• 2011/03/26/Sat 15:38:11
  • COMMENT:2
  • TRACKBACK:0
  • CATEGORY:暮らし

救援物資

別名「歩く備蓄用品」の夫が仕事で会社からの救援物資お届け隊として
一昨日の早朝 奈良を出発し今日の夜明け前に帰宅しました。

物資は軽油で4tトラックの添乗みたいなもの(危険物取り扱いの資格とか持ってる人と一緒ね)だったのですが
十数時間かけて仙台に到着し軽油を汲む仕事のためにそこに滞在したのは1時間、
一眠りしてとんぼ返りだったとか。

で、長距離ドライブはそれだけでもしんどいものですが 何が辛かったかって
行きに液体を積んでますよね、
道路は素晴しい日本の土木技術であっという間に復旧で来てるけれど
それでもまだ応急処置に過ぎないので
ずたずたになった所をなだらかに埋めてある、という感じで
アップダウンが沢山あったらしいのです。
そうすると普通の車ならちょっとした坂やわずかな段差、にすぎない所で
積んでいる液体がどどんと振動して しかもいつまでも縦に横に揺れて
車酔いなど普段は無縁な夫も「これは辛い」となったとか。

風で液体の表面が上下する波でなく まさに津波と同じような原因での揺れなので
その恐ろしいパワーに恐怖を感じる900キロの道のりだったそうです。

まあ幸いその揺れにも往路中ほどで「空気椅子をすれば大丈夫だ!」と気付き
お腹の備蓄はさして減っていなかったようでありますが
無事に任務を終了したのでした。

それにしても大きなタンクローリーの運転手さん、
交差点を曲がるだけでも尊敬するけれど
きっと坂の運転でもテクニックが必要だったのですね。感嘆。
プロフィール

hiroko0619

Author:hiroko0619
刺繍と手仕事と日々のつれづれ


ねこシャツのご注文は現在お受けしておりません。

ねこシャツのご説明・ご注文受付等についてはこちら→

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR