインに口出ししない。あなたのタレントを信じるので好きにやってくれ」というものだったのですよ。
んで、ちょっとカチンと来まして
「私は自分の事アーティストと思ってない、お針子と思ってます。アーティストならこんなことでオロオロしたりしないでしょ?」と件の店のリンクを貼ってメールしてました。

なんかね~、まごうことなく商売してるんだからいちいちこんなことでカッカせずに無視すればよかったのかもですが
精神状態というか虫の居所が悪かったというか まあ、お店屋さんにあるまじき行為なわけですが
ちょっとなげやり風のメールをしてしまっていて 気になっていたのです。

すると今日たくさんたまっていたメールの中にその人からのお返事がありました。
そのひとだってただのお客さま(でもないのですよね、まだ)なのだから
そんな店主に返事することは無いし、むしろ怒ってもう注文してこない、となりそうなものでしょ?
もし返事が来るのならきっと「アーティストはだまって真似されないようなものを作れ」とか言われるのかなー、と
くよくよしたココロでそんなことぼーっと考えたりしていたのですよ。
そしたら「そんなことあれば誰だっておろおろするものだ」と言うような内容で
慰めてくれてるのかこれもまた真意は判りませんがとりあえず同調してくれているようで
やや気持ちが軽くなりました。

ねこシャツ作りがいつまで続くのか、すぐ終焉を迎えるのか自分ではわかりませんが
私に大事な飼い猫のお写真を託してくださる方に
そのねこシャツの真似っこシャツが作られるかもしれない、という注意書きが必要になりました。
ちゃんとまとめて書かなくちゃ。
しかし明日はまた上京しなければなりません。なんだか慌ただしくて
あたふたしていますがもうすぐ3月、誰でも忙しい時期か。
えいやあっと乗り切らなくちゃ。

プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR