• 2014/02/23/Sun 09:03:59
  • COMMENT:0
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:刺繍とか

先日、今度は中国の方からまた「あなたのねこシャツの模倣品が(略)」のメールを頂きました。
「あなたの権利を守るために一緒に何かできることは無いか」とまで書いていてくださっていて
模倣品への腹立ちよりそういうことを言って下さる人がいるありがたさの方が大きいので
非常にもやもやした感じはあるけれどそのことに私が引きずられる必要はないのだ、と
そこいらへんはちょっと気持ちを強く持てております。

んで、教えてもらったそのサイトをみてみるなんと手刺繍なのですね。
画像を見て「えっ!そっくり!!」と思ったらあれまあ私の写真を使ってました。やめてよね。
私のねこシャツの4種類(今の所)をコピーしているようですが
それぞれのページに私の画像もまぜたりしてなんかちゃっかり自社製品に含んでいます。

しかしさすが手刺繍、今まで中国やら韓国やらロシアやらのサイトで見てきたミシン刺繍とは違って
あまり詳しくない人が少し離れた所から見ればそれなりに見まごうのは確かと思います。
そんだけ技術あるならなんでほかの猫でやらないの!?と毎回思いますが。
接写だとさすがに全然違うけどそれは実物を知っている私だからの感想なのかもしれません。
(私のより粗いのに私より高い値段で売るなよ!って感じ。第一あのねこのは売ってないし。)
で、写真は何種類かあるのですがそれぞれの猫にブレがあるので
何着か既にあり、そして注文で何着も縫っていく感じなのですね。縫子さん大変だけど
やがて本物を超えるかも。どうか別物作って下さい。
(しかしそこにある画像が全部その店作かはわかりません。私の写真も使ってるくらいだし。)
早く縫子さんが別猫刺繍して単独でシャツ売った方が中間搾取なくていいのではないでしょうか。
技術あるんだから。

こういうのは何かやっぱり私の精神に「良くない」波紋を投げかけてきますが
しかし今回私は笑い飛ばすことで跳ね除けています。
このサイトでは「手刺繍である」ことがウリなので
なんと他の模倣ねこシャツ画像をずらっとならべて「ウチのはこんなに綺麗!」と戦わせているのですよ。
バトルバトル!
まず、他の模倣ねこシャツがこんなにいろいろあったのか!ということに私は驚きました。
韓国でもあちこちあったけどやっぱり人口に比例するのでしょうか。
そして確かにそれらのヒドいシャツにくらべれば手刺繍はマシに見えるけど
おまえんとこもパチもんだろうがっ!!と即座に突っ込みをいれてしまいました。
何か本当にもう嫌。なぜ他の猫でやらないの!?

いままではミシン刺繍だったので法的手段を取ることは実質的に(どうせ)無理だったのですが
今度のは方法も一緒だしなあ。何かできそうな気もするけど(せめて私の写真混ぜるなとか)
中国相手ではねえ。なんだかねえ。
プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR